50代でも出会える!出会い初心者でも使える方法とおすすめアプリを紹介

50代でも出会える!

「50代まで出会いがなかったけど、今から出会える自信がない…」という人もいると思います。

50代になると、家族の高齢化が進み、生活環境からも出会いを考えなくなる人も増えます。特に、出会いに消極的に生きてきた人は、ここで意識を変えない限り今後出会えなくなってしまいます…!

そこで今回は、50代になっても出会える方法と、出会いやすいアプリやきっかけをまとめてみました。50代で出会いを探したい人は、ぜひ参考にしてください。

50代が出会えたきっかけ15選

50代が出会えたきっかけ

ここからは、実際に50代が出会えたきっかけをランキング形式で紹介していきます。アンケートは200名の50代男女を対象に実施しています。

ランキングは1位~15位までありますので、順番に紹介していきます。

1位:結婚相談所(20.7%)

結婚相談所を利用する

1位は、結婚を考えた出会いが探せる、結婚相談所です。結婚相談所は婚活がメインであり、50代では対面で出会いを探すのに有効です

また結婚相談所は、定期的に婚活パーティやイベントを開催していて、長く通う程出会える確率は上がります。ただし、1回の利用で数万円コストが掛かるため、他の方法よりややコストが厳しい面があります。

2位:婚活パーティ(17.3%)

婚活パーティ

2位の婚活パーティは、50代の出会いに特化しています。婚活パーティとは、企業が企画した「対象年齢の人だけ」が参加できるパーティです。

婚活パーティはマッチングアプリや結婚相談所よりも、出会いたい年齢層を絞って相手を選べるのが強みです。参加料金も1回あたり高額ではないため、初心者が探す出会いの場に適しています。

50代におすすめの婚活パーティ

社名 特徴

エクシオ アイコンエクシオ

  • ・婚活イベントに毎年40万人以上参加
  • ・サービスの種類が豊富
  • ・会員の男女比が5:5

パーティパーティ アイコンパーティ
パーティ

  • ・上場企業株式会社IBJが運営
  • ・プランを選べば料金が安い
  • ・地方開催が多く全国で利用できる

シャンクレール アイコンシャン
クレール

  • ・メディア露出も多く安全な運営
  • ・カップル率約5割の実績
  • ・web予約割が使える

婚活パーティを選ぶ基準は、開催場所と会員数が重要です。50代が参加できるパーティは、開催数全体では少なく年齢層が広いものもあります

開催企業によっては、東京や大阪などの主要都市から離れていても参加できるため、検索などを活用して自身に合う場所を確認して参加しましょう。

3位:マッチングアプリ(14.4%)

マッチングアプリ マッチング

50代の3位が、マッチングアプリです。実は、50代のマッチングアプリ利用者は年々増えていて、新たに始める人も増えています

しかし50代では、使えるマッチングアプリが限られます。例えば、年齢層が20~30代代中心のアプリではまず出会えないため、50代で出会うには全体の会員数が多いアプリを選びましょう。

50代のアプリの選び方

アプリ 特徴
婚活アプリ ・年齢層は30代~40代が中心
・結婚に対する真剣度が高い
・男女有料のアプリもある
デーティング
アプリ
・主に男性向け
・年下の相手探しにおすすめ
・料金は他のアプリより高い

50代でマッチングアプリを使うには、利用者が多く年齢層が近い「婚活アプリ」がおすすめです。同年代の相手を探すには、必ず婚活アプリを選びましょう。

デーティングアプリは、スペックの良い男性が年下の女性を探すために使えます。しかし中には「パパ活」のような、男性が支払いその場限りの出会いもあるため注意が必要です。

50代におすすめのアプリ5選

アプリ名 特徴
ユーブライドユーブライド
  • ・上場企業の傘下が運営
  • ・初心者でも使いやすい
  • ・運営実績会員数が400万人以上
マッチドットコムマッチ
ドットコム
  • ・友活、恋活、婚活と多様性あり
  • ・世界各国でサービス展開
  • ・累計会員数1,500万人以上
ゼクシィ縁結びゼクシィ
縁結び
  • ・東証一部上場企業が運営
  • ・価値観の合う相手を探せる
  • ・自分のタイプを自動学習する
マリッシュマリッシュ
  • ・恋活、婚活、再婚活と幅が広い
  • ・唯一の再婚活向けアプリ
  • ・シンママやシンパパ優遇
DineDine
  • ・App Storeの「Best New App」に掲載
  • ・行きたいお店を選ぶことが出会いの中心
  • ・デートに最適なお店を選んでくれる

マッチングアプリを使って出会うには、アプリの会員数や目的に合わせて選びましょう例えばユーブライドは、初心者向けの婚活アプリです。結婚相手を探しているユーザーが多く登録していて、婚活アプリの中では会員数も最大級です。

50代になると、会員数が少ないアプリでは競争率が高く、年収などライバルに負けないアピールポイントがマッチング率に関係します。上記のアプリは全体の会員数が多く、50代の会員が一定数いるため初心者にもおすすめです。

4位:友人・知人の紹介(10.9%)

友人知人の紹介

4位は、友達・知人の紹介です。50代は、40代以下より未婚率の低下や離婚などから、再婚を考える人も増えています。今でも友達と交流が続いていれば、意外なところから出会いの機会があるかもしれません。

友人・知人と連絡が取れていない人は、積極的に連絡を取ってみるのも良いでしょう。友達・知人と交友関係が少ない、取れそうにない人は、他の方法を探すしかありません。

5位:サークル活動(9.3%)

サークル活動

50代の6位は、サークル活動との回答でした。サークル活動を行っている会社は多く、50代になると続けている人には年数が経過して活動幅が広がります

ただし、同性だけのサークルでは出会いに期待できません。また、新しいサークルを始めるには体力的にきつくなってくるので、自身の状態と相談したうえで探しましょう。

6位:異業種交流会(7.2%)

異業種交流会

6位には、異業種交流会が挙がりました。異業種交流会とは、違う業界で仕事をしている人が集まり新しい発想を得るコンセプトのイベントです。

異業種交流会は定員が決まっているため、会場に異性がいるかは運次第です。親近感のある同業者よりも、刺激のある出会いが探せます。

7位:お見合い(5.7%)

お見合い

7位には、お見合いが入りました。相手がいれば出会える、お見合いは50代に安定した人気があるようです。

50代のお見合いは、相手の年齢を考える必要があるため、セッティングなどに人脈があるほど良い出会いが期待できます。

8位:習い事(4.5%)

習い事

50代の8位は、習い事です。50代になると、セカンドライフを想定した習い事を始める人が増えます。

習い事は、出会い前提で始めるには難しいです。しかし、習い事では今までになかった出会いが期待できるため、男女で参加しやすいジャンルを選べば出会いに繋がりやすいかもしれません

9位:LINE(2.8%)

LINE

9位はLINEがランクインです。LINEは匿名で利用できるため、マッチングアプリに比べると安全性が弱いデメリット、誰でも無料で使えるメリットの両方があります。

50代でもSNSの利用者は多く、LINEは初心者でも使い方やすく、すぐにグループにも参加できます。

20~40代までの、出会いランキングで紹介している「LINEオープンチャット」は、50代にはおすすめできません。ツールの安全面や、出会いの質を考えると交際や結婚に発展できる相手は見つからないでしょう。

10位:Facebook(2.1%)

Facebook

50代の10位は、Facebookです。FacebookはLINEと違い、匿名ではなく本名で利用している人が多く安全な出会いが探せます。

Facebookを活用するには、他のSNSなどと共有してしまうと関係がバレやすいです。出会いを探すには匿名で使ったり、ダイレクトメッセージの内容はよく考えましょう。

11位:飲み会(1.7%)

合コン・街コン

11位は、飲み会です。近年「アルハラ」などが問題になっていることから、職場での飲み会はあまり期待できません。飲み会で出会うには、なるべく話をしたことが無い人が参加する機会を探しましょう。

ただし、飲み会はお酒と食事を楽しむ場であるため、マナーを守り迷惑行為やトラブルに注意が必要です。

12位:ライブ・フェス(1.4%)

ライブ・フェス

12位には、ライブ・フェスが挙がっています。ライブは小規模からドームツアーまで、フェスは動員数の多い野外などのイベントを指します。

50代になると、昔から好きであったり、再結成したアーティストのライブなどファンが集まる機会が出会いの場に使えます。同じ目的同士で出会うことができれば、交際や結婚に発展する可能性が高いです。

13位:相席居酒屋(1%)

相席できるお店へ行く

相席屋」を始めとした、相席居酒屋での出会いが13位に入っています。相席居酒屋は基本的に、女性が入店→男性が入店→その場でマッチングできます。

また、相席居酒屋では同年代より年下の相手が探せます。お酒が好きであれば、マナーを守ったうえで出会いを探しながら楽しめます。

14位:スポーツ観戦(0.8%)

スポーツ観戦

14位は、観戦者同士で盛り上がれるスポーツ観戦です。スポーツ観戦での出会いは、試合終了後がメインで、相手とアフターの約束ができないと厳しいです。

そのため、必ず詳しいスポーツ観戦に行きましょう。応援チームが勝利すると、出会える確率が上がるかもしれません。

15位:カメラ・写真(0.5%)

カメラ・写真

15位には、カメラ・写真がランクインです。現在は、写真を撮る方法や編集できる手段が増えており、年代問わず人気があります。

写真人気には、50代でもマッチングアプリやSNSを使っている人が増えている背景があります。カメラ・写真での出会いは、基本的に趣味が同じ相手を探せるため、積極的に写真をアピールするのも効果的です。

【まとめ】諦めないことが重要

諦めないことが重要

50代が出会える方法は多い

ランキングからも分かるように、50代が出会える方法は多いです。流行に鈍感になったり、心身の衰えも気になる人でも出会いは関係ありません。50代での出会いは、諦めないことが重要です。

出会える方法は年々増えているため、変に若作りを意識しなくても出会いが探せるはずです。自身が「どういう人と出会いたいか」を意識して、成功するまでチャレンジしましょう。

出会うにはお金の使い方を考える

50代が出会うには、お金の使い方を考える必要があります。50代では短期間でも効果があり、続けられる方法でなければ出会うのは難しいです。

50代になるまで社会人を続けている人は、それなりに貯金があると思います。50代で出会うには、賢くお金を使い、出会いを意識して継続することを心掛けましょう。


書き込み

最新を表示する
閉じる