【2020年最新】Jメールの評判が悪いって本当?実際に使ってみた結果や口コミから5段階評価してみた

Jメール

この記事では、「Jメールの評判ってどうなの?」「本当に出会えるの?」という疑問を解決できるように、ユーザーの口コミをまとめています。

この記事に来られた方は、Jメールの広告を目にしたり知人からおすすめされて評判が気になった方も多いのではないでしょうか?

今回は、初心者の方にも分かりやすいように、評判や口コミ、実際に使ってみた評価からJメールを5段階で評価。良い評判と悪い評判をそれぞれまとめているので、ぜひ参考にしてください

Jメールは遊び目的の人におすすめ!

    • 遊び


      おすすめ
    • 友達

    • 恋活

    • 婚活

Jメールは2000年から運営を開始し、19年以上の歴史がある老舗出会い系アプリです。累計会員数は600万人を超えており、割り切りや一夜限りの関係を求めるユーザーが多いので、遊び目的の人におすすめです

ただし、Jメールの悪い評判として援交や風俗斡旋などの業者がいるのも事実。業者はどの出会い系にも大抵いるので、Jメールが特別悪いわけではありませんが、ポイントの無駄遣いになる厄介な存在です。

逆に見分け方さえ押さえておけば、それほど怖い存在でもないので、Jメールを利用する場合は業者を見分ける術も身に着けておきましょう

恋活・婚活が目的の人はペアーズを使おう

Jメールは遊び目的で利用しているユーザーが多いので、恋活や婚活には不向きです。そのため真剣な恋愛を求めているのであれば、マッチングアプリのペアーズを利用しましょう

ペアーズは、マッチングアプリとしては国内最大級の会員数1,000万人を誇るアプリです。恋活や婚活を目的としたユーザーがメイン層で、20代~40代まで幅広い年齢層の方が活用しています。

またペアーズはJメールと異なり月額制のアプリです。メッセージし放題なので、ポイントを気にせずにやり取り出来るのも魅力の1つ。女性は完全無料、男性はマッチングまでは無料で利用できるので、試してみてはいかがでしょうか?

検証結果と口コミからJメールを5段階評価

遊び

友達

恋活

婚活

出会い:3点【出会いはあるが業者に注意】

口コミでも出会えたという報告があり、私自身、1ヶ月間の検証で6人の女性とデートができたので、Jメールが出会えるアプリである事は確実です。運営歴19年は、ユーザーに信頼され続けてきた証でしょう。

ただし、援交や風俗斡旋などの業者がおり、素人と出会える確率を下げているのは減点対象。メッセージをしてくる8割以上は業者なので、回避しつつ素人を探す必要があります。

安全性:2点【運営は安全だが業者が多い】

運営は安全だが業者が多い

Jメールは不適切な内容のメッセージや不正行為などを、24時間365日体制で監視しています。また個人情報保護が徹底している証明でもある「JAPHICマーク」を取得しているなど、運営会社としての安全性に問題はありません

ただ上記で評価した「出会い」と同じく、業者の存在が点数を下げています。運営としての安全性が担保されていても、業者の被害に会ってしまっては意味がありませんからね。

美男美女:3点【美女は多いが美男は少数】

美女は多いが美男は少数

※Jメールの年代別ユーザ割合

Jメールは出会い系という性質上、美女だけで言えば5点満点です。業者も含め金銭目当ての女性が多いですが、逆に言えば金銭をもらえるだけのルックスが必要なので、20代の若い女性が利用者の大半を占めています。

一方で対価を払う側の男性にルックスはあまり必要なく、20代から40代まで幅広い年齢層の男性が利用しています。

コスパ:2点【定額制に比べると劣る】

アプリ ペアーズペアーズ JメールアイコンJメール
システム 定額課金制 従量課金制
料金 3,590円/月 1ポイント/10円
メッセージ 無制限 1通/50円

Jメールは月額メッセージし放題の定額アプリとは異なり、ポイント課金制のアプリです。メッセージを1通送るのに50円かかり、月に70通ほどメッセージのやり取りをするだけで月額制のアプリより高くなってしまうのでコスパは低いです。

しかし、一方でポイント課金制は使った分だけの支払いで済むという利点もあります。月に1~2人程度と会う想定であれば、定額制より料金が安い場合もあるので、ライトユーザーにはおすすめです。

会員数:4点【600万人は業界中堅クラス】

アプリ ハッピーメールハッピーメール YYCYYC JメールアイコンJメール
会員数 2,000万人 1,400万人 600万人

Jメールは出会い系サイト時代から合わせて、600万人の会員数を誇るアプリです。会員数に2,000万人のハッピーメールや1,400万人のYYCには負けますが600万人もいれば十分な会員規模のアプリと言えます

会員数は利用している異性の人数に直結するので、出会える可能性が高くなるという点でメリットです。またそれだけ、多くの人に信用され使い続けられているという意味もあるので、アプリとしての信用度も高くなります。

Jメールの良い評判(口コミ)まとめ

良い評判
・出会い目的の人が多くすぐに出会える
・2000年から運営している老舗なので安心
  • ミントC!Jメールとメルパラの違いはメルパラの方が年齢層が若めな印象、逆に人妻、熟女を狙いたいならミントC!Jメールの方がおすすめ。

    引用元:Twitter

  • 実際に会った事のある女性の年齢でいうと20代後半~30前半の方が多いですね。ただ、それもサイトによるかもしれません。因みに今年のクリスマスは、Jメールというサイトで一度会った事のある20代前半の女性と約束してます。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 選択肢は一応名の通った「優良大手」から選びましょう。残念ながら昔のような悪質サイトが今もあるのも事実ですので。個人的におすすめは私も使っているPCMAXですが、他にもJメールとかASOBOとかもいいかな。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • jメールとハッピーメールは老舗で評価もいいですよ。口コミサイトでもサクラ無しって書いてあります。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 有名なサイトなので比較的安全ですよ。長い間運営されている、会員が多い、サクラが少ないという優良サイトの条件を満たしているので心配はないかと。安全でなければここまで長く運営されていないでしょうしね。

    引用元:Yahoo知恵袋

編集部(林)編集部 林

Jメールは、出会い系サイト黎明期から運営されている老舗のアプリです。恋活や婚活に利用するのは難しいですが、すぐに出会えるのは大きなメリットです。

Jメールの悪い評判(口コミ)まとめ

悪い評判
・食事代の負担など金銭の支払いを求められる
・お金目的の業者やキャッシュバック目的が多い
  • Jメールにサクラっていうのはいないんですよ。女性はメール返すとポイントがもらえるので、とりあえず興味ない人にもメール返したりします。それがサクラっぽいんです。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 女性が男性から来たメールを返事すると、ポイントのキャッシュバックが貰えるシステムがあり、ポイントをためると、現金に換えられたりするそうです。いわゆる、キャッシュバック目的の会員は存在します。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 以前一度だけ条件ありで会うに至った女性がいましたが、基本このサイトは会えませんよね?数日前、久々ポイント購入して数人の女性にメールを送るも、向こうから帰ってくるメールは内容の薄い、または見当違いな内容のものばかりです。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 札幌でミントC!Jメールを利用して、3ヶ月になります。サクラはいないとは言い切れません。先日も、直アドの交換をした後に、旦那にバレそうだから・・・ということで別サイトへ誘導させられそうになりました。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • ミントは確かに出会える系ですが中にはサクラも潜んでいると私は思います。私も数人そういう人に会いましたが気にしても仕方がないので新しい人見つけた方が精神的にも楽ですよ。

    引用元:Yahoo知恵袋

編集部(林)編集部 林

どの出会い系アプリも、悪い評判は男性が投稿していることが多く、サクラや業者に関する口コミが多いです。Jメールもアプリの特性上、業者が活動しやすかったり、金銭目的の女性が多いようです。

Jメールにサクラはいる?

サクラはいないが業者は存在

サクラはいないが業者に注意

結論から言うとJメールにサクラはいませんが「業者」に注意が必要です。よくサクラと業者は一緒に捉えられがちですが、業者はアプリ側が雇うサクラとは違い、風俗斡旋やマルチ商法への勧誘などを目的とした組織や個人を指します。

Jメールのような会員数が多いアプリであればあるほど、業者は多くなる傾向にあります。業者としても騙す相手が多い方が効率も上がるので、会員数が600万人を越えるJメールでは業者が多くなりがちです。

サクラと似たキャッシュバッカーにも注意

Jメールには、サクラと似た特徴を持つ「キャッシュバッカー」も存在します。キャッシュバッカーとは、男性とメッセージをした際に発生する換金可能なポイントだけを目当てに、男性と連絡を取る女性のことです。

本来は女性の活動を促進するために運営が用意したポイントシステムですが、一部のキャッシュバッカーによって悪用されています。第三者が文面を見ただけでポイント目的と判断するのも難しいため、運営も手を焼いています。

検証!Jメールは本当に出会えるのか?

検証!Jメールは本当に出会えるのか?

業者やキャッシュバッカーなどがいる事は、利用者の悪い口コミでなんとなく分かりましたが、利用者の良い口コミにあった「出会えた!」という報告は本当なのか、実際にこの目で見るまでは信じきれないですよね。

そこで、口コミの真偽を探るべく、実際にJメールを1ヶ月間ガッツリ利用して出会えるのか検証してみました!可愛いと思った女性に手当り次第メッセージを送り、実際のデートまで何人辿り着けるかを試しました。

その結果がこちらです。

達成項目 人数
メッセージのやり取りが出来た人 68人
LINE・メアド交換が出来た人 15人
デートに行けた人(ごはんのみ) 3人
デートに行けた人(ホテルあり) 2人
2回目以降のデートに繋がった人 1人

実際にデートまで辿り着けたのは6人で、1ヶ月間の検証なので、ほぼ毎週1人以上とはデートすることが出来ました。Jメールでは確かに女性と出会うことができますね!実際に2回目以降も関係が続きデートやメールを重ねた人もいます。

ただし、メッセージ出来た人の人数を見てもらえれば分かるのですが、基本的にはトライ&エラーの繰り返し。メッセージ1通やり取りしただけで、次の日には退会してたり既読スルーされる方が非常に多かったです。

ただ良くも悪くもネット出会いといった感じです。合わないと思えば、すぐに切り替えて次の相手を探すことが大切。実際、会えないと言っている人は1人2人とやり取りして挫折してしまう事が多いです。

実際に会えた人とのメッセージ

画像は、ごはんのみの初デートをし、2回目以降もデートをしたり連絡の続いている女性とのJメール内でのやり取りです。年下なんですが、かなり良い子で、ちゃんとこちらにも質問をしてきてくれたり、当初から話しやすい印象でした。

「この子との関係は大事にしたい..」と思い、初デートはごはんのみに路線変更し、見事それ以降の関係も続けさせることが出来た例ですね。数は少ないですが、実際こういったピュアな関係もJメールでは可能です。

業者もしくはお金目的の女性

一方で画像のような女性とも遭遇。1枚目の女性とのやり取りと比較してもらえれば一目瞭然ですが、明らかに人間同士の会話じゃないというか、怖いですよね...。これは紛れもない業者です。

普通会ったこともない相手に「秘密の彼女にして頂けるとお約束してくれたら」とか言いますか?完全に男をその気にさせるための誘惑です。ちなみに会ってはいませんが、約束通り2万円を渡しても風俗店に流れるだけなので注意してください。

Jメールは実際に出会えるアプリ

今回1ヶ月間Jメールをガッツリ使ってみた検証で、Jメールは実際に出会えるアプリだという事が分かりました。ただし、Jメールをはじめとした出会い系では何十人とやり取りして、1人と会えるような場所なので、次へ行く切り替えも大切です。

また、業者にも注意が必要です。相手に言われた通りお金を払っても、割高な風俗店でしかなく必ず損をします。相手のメッセージに違和感を感じたり、金銭を要求された場合は、相手にせず次の女性を探しましょう。

Jメールではどんな人と出会える?

女性ユーザーの年齢層や特徴

20代以下

71%

30代

27%

40代以上

2%

Jメールにいる女性会員は7割以上が20代の若い方です。ギャル系の派手めな女性から、女子大生のような明るくて可愛い女性が多く、ルックスのレベルはかなり高いと言えます。

ただし、お金目的の女性や業者が多いといった口コミをよく見かけるので、8割から9割ほどの女性はお金目的と考えた方がいいでしょう。

男性ユーザーの年齢層や特徴

20代以下

46%

30代

35%

40代以上

19%

Jメールの男性会員は、20代~40代まで幅広い年齢層の方がいます。タイプとしては、遊び盛りのイケイケの男性もいれば、少しオタクチックの大人しめの男性もいます

出会う際にお金を払うことを前提に利用している男性が多いので、お金目的で利用する女性には使いやすいアプリと言えるでしょう。婚活や恋活目的での利用には向いていません。

Jメールの料金システム【女性は無料】

ポイントを消費する機能

主な機能 消費ポイント
メッセージの投稿 5ポイント
掲示板閲覧 1~3ポイント
掲示板画像の閲覧 3ポイント
掲示板動画の閲覧 5ポイント
メッセージを送る 7ポイント

Jメールは、メッセージの送信だけでなく、掲示板の閲覧や投稿にもポイントが必要です。掲示板は便利な機能ですが、出会うためにはメッセージが最も重要なので、ポイントはメッセージに優先して使うようにしましょう

出会えない「業者」にメッセージを送ってしまうと、ポイントを無駄にしてしまうので、相手のプロフィールには注意しましょう。プロフィール写真が芸能人並みに可愛いかったり、相手の求める条件が誰にでも当てはまるような内容の場合は、業者の可能性が高いです。

ポイントの購入金額一覧

ポイント 金額
100ポイント 1,000円
200ポイント 2,000円
320ポイント 3,000円
550ポイント 5,000円
1,200ポイント 10,000円
1,800ポイント 15,000円
2,500ポイント 20,000円

Jメールでのポイントの購入は、銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済など様々な支払い方法に対応しています。購入方法による金額の違いはないため、好きな方法で課金しましょう。

ポイントを購入する際は3,000円以上の購入でボーナスポイントが付きます。ただし、3,000円以上の課金をするのであれば、定額で利用できるマッチングアプリをおすすめします。

Jメールの登録方法

Jメールの登録方法

メールアドレスでの登録手順
1.性別やニックネームなどの基本情報を入力
2.メールアドレスを入力し送信
3.メールに記載されているURLをタップし完了

Jメールに登録する際は、まずはじめに登録画面でニックネームや生年月日などの基本情報を入力します。その後、登録するメールアドレスでJメールへ空メールを送信します。

すると、自身のメールアドレスにJメールの運営からメールが届くので、メールを開いて認証URLをクリックしましょう。間違いがなければ、メールアドレスの登録が完了します。

Jメールとは【気軽な出会いにおすすめ】

会員数 600万人(2019年5月時点)
会員属性 20代前半~30代前半
料金 1ポイント/10円(※女性無料)
▶ポイント料金表はこちら
特徴 ・大人の関係なら出会える
・2000年から運営されている
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画

Jメールは、2000年のサービス開始から現在まで続いている老舗の出会い系アプリです。検索機能や掲示板から相手を探し、すぐにメッセージを送る事ができるので、気軽に使えると人気のアプリです。



書き込み

最新を表示する
閉じる