Jメールはサクラや業者だらけ!?編集が潜入調査!特徴や見分け方も解説

Jメールはサクラ業者だらけ

ミントC!Jメールは、会員数600万人以上の大人気出会い系アプリですが「Jメールにサクラや業者っていないの?」と少し不安になりますよね。

そこで、マッチングアプリplus編集部が潜入調査!実際にJメールを使い、サクラや業者の実態を見てきました!

この記事を読むことで、Jメールにサクラや業者がいるのかだけでなく、業者を回避する方法も身につき、一般女性と出会うことができるようになるので、ぜひ参考にしてください。

Jメールにサクラはいないが業者が存在

サクラはいないが業者は存在

Jメールで注意すべき危険ユーザー
・詐欺や勧誘目的の業者
・キャッシュバッカー
・援交やパパ活目的のユーザー

結論からいうとJメールにサクラはいませんが、業者が大量に潜んでいるので注意が必要です

中でもJメールに多いのが、風俗店の斡旋や援交、パパ活といった金銭目的の業者で、大人の関係を条件に金銭を要求してきます。

「お金を払って遊べるなら!」と思う方もいるかもしれませんが、写真とは異なる女性が来たり、バックに暴力団がいる可能性があるなど、業者にはリスクがあるのでしっかり見分けることが重要です。

編集部(林)編集部 林

業者は合う前に金銭を要求してくるので見分けるのは簡単です!

▼サクラ/業者とは?(タップで開く)▼

サクラは運営会社が雇う偽物のユーザー

サクラ

サクラとは、アプリの運営会社が利益を得るために操作している、なりすましアカウントのことです。サクラは、架空の存在なので実際に会ったり、電話したりすることはできず、メッセージから進展しないのが特徴です。

また、サクラはメッセージの送信に必要なポイントを相手に購入させる事が目的なので、無駄にメッセージを伸ばしてきます。注意しないとポイント購入が積み重なり、高額な料金になってしまうこともあります。

ただし、サクラを用意するのは、人気が無く会員数が少ない出会い系アプリのみです。会員数が600万人を超えていて、運営歴19年以上のJメールはサクラを用意するメリットがありません。

業者は運営会社とは関係ない偽物のユーザー

業者

業者とは、運営と全く関係のない第三者が利益を得るために、出会い系アプリに忍び込んで悪事をはたらく、なりすましアカウントのことです。

出会い系アプリでサクラと思われているアカウントのほとんどが、この業者のなりすましアカウントを指しています。業者は金銭トラブルの原因や個人情報の流失を起こすので非常に危険な存在です。

Jメールで悪質な行為をしているユーザーの9割は業者です。業者は、すぐ会う約束をしてきたり外部で連絡しようと連絡先を聞いてきたりするので、注意してください。

アダルト掲示板によく存在しており、体目的の女性を演じて話しかけてくるので相手をしないようにしましょう。Jメールではユーザーが安心して利用できるように、24時間365日体制でアカウントの監視をし業者の排除に取り組んでいます。

編集部(林)編集部 林

サクラと業者は特徴もやり口も全く異なるので、しっかり違いを把握することは大切です!

なぜJメールにサクラがいないって言えるの?

なぜJメールにサクラがいないって言えるの?

Jメールにサクラはいないと冒頭に言いましたが、理由は大きく分けて3つです。

運営歴が19年以上ある老舗アプリだから
600万人以上のユーザーに利用されている
警視庁に認可をもらって運営している

Jメールは19年以上の運用歴と600万人の会員を抱える、超が付くほど老舗のアプリです。もしサクラを雇っていることが世間にバレて、ニュースにでもなったらどうでしょうか?

きっと600万人の会員を失いかねない大損失と言えるでしょう。Jメールは既に「サクラ」というリスクを取れるような小規模サービスではないので、サクラを雇うことはありえません。

またJメールのような男女の出会いを仲介するサービスを運営するためには、警視庁に「インターネット異性紹介事業」として届け出る必要があります。厳しい調査のもとサービスの運営を許されるので、サクラを雇う事は不可能です。

Jメールの業者の実態を知るため潜入調査!

Jメールの業者の実態を知るため潜入調査!

今回Jメールの業者の実態を調査するにあたり、実際にJメールを使ってみた際の潜入調査の様子を紹介したいと思います。

私は業者がいるアプリをいくつも経験してきているので、Jメールに業者がいることはログインしてすぐに分かりました。

早速女性から大量のメールが...

早速女性から大量のメールが...

Jメールを使ってすぐに感じたのは、女性側からのファーストメールが大量に来ることです。一見すると「俺めっちゃモテるじゃん!」と思うかもしれませんが、女性側から来るメールは99%業者です。

Jメールを利用するのであれば、こういった女性発のメールには手を出さないようにしましょう。とはいえ今回は検証なので、あえてメールが来た女性たちに返信を返していきました。

やはりお金目的の業者ばかり

やはりお金目的の業者ばかり

やはり女性からきたメールは全員業者でした。最終的には「ホテル代と別に2万円」というキーワードが業者だと確定するのですが、業者特有の長文で書かれたメッセージに気づけば2通目くらいには業者だと気づけます。

そもそも女性は自分からアプローチしてくるような真似はしないと肝に銘じておきましょう。黙ってれば男が寄ってくる可愛い女性が自分からアプローチしてくるなんてありえませんよね?

ちゃんと素人がいることも確認

ちゃんと素人がいることも確認

今回の潜入調査で「Jメールは業者しかいないのか...」と思った方、安心してください。ちゃんと素人の女性にも会っています。

今回見つけた素人の女性は、ピュア掲示板に投稿があった女性に私からメールを送った相手でした。1つ前の業者のメールと見比べてもらえれば一目瞭然ですが、長文ではなくちゃんと会話のキャッチボールが出来ていますよね。

Jメールで素人の女性を探すのであれば、自分からアプローチするのは絶対条件です。また、アダルト掲示板には業者が多いので、探すのであればピュア掲示板から女性を探すと良いです。

お金を掛けずに遊びたい人には向かない

業者が少ないマッチングアプリおすすめ

上記でも言った通り、Jメールには風俗店の斡旋や援交、パパ活をする金銭目的の業者が多いで、お金を掛けずに遊ぶには少し不向きです。

もちろん対等な関係を求めている一般女性も中にはいますが、わざわざ業者が多いJメールで探すのは非効率的と言えます。

もしお金を掛けずに遊べる相手を探したいのであれば、タップルなど業者が少なく遊び目的で利用する女性が多いマッチングアプリがおすすめです。

プロフィールで業者を見分ける方法

モデル並みの美男美女の写真

美男美女の写真

Jメールで異性の写真を見ていると、モデル並みに可愛かったりカッコイイ異性がいますが、他人の写真を転用している業者の可能性が高いです。

SNSが流行している現代では、モデルや芸能人もプライベート写真もネット上に大量に転がっています。

そのため、業者もマッチングアプリのプロフィールに使う、他人の写真を簡単に入手出来てしまうんです。

口元や目元を加工で隠している

口元や目元を加工で隠している

口元や目元を加工で隠している写真も高確率で業者です。

業者はネット上に転がっている他人の写真を使いプロフィールを作る事がほとんどですが、加工せずそのまま使うことはありません。

加工をしないと相手に既視感が生まれたり、検索で同一の写真をネットから持ってきたことがバレてしまうので、加工をし他人の画像だとバレないようにしています。

プロフィール内容が薄い

プロフィール内容が薄い

業者は写真以外にもプロフィール内容が薄いという特徴があります。業者は運営にアカウントを凍結されては再度作成とイタチごっこを繰り返しているので、細かくプロフィールを作っている暇はありません

またプロフィールも見ず、写真だけ可愛ければ引っかかる男性ユーザーも多いので、プロフィールに力を入れなくても良いという背景もあります。

ただし、プロフィール内容が濃ければ業者ではないのかというと違い、プロフィール内容が濃い業者もいるので、プロフィール内容が薄ければ業者、濃くても警戒と覚えておきましょう。

メッセージで業者を見分ける方法

やたらと長い自己紹介をしてくる

やたらと長い自己紹介をしてくる

業者は、こちらが「よろしく」と軽く挨拶を済ませると、すぐにやたらと長い自己紹介を返してきます。慣れていればこの長文の時点で「なんだ業者か」と肩を落とすことでしょう。

メッセージの内容もかなり踏み入った内容になっていて、男性の欲に付け入ろうとしてきます。テンプレを事前に用意しているようで、こんな文字数無理だろうという長文を、数秒で送ってくることもあります。

挨拶早々すぐに会おうとしてくる

挨拶早々すぐに会おうとしてくる

業者はサクラと違い、実際に会って金銭を手に入れるのが目的なので、すぐに会いたそうな素振りを見せてきます。業者もメッセージの時間は、1円の利益にもならないので、早く会うことで効率を上げたいですからね。

また、待ち合わせ場所を「池袋」と指定された場合は注意が必要です。池袋には風俗斡旋業者の事務所があるようで、業者が池袋での待ち合わせを指定することはかなり多いようです。

「最初だけ...」と言い金銭を要求してくる

「最初だけ...」と言い金銭を要求してくる

業者は、会う約束のやり取りをしていると唐突に「最初だけホテル代とは別に2万円もらえますか」と言ってきます。俗に言う「ホ別2」というやつで、ここまでくればもう業者確定です。

こういった手口で、最初だけと言って高額なお金を巻き上げようとしてきます。もちろん次回なんてないので、最初に取られて終わりです。待ち合わせに来る女性も写真とは別人の女性が来るので、変な期待はしないほうが良いです。

編集部(林)編集部 林

いかがですか?あなたの相手の中にも業者に当てはまる人がいませんでしたか?業者は見分け方さえ分かってしまえば簡単に排除できるので怖がる必要はありません!

キャッシュバッカーにも注意が必要

キャッシュバッカーはいない?

キャッシュバッカー(CB)とは、サイトで相手とメールすることでお金がもらえるキャッシュバックを利用して、お金儲けのためだけにメッセージをするユーザーのことです。

Jメールにもキャッシュバック制度があるため、キャッシュバッカーが存在するのは事実です。しかしJメールはもらえるキャッシュバックの額がかなり少ないので、まともにキャッシュバッカーをしている人は少ないです。

Jメールではメール受信で5ポイント、メール送信で2ポイントをもらうことができます。しかし1時間頑張って10往復メールをしたとしても70ポイントしかもらえず、時給70円と考えるとJメールで稼ごうと思う人は少ないでしょう。

会うことを拒まれる場合はCBの可能性大

キャッシュバッカー(CB)の見分け方は簡単で、実際に会おうとしたりLINE交換をしようとした際に、拒まれたり話を逸らされた場合はキャッシュバッカーの可能性が高いです。

キャッシュバッカーの目的はメッセージを重ねてポイントを稼ぐことなので、メッセージが出来なくなるような展開に持ち込まれることは絶対に阻止してきます。

CBが目的の女性は運営も削除している

キャッシュバック目的のみの利用はJメールの利用規約違反に該当するため、運営もしっかりアカウントの凍結など対処を行っています。

Jメールには運営に10年以上の実績があり、誰がキャッシュバック目的で活動しているかなど判断することは容易です。そのため、やり取りしていた相手が数日後に強制退会させられていたということもよくあります。

サクラと勘違いしやすい一般ユーザーの特徴

サクラと勘違いしやすい一般ユーザーの特徴

メッセージを送っても返事がない

相手からメッセージが返ってこないと、サクラだったのではないかと勘違いをしてしまいがちですが、アプリの出会いでメッセージが返ってこないのはよくあることです。

返信がない理由は、もっと良い相手が見つかったり、他の相手と交際を始めた場合や、メッセージを送るのが面倒といった理由が考えられるので、メッセージが返ってこない理由はサクラではありません。

いいねやメッセージの返信率を上げるコツはこちら

無駄にメッセージを引き延ばしてくる

無駄にメッセージを引き延ばされると、「ポイントを消費させようとしてるのか?サクラか?」と考えがちですが、サクラやキャッシュバッカーではなく一般女性でしょう。

男性はポイント消費で損をしてしまうので、早く出会うかLINEに移行したい考えますが、女性はメッセージが無料でハッピーメールを使っても損をしないため、早くLINEに移行しようとは中々考えません。

Jメールのサクラ(業者)の目撃情報名前一覧

最新のサクラリスト
サクラ情報 :香住女性26歳

26~29歳の人 最初の方だけ会いたいといってた いざ誘うと仲良くなってからと態度が急変 会話も端的で続かない これはキャッシュバッカー

Jメール
サクラ情報 :即会い業者か会わず課金狙いCB女ばかり。女性35歳

前者は20〜30代が圧倒的に多い。後者は30〜50代までが多い。メアド交換しようとすると拒否。他サイトより高いメールのポイントで延々とやり取りさせられる。いい加減疲れた。そういう苦情を男性ユーザーはいっぱいもってると思う。

Jメール
サクラ情報 :まゆみ女性22歳

22歳〜25歳 ダンサー現役AV女優と名乗り、 今日、ホテル別2とか言って金を取ろうとしてきましたので、今から通報ボタン押します。ですので、見かけたら、注意して下さい。 Jメール

Jメール


書き込み

最新を表示する
閉じる