みんなの出会いはどこで?社会人が異性と出会うためのおすすめの方法と場所

みんなどこで出会いを見つけてる?恋人を作るおすすめの方法

恋人や結婚に繋がる出会いが欲しくても、社会人だと忙しくて出会うのが難しいですよね。どこで出会うのか分からないという方も多いと思います

そこで今回は、みなさんがどこで出会っているのか、出会いの場所や方法を調べてみました。他にも、出会いが少ない理由も解説しています。

「どこで出会えるのか」「どんな方法だと出会えるのか」を知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

社会人だと出会いが少ない理由

大人になると出会いが少なくなる

仕事と家の往復だけになっている

社会人になり出会いが少なくなったと感じている方は多いのではないでしょうか。実際に社会人になると、仕事が忙しくて家に帰ったら寝るだけと、職場と家の往復だけになってしまっている方は多いと思います

毎日の帰りにどこか居酒屋に寄ったりするなど、家の往復にならないように気をつければ改善できるかもしれないですが、残業続きだったりすると家の往復を繰り返さないようにするのも難しいですよね。

出会う異性が職場の相手だけ

社会人の方だと、出会う相手が職場の相手だけという場合も多いのではないでしょうか。とはいえ、職場で出会いを探すのは、関係が崩れ仕事に影響が出るリスクもあるので踏み出しにくいですよね。

また、そもそも職場に異性が少ない場合も多いでしょう。では周りの恋人がいる人や結婚している人はどうやって出会いを見つけているのでしょうか?

編集部 小又

私もよく残業しているので忙しくて出会いがない状況はわかります…。

出会いを見つけるなら「マッチングアプリ」が1番おすすめ

マッチングアプリは、忙しい社会人にとって出会いを見つけるのに1番おすすめです。使ったことがない方は、安全性が低いイメージなどが先行して一歩引いてしまうかもしれませんが、今のマッチングアプリは選び方を間違えなければ健全に使えます。

MMD研究所のリサーチによると、マッチングアプリ利用経験者は30.2%とのことで、20代を中心に利用率が拡大しています。

忙しい社会人でも、通勤時間や休憩時間など、スキマ時間に相手を探したりメッセージのやりとりをするなどで、出会いのきっかけを作ることができます。

片手間で出会いを探せる

マッチングアプリが使われる1つの理由に、そのハードルの低さがあります。まず、スマホ1つで簡単に異性を見つけることができるので、マッチングアプリを始めるのはとても簡単です。

職場と自宅の往復の日々を繰り返している人でも、マッチングアプリを使えば出会いを探せます。

料金が他のサービスより安い

マッチングアプリは、数ある婚活サービスの中でも料金が圧倒的に安いです。マッチングアプリの月額相場は4,000円程度で、結婚相談所では桁が2つも違ってきます。

また4,000円というと、合コンや街コン1回分の値段と言えるでしょうか。コンパ1回分の料金で、異性探し放題、メッセージ使い放題は、かなり経済的にも優しいのではないでしょうか。

編集部 小又

ちなみに女性は無料で利用できるアプリが多いです。女性会員を集めるためだと考えられますね。

出会いを見つけるのにおすすめアプリ

ペアーズ【利用率No.1の人気アプリ】

会員数 1,000万人(2019年1月時点)
会員属性 恋活、20代前半~30代前半
料金 3,480円~/月(※女性無料)
特徴 ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる

ペアーズは、マッチングアプリの中で最も会員数が多いアプリで、1,000万人の累計会員数となっている人気マッチングアプリです。

登録している方は、出会いを探している方なので、メッセージのやりとりから実際の出会いに発展しやすいのが特徴です。

じっくり探したい方におすすめ

ペアーズには、豊富な検索機能や同じ趣味で集まるコミュニティ機能など、異性と繋がるための機能が他のアプリと比べて多くあるため、マッチングしやすく理想の相手を見つけやすいです

ユーザーの評判や口コミも高評価が多く、実際に出会えているユーザーも多いため、恋活アプリを始めるのであればペアーズは外せません。また、上場企業のグループ会社が運営しているため、安心して利用することができます。

タップル【手軽な操作で人気急上昇中】

会員数 400万人(2018年10月時点)
会員属性 恋活、10代後半~20代前半
料金 3,900円~/月(※女性無料)
特徴 ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える

タップルは、マッチングアプリの中で2番目に会員数が多いアプリで、ペアーズに次ぐ人気のマッチングアプリとなっています。

直感で出会いたい相手を見つける仕組みなので、忙しい方でもゲーム感覚で相手を探せるなど、手軽な操作で人気急上昇中のアプリとなっています。

手軽に使いたい方におすすめ

タップルは、同じ趣味の相手の中から、ランダムに表示される相手にアプローチをかけるか判断して、メッセージのやりとりをするアプリなので、手軽に出会いを探したい方におすすめです。

また、利用ユーザーは20代前半が最も多く、数あるマッチングアプリの中でも若者向けのマッチングアプリです。恋人探しをしたい若者に向いています。

アプリ以外の出会いの方法と場所

友達の紹介

友達の紹介

友達の紹介で付き合ったという声はよく聞きますよね。実際友達の紹介は出会いの場としてかなり有効です。お互い初対面でも友達の友達なので仲良くなりやすく、最初に好印象を持ちそのまま付き合う経緯になりやすいです。

ただ友達を紹介してくれる友人はかなり貴重で、人生で何回もあるような話ではありません。社会人になって交友関係がなくなり、紹介してくれる友人すらいないこともあり、紹介を頼りに出会いを求めるのはリスクが高いと言えますね。

職場

職場

昔は職場の人と結婚したという方が多かった印象で、親御さんが職場で結婚したと言う人も多いのではないでしょうか。ただ、最近は職場結婚をする人もだんだんと少なくなってきています

最近は、セクハラだのパワハラだの何かとハラスメントを訴える女性が多く、男性もうかつに職場の女性に近寄れないのが現状です。ただ女性が男性にアタックし結ばれるパターンは今でもありますね。

SNS

SNS

今やSNSは出会いのツールとしても有効活用されています。TwitterやFacebook、InstagramといったSNSを使い、フォロワー同士でメッセージをし、直接会うまでに発展したり、若者の間で使われています

しかし、あくまでもSNSは情報発信のツールで出会うためのツールではありません。出会い目的でSNSを始めようと思っても、全員が全員出会うためにSNSをやっているわけではないので、効率が悪いです。

合コン・街コン

合コン・街コン

真剣に出会いを求めているのであれば、合コンや街コンといった出会いを求めている人同士で集まれる場所は有効ですよね。お互い恋人を作るために集まっているので、交際に発展する可能性が高いです。

ただ恋人候補の対象が少ないというデメリットもあります。合コンであれば集まって異性は4人程度、街コンでも10人くらいだと思います。また色々な異性と出会おうとし、回数を重ねるとお金や時間がかかります。

結婚相談所

結婚相談所

結婚したい人の最後の砦となるのが結婚相談所ですよね。たしかに、早く結婚したい人同士が集まるので、交際や結婚に至る可能性が高いですが、相手選びを妥協してしまうケースも少なくありません

また結婚相談所は圧倒的にコストが高いです。最終的な成婚までで計算すると30万~50万円のお金がかかることは珍しくありません。

どこかにある出会いを見つけよう!

出会いがなくても、出会いを見つける方法や出会える場所に行けば、異性と出会える可能性があることがお分かりいただけたかと思います。まずは、おすすめのマッチングアプリに登録して、少しでも出会いのチャンスを増やしましょう!

出会いは常にどこかにあるので、ぜひ積極的に出会いを見つけてみてください!


書き込み

最新を表示する
閉じる