インスタで出会うことは可能?実は危険?利用者がメリットとデメリットを撤退解説!

インスタで出会う

「インスタでの出会いって危なくない?」

「インスタで出会うにはどうしたらいいの?」

「インスタで本当に会えるの?」

若い世代を中心に大人気のSNS、インスタグラム(Instagram)での出会いが気になっている方も多いのではないでしょうか。

写真や動画などのキャッチ―な投稿で相手のライフスタイルやセンスを知ることが出来るので、そういったセンスや感覚から相手を知って出会いたい! という方も決して少なくはありません。

こちらの記事では、インスタを6年使っている私が「インスタの危険性」「インスタで出会うためのコツ・手順」「本当に会えるのか?の口コミ情報」を紹介しますので、インスタでの出会いについて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

目的別おすすめアプリ
ペアーズペアーズ【恋活向け】
会員数1,000万人超え!数多くのコミュニティから趣味の合う人を探せる!

ゼクシィ縁結びゼクシィ縁結び【婚活向け】
ゼクシィ公式の婚活向けアプリ!30歳前後の結婚を意識したユーザーが多い!

ハッピーメールハッピーメール【気軽な出会い】
会員数No.1!累計登録数2,000万以上の実績を持つ出会いの定番アプリ!

【注意】インスタの出会いは危険!

結論、インスタをキッカケに出会うことはできます!ただし、危険性が高いのでおすすめしません。

ここでは、インスタの利用規約、インスタでの出会いは危険性が高い理由を解説します。

出会い目的は利用規約に違反している

Instagramのミッション(ポリシー)抜粋

  • Instagramのミッションは、「利用者と大好きな人やものとのつながりを深める」を推進することを目的として提供されるものです。

    引用元:Instagram利用規約

『大好きな人』は、芸能人やアーティストなどを指します。つまり、「趣味・趣向」を共有し人生を豊かにするためのツールであり、出会いを目的にするツールではありません。

編集部(あや)編集部 あや

インスタを使う以上は、運営会社のルールは守って使いましょう。

Instagramのサービス運用を損なう行為は禁止

  • ・意図されたサービスの運用に支障をきたす行為や、これを損なう行為は禁止されています。

    引用元:Instagram利用規約

『意図されたサービス』=『ミッション(ポリシー)』であり、出会い目的での利用は、サービスの運用を損なう行為に該当する可能性があります。

編集部(あや)編集部 あや

インスタは、情報を共有するツールなので、別の目的で使うのは運営側は禁止しています。

Instagramは異性紹介事業届けは出していない

  • ・不正な、誤解を招くおそれのある、または詐欺的な行為を行うことや、違法または不正な目的で何らかの行為を行うことは禁止されています。

    引用元:Instagram利用規約

Instagramの運営企業は、紹介サービスツールではないため、インターネット異性紹介事業届けを出していません。つまり、出会いを目的にする使用は、違法または不正な目的に該当します。

編集部(あや)編集部 あや

法律で規定されているので、出会いを目的に利用するのは犯罪をするのとほぼ同義なので、おすすめしません。

【実例】実際にあった危険な事件

【実例その1】17歳の人気インスタグラマー殺害事件

  • 17歳のビアンカ・デヴィンズさんを殺害し、遺体の写真をDiscordやInstagramに投稿したとの疑いがかけられている

    引用元:RollingStoneJapan

インスタをキッカケに出会った男女の殺人事件です。原因は、加害者男性の勘違いと嫉妬心のようですが、インスタ(SNS)に潜む闇の1つです。

【実例その2】熊本・女子高生“インスタ”自殺でわかったSNSに潜む罠

  • 埼玉県の高校2年生の女子生徒が昨年4月に自殺した事件はツイッターでのいじめがきっかけだと県教委の第三者審議会が認定した。

    引用元:Aera dot.(アエラドット)

出会いによる事件ではないですが、出会いを目的にすることで、間接的な被害を受ける可能性が潜んでいます。アカウントを変えても、本人の写真をアップすることで、見つかるのは時間の問題です。

インスタ風の「ペアーズ」がおすすめ

「ペアーズ」は、顔写真はもちろん、趣味の写真もアップしている人が多く、インスタ風に相手を探せるマッチングアプリです。インスタと違い、参加してる男女全員が「出会いたい!」と思っているので、出会える確率が高いのもおすすめポイントです。

ただ、ペアーズにはハッシュタグ「#」機能はありません。代わりに、趣味のコミュニティに参加することで、インスタのように同じ趣味の人と出会えます。

編集部(あや)編集部 あや

センスがない写真だと出会えるチャンスを逃しちゃうのも、インスタと似てる部分です。「いいね」を貰える写真の撮り方も紹介してるので、是非読んでみてください!

インスタで出会うためのコツ・手順

大前提として、利用規約にも違反しているため、インスタで出会いを目的にするのはおすすめしません。ただ、インスタでどうしても出会いたい人のために、成功した事例を元に手順を紹介します。

1.プロフィールを「映え」させる

インスタで出会うための事前準備として、自分のプロフィールを作り込んで「映え」させましょう。相手を見つけたとしても、プロフィールに写真が投稿されていなかったら、出会い厨だと思われてスルーされる可能性が高いからです。

ペットの写真をアップしたら、「いいね」が増えました。オシャレな写真はもちろん、可愛かったり、意外性のある写真も「いいね」を貰えます。

編集部(あや)編集部 あや

自分の顔写真も載せておくと、相手に安心感を与えられます!「センスがある写真」じゃないと見向きもされないので注意してください。

2.映え写真を日々アップする

プロフィール作成後は、センスがある「映え」写真を日々アップしていきましょう。アップする時は、ハッシュタグ「#」を忘れずに付けてください。付け方は、流行りもあるので、他の人の最近の投稿を参考にしましょう。

趣味の写真

編集部(あや)編集部 あや

日々アップする写真は、気取らないけど、センスのある趣味の写真がおすすめです。趣味なら、継続してアップするのも苦にりづらいですよね。

3.フォロワーを増やします

フォロワー数は、その人の価値として判断されるため、多くのフォロワーがいることで興味を持ってもらえます。インスタグラマーという職業があるくらい、フォロワー数は社会的にも1つの価値と認識されています。

また、フォロワー数を増やしている間に、気になる人と出会える可能性もあります。Twitterなどの他のSNSを利用する方法もあります。

編集部(あや)編集部 あや

フォロー1人:フォロワー数15~20人の比率が理想です。フォローのほうが多い人は、怪しまれるので注意してください!

4.ハッシュタグを利用して相手を探す

フォロワー数も確保できたら、駅名や地域名のハッシュタグ「#」で相手を探しましょう。会える距離の人を探すことで、直接会えるキッカケを作りやすいです。

編集部(あや)編集部 あや

フォロワー数を集めるのに、早ければ1~2ヶ月、遅ければ半年~1年をみておきましょう。すぐ出会いたいなら、出会いに特化しているマッチングアプリを使ってください。

5.「いいね」「コメント」で仲良くなる

出会いたい好みの相手を見つけたら、「いいね」「コメント」「フォロー」で少しづつ距離を縮めましょう。

インスタは、『趣味の情報収集』と『自己顕示欲を満たす』を主な用途にしている人が多いため、最初から出会いを匂わせる行動を取ると、避けられる可能性が高いです。

編集部(あや)編集部 あや

気になる相手の趣味の画像を自分もアップしながら、「いいね」「コメント」をすると興味を持ってもらいやすいです。

Instagramの利用目的【フリュー調べ】

Instagramの利用目的

※引用:MarkeZine

フリュー『GIRLS’TREND(ガールズトレンド)研究所』は、女子高生・女子大生の動向調査・研究機関です。

6.DMで仲良くなるまで親密度を上げる

DMでより親密な話をできるように距離を詰めていきましょう。仲良くなる最大のポイントは”共感”です。

編集部(あや)編集部 あや

LINE交換は、基本的に直接会うまでは我慢したほうが良いです!出会い厨だと感じさせてしまいます。

「愛されコメント」のポイント

愛されコメント

※引用:リクナビNEXTジャーナル

7.イベントキッカケでデートに誘う

仲良くなれたら、デートに誘うキッカケを作りましょう。例えば、好きなアーティストのライブや、フードフェスなど、期間が限定されているイベントに誘うのがおすすめです。

編集部(あや)編集部 あや

期間が限定しているイベントだと、そこまで興味がなくても、いってみようかな?って思いやすいです!

※特例:コメントで投稿者を共感させる

インスタは、投稿者が共感を得たくて投稿することが多いツールです。そのため、投稿者を共感させられるコメントができれば、プロフィールが無くても、「どんな人だろう?」と興味を持ってくれます。

ただ、皆も同じように共感するので、目にとまるような気の効いたコメントを考える必要があります。

編集部(あや)編集部 あや

コメントだけで気に留めてもらうのは難易度が高いです。それなら、センスのある写真でプロフィールを作っていくほうが、出会いの確率は高いと思います。

【口コミ】インスタで本当に出会えるの?

結論、インスタで出会いはあります。有名なカップル系YouTuberも、インスタで出会ったと名言しているくらいです。

ここでは、インスタをキッカケに出会えた人、出会い目的の人を嫌っている人、恋愛に発展してからの悩みの口コミをまとめました。

インスタで出会えた報告の口コミ

インスタキッカケで出会えた人は確実にいるようですが、当事者がツイートしているのは見つけられませんでした。ツイートするよりもラブラブしてたいからですかね?

出会い目的の人に困っている口コミ

インスタを出会いのキッカケにできている人もいますが、情報収集や自己表現として利用している人からは嫌がられています。

恋人のインスタに悩んでいる口コミ

  • 先日インスタを見ていたら彼氏がほかの女の子(複数人)と彼氏の家で遊んでいることがわかりました。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 彼氏のインスタを見てしまいました。彼氏とは付き合ってもうすぐ3年です。彼は元々浮気性、というか、少しでも可愛くて自分のことを気に入っていそうな女の子が近くにいると、モテてるような気分になれるのが良いのかすぐに調子のいい事を言って女の子をその気にさせていました。

    引用元:Yahoo知恵袋

  • 彼女がインスタ依存でうざいです。長文失礼します。こっちは2人の時間を大切にしたいから携帯は全く触りません。しかし、彼女は私と会っている時も暇があればストーリーのチェック、ごはんのときも写真を撮って投稿してから。

    引用元:Yahoo知恵袋

インスタは素晴らしいツールです。ただ、インスタで出会ったのであれば、今後も同じようにSNSで出会う性質の相手です。恋愛まで発展しても、SNSをキッパリやめない限りは、Yahoo知恵袋の投稿同様に、悩みが尽きない可能性が大きいです。

もちろん、お互いに想いやりを持てる相手であれば、SNSを続けたとしても上手に関係を作っていけると思います。

出会い目的はマッチングアプリがおすすめ

4154図1

出会いをサポートするアプリ

マッチングアプリは、出会いたい男女を結びつけるアプリのことで、簡単に言うと「恋人や結婚相手を探す」目的に特化したマッチングサービスです。「ペアーズ」「タップル誕生」「Omiai」は、利用者が多い代表的なマッチングアプリです。

昔からある「出会い系アプリ」と類似していますが、出会い系アプリは大人の関係目的も多く存在しますので、マッチングアプリとは異なります。

参加ユーザーは全員が出会いを求めてる

マッチングアプリは、出会いをサポートするのに特化したアプリのため、参加するユーザーの全員が異性との出会いを探しています。

恋活や婚活など、人それぞれの求める出会いは違うので、目的に合わせたアプリを使うのがおすすめです。

出会いを促進させる機能がある

マッチングアプリは、それぞれ若干の違いはありますが、「顔写真」「年齢」「職業」「身長」「住まい」で相手を探せます。

趣味で繋がるコミュニティもありますし、アプリによってはマッチングする前に「デートできる機能」もあったり、出会いを促進させるための工夫が多くされているのです。

おすすめのマッチングアプリ

趣味やセンスの合う相手を探せるアプリ

順位 アプリ 特徴
1位 ペアーズペアーズ

・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる

2位 withwith

・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位

イヴイヴイブイブ

・完全審査制で安全性が高い
・共通の趣味で相手を探せる
・恋愛目的のユーザーが多い

共通の趣味を持つ相手を探せるマッチングアプリです。1位のペアーズは、会員数が業界1位の1,000万人も登録しています。

インスタと比べると人数は少ないですが、参加しているユーザー全員が出会いを求めているため、安全に早く出会うことができます。

男女共に無料で使えるマッチングアプリ

順位 アプリ 特徴
1位

TinderTinder

・無料でメッセージのやりとりが可能
・全世界で300億マッチングの実績
・海外発祥なので外国人利用も多い
2位

タップルタップル

・条件クリアで条件に応じた期間が無料
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
3位

poiboyPoiboy

・VIPランク到達で1週間無料
・女性主体で男性は待っているだけ
・上場企業のグループ会社が運営

男女共に無料で安全に使えるマッチングアプリです。マッチングアプリに興味はあるけど、有料で使うほどなのか迷っている人におすすめです。

閉じる