Tinder(ティンダー)はサクラや業者だらけで危険すぎる!?業者の特徴や見分け方

tinderサクラ

Tinderは無料で出会えると、20代を中心に人気を集めていますが「Tinderにはサクラや業者がいるのか?」「いるならサクラの特徴や見分け方を知りたい」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

1ヶ月Tinderを使用した結果、Tinderにサクラはいないと判明しましたが、使用中に不審なユーザーを多く見かけました。Tinderは無料で使えて気軽な出会いができる故に、援デリ目的などの業者が多く集まってしまうのです。

そこでこの記事では、Tinderに潜んでいる業者の特徴や見分け方、LINEやインスタを載せている相手の危険性、客引き外国人の注意点を解説しています。口コミをもとにサクラ/業者の名前一覧も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

Tinderにサクラはいないが業者が存在

特徴と目的
サクラ ・マッチングアプリが雇い主
・アプリを飽きさせないことが目的
・男性に課金をさせることが目的
・アプリ内で連絡を頻繁に取ろうとする
・実際に会おうとすると濁される
業者 ・マッチングアプリと関係のない組織や個人
・実際に会って勧誘をすることが目的
・個人情報を盗むことが目的
・勧誘をするためにすぐに会おうとする
・LINEのIDやメアドをすぐに聞いてくる

結論から言うとTinderにサクラはいませんが、業者が潜んでいます。サクラと業者は、どちらもなりすましの架空ユーザーに違いありませんが、利用目的が異なります。サクラは一般女性になりきって男性に課金を促すのが目的で、業者はアプリを悪用して稼ぐのが目的です。

Tinderには後者の業者が存在しています。Tinderにいる業者は、風俗斡旋業者と言われるタイプの業者と、投資や宗教への勧誘を目的とした業者の2種類がいます。

風俗斡旋業者は、実際の風俗店に勤務している人間を派遣し、Tinderで捕まえたユーザーに合わせることでお金を回収する手法です。実際に写真とは異なる相手が来たり、バックに暴力団がいたりと風俗斡旋業者は危険性が高いです。

投資や宗教への勧誘を目的とした業者は、マッチングアプリで出会った相手を勧誘し、購入や入会をさせる手法です。個人個人がノルマや収入のために行っている場合が多く、勧誘業者の数は非常に多いです。

そもそもサクラとは?【運営のなりすまし】

マッチングアプリに潜むサクラとは

サクラとは、アプリの運営会社が利益を得るために、操作している、なりすましアカウントのことです。サクラは、架空の存在なので実際に会ったり、電話したりすることはできず、メッセージから進展しないのが特徴です。

また、利用者に課金をさせようとメッセージを送ってくるので、騙されて利用料金を運営会社に支払ってしまう危険性があります。Tinderはサクラを使っていませんが、運営会社が無名の人気のないマッチングアプリには確実にサクラがいます。

サクラと業者は何が違うの?

サクラ以上に危険な業者の特徴と見分け方

業者とは、運営と全く関係のない第三者が利益を得るために、マッチングアプリに忍び込んで悪事を働く、なりすましアカウントのことです。

マッチングアプリでサクラと思われているアカウントのほとんどが、この業者のなりすましアカウントを指しています。業者は金銭トラブルの原因や個人情報の流失を起こすので非常に危険な存在です。

Tinderは、身分証の確認も無く利用できるので、なりすまし業者にとっては使いやすいアプリとなっています。そのため、業者を見抜けるようになると、安全にTinderを利用できるようになります。

編集部 小又

サクラという言葉が定着し、業者もサクラもひとまとめに「サクラ」と呼ばれることが多いですが、特徴も手口も全く異なるので、しっかり違いを把握することは大切です!

LINEとインスタを載せている相手は業者

LINEとインスタ危険

Tinderの自己紹介文に連絡先を書き込んでる女性は、業者もしくは援交目的のユーザーの可能性がかなり高いです。書いてある連絡先にメッセージを送ると、お金の条件付きで会おうと言われるので危険です。

LINEを載せているのは援交目的

TinderにLINEのIDを載せているのは、特に外国人が多いです。LINEのIDを載せている目的は、体の要求に応える代わりに金銭を要求する援交をしたいからです。

LINEを送ると英語で1時間で○○万円と条件を書いたメッセージを返してきます。日本語で話してくれないので、出会った時に金銭的なトラブルに発展しやすく危険性が高いので、LINEを記載している相手と関わらないのが無難です。

編集部 小又

Tinderで複数のアカウントを作成して、LINEを書いている外国人のユーザーも見受けられました。全てのアカウントでLINEのIDが同じだったので、同一人物だと気付けました。

インスタを載せているのは誘導目的

Tinderにインスタを載せているのは、別の悪質なサイトに誘導するのが目的です。ただ、全てが誘導目的というわけでは無く、インスタで繋がりたいと考えている一般の女性ユーザーも一定数は存在しています。

LINEと違い個人情報を渡すわけでは無く、危ないと思えばインスタ内でブロックをすればいいので、まだ危険性は低いと言えますが危険な相手とはそもそも関わらないほうが得策です。

手口としては「TinderはあまりログインしないからインスタのDMで話そう」と誘ってきます。インスタでコンタクトを取るとDMで悪質なサイトに繋がるリンクを送ってくるので、注意が必要です。インスタで話そうと言われた時点で疑いの心を持ちましょう。

外国人の客引き業者に注意

怪しい外国人に注意

Tinderは、海外製のため多くの外国人が登録しています。善良な外国人がほとんどですが、中には、外国人の風俗店従業員が客引きを目的として利用している場合があります。

客引きの場合は「1時間いくら」のようなメッセージを送ってくるため、金銭要求をしてきた相手とは出会わないようにしましょう。よく分からずに会ってしまうと、金銭的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

外国人との出会いは慎重に

Tinderは、アメリカ発祥のため外国人のユーザーも多く登録しています。純粋に出会い目的、もしくは日本人の友だちを探している外国人ユーザーなら出会うことが可能です。

見極め方は、自己紹介文に連絡先を載せていないかで判断しましょう。連絡先を自己紹介文に書いている外国人ユーザーは、援交目的の可能性が非常に高いです。また、マッチ後にすぐLINEのIDやメアドを送ってくる外国人もスルーしましょう。

編集部 小又

外国人に出会いたいなら、外国人が多く登録している有料のアプリを利用するのも1つの手です。マッチドットコムは、男女共に有料のため真面目に出会いを探しているユーザーが多いです。

業者を見分ける3つのポイント

プロフィール写真に注目

写真が芸能人並みの美男美女

美男美女

プロフィールの写真が芸能人やモデル並みに可愛かったり、カッコよかったりする場合は業者の可能性があります。

写真が自撮であったり、友達と撮ったような写真の場合でも、SNSやブログから無断転載しているだけの可能性が高いので注意が必要です。

高収入アピール

高収入アピール

1万円札の画像や高級車、高級ホテルなど、お金持ちであることを匂わせる写真が投稿されている場合、業者の可能性が高いです。

高収入アピールの場合、あなたも高収入になれますという謳い文句で悪徳商法に巻き込まれる危険性があります。

写真が一枚しかない

写真が一枚しかない

プロフィールの顔写真が1枚しかない場合は業者の可能性があります。業者はネット上から写真を取ってきて利用するため、その人物の別写真が確保できなく、1枚のみ掲載しているケースが多いです

2枚目以降の写真があるか確認するだけではなく、同じ人物の顔が写ったものかどうか確認も行いましょう。

肌の露出を強調している

肌の露出を強調している

男性を色仕掛けする露出度が高い写真は、業者の可能性が高いです。

不特定多数の人が閲覧できるマッチングアプリで、露出度の高い写真を一般の女性が投稿する可能性は低いので、風俗斡旋業者などに騙される可能性が高いです。

プロフィール内容を必ずチェック

アピールが露骨

自己紹介例
彼女になったら結構尽くしちゃうタイプです~☆
デートとかしたら全力でイチャイチャしたいです♡
気になったらすぐに会いたいタイプです♡

女性の場合「すぐに会いたい!」「イチャイチャしたい!」男性の場合「バツイチ子持ちOK!」「いっぱい貢いじゃいます」などメリットだらけの露骨なアピールをしてきます。

本当にそう思い書いている方もいるので一概には言えないですが、個人情報を渡すのは1度会ってからなど、慎重になりましょう。

自己紹介文でご飯食べたいアピール

自己紹介例
よく食べます!
お酒飲んだり、美味しいごはん食べるのが好き(*´ω`*)

自己紹介文でご飯食べたいアピールをしている女性は、業者とは微妙に異なりますが、飯目的の女性の可能性が高いです。

ご飯目的でTinderを利用しているため、出会いを求める男性からすれば、実質業者のようなものです。

自己紹介文にLINEのIDを載せている

自己紹介例
そろそろTinder辞めようかなと思っています(^_^;)
sakura-gyousya
これ私のLINEのIDなんでこっちで連絡取りましょー♡♡

自己紹介文にLINEのIDを載せているのは、高確率で業者です。個人情報を自己紹介文に書くのは危険性が高いため、一般の女性は自己紹介文にLINEのIDを載せたりしません。

記載されているLINEを友だち追加してしまうと、悪質な請求をかけてくるサイトに飛ばされるリンクを送ってきたりするので危険です。LINEの

メッセージ内容に要注意

いきなり長文の自己紹介をしてくる

Tinderチャット風景

こちらが「よろしく」と軽く挨拶を済ませると、すぐに長文で自己紹介が返ってきます。

内容もかなり踏み入った内容になっていて、男性の欲に付け入ろうとしてきます。

テンプレを事前に用意しているようで、こんな文字数無理だろうという長文を、数秒で送ってくることもあります。

初回のデートでお金を要求

要求の仕方
お願いがあります!
最初のデート費用だけ2~3万円出してほしいです!
こっちも安心してお会いしたいので最初だけお願いします。

メッセージが始まって早々にデートの約束をしてきますが、決まって初回のデート費用を2~3万円要求してきます。

最初だけと言ってお願いしてきますが、最初で最後になるのでお金を取られて終了です。

メールアドレスやLINEのIDを聞いてくる

メッセージ例
そうなんだね!
早速だけど君ともっと連絡取りたいからメアドかLINE教えてくれる?
こっちだと中々気づかなくて返信遅くなっちゃうから^^;

業者は個人情報の取得や悪徳営業の勧誘のために、早い段階でメールやLINEでのやり取りに誘導しようとします。

Tinderは月額制ですので、早急にメールやLINEでやり取りをする必要は皆無です。

どうしても早期に外部アプリでやり取りしたい場合は、捨てアドなど失っても良いメールアドレスで1度会話を交わし、1週間程度なにも問題なく会話が続いたらLINEにするなど段階を踏むことをおすすめします。

業者に騙されないための対策方法

業者への対策方法
・1回会うまではアプリ内で連絡を取る
・相手のペースに飲まれない
・Google画像検索をしてみる
・怪しい勧誘や画像へのリンクが来たら通報

1回会うまではTinder内で連絡を取る

業者はメールやLINEなどでの連絡方法をすぐに取ってこようとします。本来その時点でブロックしてしまっても良いとは思いますが、連絡を続けたい場合は1回本人と会うまでTinder内で連絡を取ることを徹底しましょう。

個人情報が盗めなければ、業者も諦めて連絡してこなくなりますし、1回会えれば業者でないことも証明できます。Tinder内で個人情報を漏らしてしまうことだけは注意しましょう。

相手のペースに飲まれない

メールやLINEでのやり取りを拒もうとすると、相手が態度を変え、こちらの心理を撹乱させようとしてきます。

相手は業者の可能性が高いので、ブロックするか無視しましょう。仮に業者じゃなかったとしても、そんな急に態度の変わる方とはお付き合いしないほうが良いでしょう。

Google画像検索をしてみる

Google画像検索

Chromeで相手のプロフィール画像を確認すると「画像をGoogleで検索」で、類似画像を検索してくれます。

同じ画像が検索上に上がれば業者である可能性が高いです。しかし同じ画像が無いからといって安心してはいけません。

相手が写真ちょっと加工するだけでGoogleの検索は精度を落とすので、同画像が確認できない場合でも、他に画像がないか聞いたりし、慎重に連絡を進めましょう。

怪しい勧誘や外部へのリンクが来たら通報

怪しい勧誘や外部へのリンク例
そうなんですね!
私は今の仕事で人生変わりました!
誰でも稼げる簡単な仕事だけど君もどうかな??
ちなみにブログもやってるから見てほしいな♡
https://www.sakura.com

怪しい儲け話の勧誘や、外部リンクへの誘導をしてきたら確実に業者なので、即Tinderの運営に通報しましょう。

通報は相手のプロフィール画面右上の「…」から行うことが可能です。

【検証】業者がいるか1ヶ月試してみた

検証条件
・実施期間は1ヶ月
・可愛くて写真が1枚のみの女性にライク
・2週間メッセージを行い会う約束をする

実際に業者がいるか検証するために、写真が可愛くて1枚しかない女性にターゲットを絞りライクを100人に送りました。写真が可愛くて1枚しかない女性に絞った理由は、インターネットから拾ってきた偽の画像を使用している可能性が高いからです。

1週間ほど待った結果、マッチして実際にメッセージのやり取りできたのは、計3人でした。Tinderはライクしたことが相手に伝わらないため、他のアプリと比べてかなりマッチング数は少ないです。

また、真面目に出会うために利用しているユーザーが少ない、無料で使えるため相手に送るライクを適当にしているユーザーが多い、というのもマッチしにくい要因に上げられると感じました。

編集部 小又

Tinderのユーザーは、真面目な出会いを求めている人が少ないです。遊び目的で使うなら出会えそうですが、真剣な恋愛を求めるなら他のマッチングアプリを使うう方が得策です。

3人中2人は即LINEを送ってきた【業者】

Tinder業者

ただでさえマッチ数が少ないのに、3人マッチした中で2人はマッチ後すぐにLINEのIDを送ってくる業者でした。LINEをすぐに送ってくるのと、最初から会う前提で住んでいる場所を聞いてくるという点が、業者の特徴に当てはまっています。

LINEのIDを送ってくる相手は、風俗斡旋系の業者だと断定できます。女性とやり取りをしていると思わせて、風俗に案内するのが目的です。引っかかってしまうと、不当な高額請求をかけられてしまう可能性があるので、関わらないようにしましょう。

私も相手が業者だと思った時点で、すぐに相手とのやり取りを止めています。

1人とは出会えた【業者ではない】

2019y10m03d_133422043

1ヶ月検証を行った結果1人と出会うことができました。出会えた相手は、20歳の小柄なかわいい系の女性でした。送ってくるメッセージの内容が単調で業者では無いと判断したので、1週間ほどで会う約束をしました。

カフェに行こうという流れになったので、池袋のカフェに一緒に行くことに。私の話にしっかりと受け答えをしてくれる、物腰柔らかな女性で好印象でした。

また一緒にご飯を食べに行こうという約束をして解散しました。

Tinderはマッチしても業者が多い

Tinderは、業者とマッチすることが多い印象です。もしくは、適当に使っているユーザーも多いので、出会いにくいアプリと言えます。

マッチ後すぐにLINEのIDやメアド、他のインスタなどのID、別サイトに繋がる怪しいURLを送ってくるので、危険な出会いに巻き込まれ無いように注意が必要です。

業者や出会う気が無いユーザーを見分けることができれば、Tinderで出会うことは可能です。

編集部 小又

Tinderのユーザーは年齢層が低いので、しっかりと業者を避ければ若い女性に出会えるチャンスです。

サクラと勘違いされやすい女性の特徴

サクラと勘違いされやすい女性の特徴

Tinderの口コミを見ていると一般女性をサクラと勘違いしている男性の口コミが多く見られました。そこでサクラと勘違いされやすい女性の特徴をまとめてみました。

男性はメールのやりとり=会ってくれると考える傾向があるのに対して、女性はメールのやりとり=相手を見極めるという考えの傾向があるので、この温度感の違いがサクラと勘違いされる原因になっているかもしれませんね。

メッセージを送っても返事がない

相手からメッセージが返ってこないと、サクラだったのではないかと勘違いをしてしまいがちですが、アプリの出会いでメッセージが返ってこないのはよくあることです。

返信がない理由は、もっと良い相手が見つかったり、他の相手と交際を始めた場合や、メッセージを送るのが面倒といった理由が考えられるので、メッセージが返ってこない理由はサクラではありません。

いいねやメッセージの返信率を上げるコツはこちら

無駄にメッセージを引き延ばしてくる

無駄にメッセージを引き延ばされると、「出会う気がないのか?サクラか?」と考えがちですが、サクラではなく一般女性でしょう。

男性は、早く出会うかLINEなどのSNSに移行したい考えますが、男女比の偏りにより女性は多くの男性からメッセージが届くため、早くLINEに移行しようとは中々考えません

マッチ後に即ブロックしてくる女性

Tinderでマッチした後、すぐにブロックしてくる女性に遭遇すると「サクラかな?」と思ってしまいますが、サクラではありません。Tinderはスワイプ式のマッチングアプリのため、相手の情報を見ずになんとなくライクを送る女性は多いです。

そのため、マッチ後に自分の求めている相手と違うと思った場合は、その男性をブロックするようです。

編集部 小又

ブロックされた場合は縁が無かったと思い、次のアプローチに行った方が出会える確率が上がります。

Tinderのサクラ/業者の名前一覧

最新のサクラリスト
サクラ情報 :さき女性27歳

下の方と同一人物です。 アパレル編集の仕事していてセフレ欲しいと。 今日明日のレベルでホテルに誘ってくる。 この時点でこのサイトを発見し用心する。 初回だけ2万欲しいと要求され、やわらかく断るが、金ないというと即マッチ解除。

Tinder
サクラ情報 :さき女性27歳

ホテル場所指定。 此方の指定場所変更を要求 。時間どおり現れず此方からの誰何を拒否し自分から誰何を要求。写真は半分くらい隠してあるので確認キツイ。アパレル編集の仕事してると言ってるが汚いピンク色のリュック背負った不細工

Tinder
サクラ情報 :ゆうま(クロワッサン)女性30歳

アプリやめるからと言ってすぐにLINEに誘導後、GALAXYを使ってるんだけど壊れそうで修理に出すから、こっちにメールして、といって外部のメールに誘導。

Tinder

業者が少ないアプリの選び方

Facebook登録があるアプリ

2019y02m05d_184700159

Facebookアカウントは実名登録が必要なので、業者にとって、マッチングアプリで詐欺行為を行うために、Facebookアカウントを作成するのはハードルが高く、結果として業者を減らすことができます。

また、アプリ側でFacebookの友達が10人以上いないと登録できないよう、設定しているアプリも多いので、さらに業者にとってはハードルが高い登録方法となっています。

年齢確認を義務化しているアプリ

2019y02m05d_181523675

年齢確認には本人の身分証明書が必要になるので、業者は用意することが難しく、業者を減らす対策になっています

また、マッチングアプリを運営するには年齢確認が法律で義務付けられています。つまり、年齢確認が義務化されていないアプリはそれだけで違法なアプリという事になります。

※Tinderは海外製のアプリなので違法ではありません

24時間サポート体制が整っているアプリ

2019y02m05d_181530810

24時間サポート体制が整っているマッチングアプリは、業者がいないか24時間監視しているので、業者に遭遇する可能性が低いです。疑わしいメッセージや通報が入った際は、迅速に対応し調査やアカウントの凍結を行ってくれます

メッセージが定額でし放題のアプリ

2019y02m05d_183818262

主にマッチングアプリに言えることですが、メッセージが定額でし放題の場合は、サクラは基本いないです。

サクラがいるのは、メッセージがポイント制のいわゆる出会い系アプリで、メッセージをすればするほど運営が設ける仕組みなので、サクラを雇っていることがあります。

もちろん、Tinderのような海外でも日本でも人気のアプリであれば、サービスの信頼性を損なうサクラは雇っていません。


Tinderの関連記事

もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー