マッチングアプリのメッセージのコツ|初回メッセージからLINE交換まで解説!

返事が来る文章テクニックを大公開

マッチングアプリplus編集部の小又です。

この記事は、「マッチングしたのにメッセージが来ない」「メッセージを送ったのに無視された」という方の悩みを解決する記事になっています。

実は、マッチングアプリのメッセージはとても途切れやすいものなんです…!

そこで、なぜ女性はメッセージを返してこないのか、返信が返ってくるメッセージのコツは何なのかをまとめているので、ぜひ参考にしてください!

編集部小又この記事を書いた人

小又@マッチングアプリplus編集部

サッカー・F1観戦が大好きな自称スポーツ少年。同じ趣味の彼女と出会うべく、ペアーズというアプリを知る。今では30種以上のマッチングアプリを利用。マッチングアプリは写真が9割と豪語し、モテる写真の研究に勤しむ。

初回メッセージの返信が来ない理由

656図1

「マッチングしたのになぜ返信がこない!」という経験をされた男性は多いかと思いますが、事実として女性は男性からのメッセージを返信しないことのほうが多いです。

というのも、女性は男性から多くの「いいね」を貰っているので、とりあえずマッチングしておいて、初回メッセージを見て気になった相手にだけ返信をするという女性が多いためです。

そのため、マッチングしたのに返信が返ってこない場合は、初回メッセージに原因がある場合が多いです。返信が来ない人は、相手が返しにくいメッセージやいきなりタメ口でメッセージを送っていないか確認しましょう。

編集部 小又

最初のメッセージでつまずく男性は多いです!挨拶だけのメッセージは相手も返信しにくいので気をつけましょう!

返信率が高い初回メッセージのコツ

1通目に来ると嬉しい・返信しやすい内容は?

(画像:Pairs公式HPより)

初回メッセージ例
はじめまして〇〇と言います!マッチングありがとうございます!
お酒が好きなところや旅行が趣味なところが一緒で気が合いそうだと思ったのでいいねしました!
色々お話しできればと思います!これからはなんとお呼びすればいいですか?

初回メッセージは、意中の相手との最初のコンタクトとなり、ここで好印象を与えられなければ返信が返ってこないので特に重要です。本記事でも例文を用意したので、初回メッセージに困ったら活用してください。

マッチングアプリ最大手のペアーズでは「Pairsの男性から1通目に来ると嬉しい・返信しやすい内容は?」というアンケートを2,291人の女性を対象に行なった結果を公表しており、本記事の例文もアンケート結果上位の内容を盛り込んでいます。

マッチングしてくれたお礼を言う

初回のメッセージで相手にマッチングしてくれたことに対するお礼を言うことで好印象を与えることができます。「ありがとう」と言うことで、常識人であったり誠実な人という印象を女性は受けるので、スタートダッシュを決めるためにもお礼は重要です。

中には、お礼できるのは当たり前と考える女性もいるので、もし相手が当たり前と考えていた場合、お礼を言っていないと門前払いされてしまう可能性もあります。

お互いの共通点やいいねをした理由を言う

初回メッセージでお互いの共通点に触れておくことで、相手もあなたに対して親近感を抱くことができます。また共通の話題が分かれば話のネタにもなるので、相手が返信に困ることはありません。

また「いいね」をした理由を書くことで、相手に誠意を伝えることができます。恋愛と一緒ですが、相手もなぜたくさんいる異性の中から自分を選んだのか不安なので、自分を選んでくれた理由を確認できるだけで安心できます。

最後は質問形式で締める

最後を質問で締めることで、シンプルに相手の返信に対する負担を軽減することができます。質問がないと相手もメッセージを考えなくてはならず返信率が落ちてしまいますが、質問をつけることで悩まずに返信できるので、会話が続く可能性が高いです。

また質問をすることで「自分のことを知りたいと思ってくれている」という印象を抱かれ、好感度も上がるので質問で会話を終わらせることをおすすめします。

メッセージの秘訣は相手に合わせること

メッセージの秘訣

メッセージのボリュームは相手に合わせる

自身が送るメッセージのボリュームは、相手のボリュームに合わせるようにしましょう。相手のメッセージが長文なのに対して、自分が短文で返してしまうと、「素っ気ない人だな」と思われてしまいます

また、逆も同じで、相手が短文なのに自分が長文で返すと「重たい」と思われてしまう可能性があります。しかし、相手のボリュームと同じであれば、不快に思われることはまずないでしょう。

メッセージの頻度は相手に合わせる

相手からのメッセージは、できるだけ相手の頻度に合わせて返信するようにしましょう。返すのが早いと「がっついている」と思われ、頻度が遅いと「気がない」と思われてしまうので、どちらもマイナスの印象を与えてしまいます。

また、相手から返信が来ないからといってメッセージを送り過ぎるのは逆効果です。メッセージが返ってこない事には必ず理由があるので、メッセージを連続で送ると、催促しているような印象を持たれ、相手に不快感を与えてしまいます。

話が途切れそうになったら質問を入れる

会話が終わりそうになったら質問を加え、強制的にでもメッセージが続くようにしましょう。女性は基本的に受け身で話題を提供することが少ないので、会話が途切れてしまわないようこちらから質問をしましょう。

また、相手のプロフィールを読めば分かる内容を質問するのは厳禁です。「プロフィール見れば分かるじゃん」と思われ、顔だけで「いいね」されたと捉えられてしまいます。質問をする前に、相手のプロフィールをしっかり確認するようにしましょう。

返信が来なくなるNGなメッセージ例

NGなメッセージ例

1通目のメッセージが挨拶だけ

マッチング後の1通目のメッセージは、まず挨拶をするのが定番ですよね。ですが、挨拶だけ送って相手の返信を待っていないでしょうか?最初の1通目は「挨拶+質問」でメッセージを送るようにしましょう。

挨拶だけのメッセージであれば、相手は返信に困ってしまいます。質問を混ぜることによって「質問に回答する」という理由を作り、返信文を考える負担を和らげてあげましょう。

報告や自慢ばかりしている

「今日いっぱい買い物しちゃった」「大きい仕事任されちゃってさぁ」など、会話が報告や自慢ばかりになっていないでしょうか。報告や自慢ばかりのメッセージを送られてきても相手は、ハッキリ言って「だから何?」としか思いません

メッセージは、自分語りをする場所ではなく、相手とコミュニケーションを取る場です。相手の趣味や性格に焦点を当て、相手の話をするように心がけましょう。

話題作りを相手に丸投げ

相手が質問をしてくれるからといって、つい回答だけのメッセージを返していないでしょうか。相手ばかりが話題の提供をしていると「この人自分に興味がないのかな」と思われてしまうだけでなく、相手が文章を考えるのに疲れてしまう可能性があります。

相手が質問や話題を提供してくれたらそれに答えるだけではなく、次は自分が質問するなどお互いに負担がかからないよう気を使いましょう。

下ネタやタメ口は控える

下ネタやタメ口は控えましょう。下ネタは女性に引かれることがほとんどなので、話題に出すメリットはありません

また、タメ口は、相手に不快感を与える可能性があるので、初めは敬語で話すことをおすすめします。相手がタメ口であれば、こちらも徐々にタメ口に切り替えていってもよいでしょう。

デートに誘うタイミングとコツ

デートに誘うコツとタイミング

デートという言葉を使わずスマートに誘う

ストレートに誘っても基本問題ない

参考例
・よかったらご飯行きましょう!
・明日軽くご飯でも行きませんか?
・2時間くらい時間あるのでご飯行きません?

相手をデートに誘う際は、デートという言葉を使わずに「ご飯行きましょう」とシンプルに誘うことが大切です。「デートしましょう」という誘い方では、心理的ハードルを高く感じさせてしまい、OKを貰える確率が低くなってしまいます。

また初デートは、ディナーではなくランチに誘うようにしましょう。これもディナーより心理的ハードルの低いランチに誘うことで、女性のOKをもらいやすくなり、誘いの成功率を上げることができます。

会話の流れで誘うとOKを貰いやすい

不安な人はトークの流れで誘う

デートに誘う際は、「ご飯行きましょう」と直接的に誘うのも良いですが、ストレートに誘うのが苦手であったり不安な場合は、会話の流れの中で誘うことを心がけましょう。特に誘いやすいタイミングは、食べ物や場所に関する話しをしている時です。

例えば、相手が「カフェが好き」と言えば、「カフェは落ち着けるからいいよね!良かったらどこか一緒に行かない?」というように、会話の中で自然と誘うことができます。唐突な誘いにもなりにくいので、OKを貰える確率も高くなります。

マッチング後すぐに誘うのはNG

マッチング後すぐに誘うのはNG

相手をデートに誘う場合、マッチング後すぐに誘うのはNGです。デートに誘う際は、最低でも3日ほど時間をかけて、10通以上のメッセージをやりとりしてから誘うのが良いです。メッセージが順調に続けば続くほど、デートができる確率は高くなります。

まだお互いに何も理解していない段階で誘うと、遊び目的や風俗斡旋などの業者と思われる可能性が高くなります。もちろんマッチング後すぐに仲良くなれることもありますが、少しでも相手のことを知っていたほうが、緊張や不安がなく出会えます。

デートの誘い方から告白までの流れはこちら

LINE交換のタイミングとコツ

LINE交換のコツとタイミング

1.マッチング後すぐに聞かない

LINE交換を提案するのが早すぎると、遊びや業者と思われる可能性が高くなるため、ある程度メッセージをしてから交換するのがおすすめです。

具体的には、10通ほどやり取りしてからが丁度良いタイミングで、お互いの趣味や性格がなんとなく理解できた頃なので、警戒心も薄くなっており、LINE交換ができる可能性が高いです。

2.デートの約束ができたタイミングで聞く

LINE交換は、デートの約束ができたタイミングで提案すると、高い確率で交換することができます。デートの約束ができるという事は、少なくとも相手もこちらに興味がある状態だからです。

デートを承諾してくれた心理状態的にも、OKをしやすい傾向にあるので、LINE交換をするならデートの約束をしたタイミングで聞いてみましょう。

3.交換OKなら自分が先に教える

相手はLINE交換に応じたものの、自分からIDを教える流れになってしまうと「なぜ相手は先に教えてくれないのか」「IDだけ取られて逃げられてしまうのでは」と不安になってしまいます。

LINE交換を自分が提案して、相手からOKを貰った場合は、自分が先にLINEのIDを教えるようにしましょう。すぐに送れるようにメモしておくと良いでしょう。

編集部 小又

ペアーズのメッセージは定額制なので、急いでLINE交換をする必要はありません!

LINE交換するタイミングとコツはこちら

メッセージがめんどくさい場合の対処法

メッセージが面倒

ここまでメッセージのテクニックをご紹介してきましたが、結局のところメッセージってめんどくさいですよね。そこで、メッセージがめんどくさい場合の対処法をご紹介します!

脈ナシかを早目に見極める

こちらが質問を送っても、「そうだよー」「うん」など、明らかに時間を割かずに短文の返信をしているなと感じた場合は、話題を膨らますのが面倒なので、メッセージを止めてしまいましょう

相手はこちらに興味がなく、適当な返信を送ってきている可能性が考えられるため、今後メッセージを続けても出会えない可能性が高いです。

理想の相手とマッチングを狙う

メッセージがめんどくさい場合は、自分が求める条件を満たしている理想の相手とマッチングを狙いましょう。

相手が超美人だったり自身が求める条件を満たしている相手であれば、逃すわけにはいかないと感じるので、メッセージが面倒だと思いません。

編集部 小又

基本的にメッセージはめんどくさいものなので、おくって自分の心持ちを変えて、めんどくさいと思わないようにするのも有効です!

編集部が選ぶおすすめアプリ5選

順位 アプリDL 特徴
1位 ペアーズペアーズ ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
2位 withwith ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位 OmiaiOmiai ・会員数が業界3位の400万人
・恋活から婚活まで幅広く対応
・東証一部上場企業が運営している
4位 タップルタップル ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
5位 ゼクシィ恋結恋結び ・東証一部上場企業が運営している
・位置情報で相手を探せる
・タイプの相手を探しやすい
PR
ハッピーメールハッピーメール ・会員数が出会い系最多でどこでも会える
・運営実績が19年以上で安心
・遊び目的におすすめ

編集部が選ぶおすすめアプリ1位は、ペアーズです。国内利用者数がNo.1なので、人口の少ない地方の県でも、十分出会うことが可能です。

複数のアプリを実際に利用してみることで、自分にあったマッチングアプリを探すことができます。会員登録だけであれば無料なので、実際にアプリを触ってみて自分に合うアプリを探してください。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー