Tinder(ティンダー)の使い方完全ガイド|Tinderの5つのステップ

Tinder使い方バナー

マッチングアプリplus編集部の小又です。

この記事では、「Tinderってどうやって使うの?」と疑問に思っている方のためになるよう、Tinderの使い方を解説しています。

Tinderは男女ともに無料で使える数少ないマッチングアプリで、手軽に出会いを求めたい人におすすめのアプリです。最初に行うプロフィール設定からメッセージまで一連の流れをまとめているので、ぜひ参考にしていってください!

Tinderとは

Tinderとは

完全無料で利用できるアプリ

完全無料で利用できる

Tinderは、アプリ登録からメッセージまで、完全無料で利用できるマッチングアプリです。特に男性の場合は、ほとんどのマッチングアプリが有料会員にならないとメッセージを送ることができないので、Tinderで無料の出会いを求める方も多いのではないでしょうか。

もちろん、相手にアプローチするために必要な「LIKE(いいね)」も、無料会員で12時間に120回まで送ることができるので、「LIKE」が枯渇してマッチングできないという問題もありません。

1.まずはプロフィールを作成

顔写真は絶対に載せる

Tinderを始めてまず一番最初にしなくてはならないことは、自身のプロフィール作成です。白紙のプロフィールでは相手はあなたがどんな人間なのかすら分からずマッチングは絶対にできません。相手を探す前にまずは、自身のプロフィールを完成させましょう。

写真は笑顔のものを投稿する

写真の投稿方法とコツ

Tinderは、プロフィールの項目が少なく、写真で9割決まると言っていいほど写真が重要です。写真は9枚まで投稿することができ、自身のアイコンを押した先の「情報を編集」から投稿可能です。

プロフィールに投稿する写真は、笑顔のものを利用しましょう。笑顔は相手に優しい印象をあたえるなど、好印象を持たせることができます。

ただし、笑顔であっても自撮り写真や顔を隠している写真はNGです。自撮りは自信過剰やナルシストといった印象を持たれ、よくありません。顔を隠している写真も、本当の顔を確認できず、敬遠されてしまう可能性があります。

Tinderの写真の撮り方はこちら

興味・職業は貴重なアピールポイント

職業、勤め先は必ず埋めよう

Tinderで自己紹介文以外に設定できるのが、プロフィール項目です。項目は全7種類と少ないですが、中でも興味と職業は写真の真下に表示され非常に目立つので、埋めるようにしておきましょう。

Tinderで出会うための攻略法はこちら

2.マッチングしたい相手を探す

全員にLIKEしマッチ率を高める

プロフィールの作成が終わったら、次はマッチングしたい相手を探しましょう。といってもTinderの検索は非常にシンプルで、一枚一枚表示される異性の写真をスワイプしていき選ぶだけです。

基本すべての相手にLIKEする

基本すべての相手にLIKEする

Tinderでは、基本的に表示された相手全員に「LIKE」を送るようにしましょう。よほど容姿に自身がある場合は別ですが、Tinderはマッチング率が極めて低いため「LIKE」を送る段階で厳選していては、メッセージどころかマッチングもできない可能性があります

まずは「LIKE」をとにかく送り、マッチング率を上げることに専念しましょう。メッセージをやり取りする相手を選ぶ作業は、マッチングが成立してからでも十分間に合います。

マッチングする対象の最長距離を設定する

Tinderで表示される異性の対象距離を絞ることで、マッチング率を上げることができます。表示される相手の距離を絞ることで、気軽に会うことができる距離の相手のみ表示されるようになり、距離的ハードルが解消されるので「LIKE」を押した相手からの「LIKE」も貰いやすくなります

実際に設定する距離ですが、最初は2kmがおすすめです。しばらく2kmで利用していると、段々表示される相手が少なくなってくるので、徐々に2kmずつ範囲を拡大していきましょう。最長距離の設定はマイページ内「設定」から選択可能です。

マッチングする対象の年齢を絞る

Tinderで年齢の範囲を変更すると、その範囲の年齢の相手だけが表示されるようになるので、希望の年齢の相手とのマッチング率を上げることができます

ただし、18歳-19歳などあまりにも絞りすぎた設定や、自分の年齢とかけ離れた年齢に設定すると、マッチング率を下げ逆効果となってしまうので注意しましょう。年齢は上下4歳以上の幅を持たせ、自身の年齢に見合った年齢に設定するのが効果的です。

3.マッチングしたらメッセージを送る

最初に送るメッセージのコツ

お互いに相手を「LIKE」し、無事にマッチングできたらいよいよメッセージ交換です。しかしマッチングしたからと言って油断してはいけません。メッセージの内容次第で無視されてしまうこともあるので、最初の一通はかなり重要です。

マッチングしてくれたお礼を言う

初回のメッセージで相手にマッチングしてくれたことに対するお礼を言うことで好印象を与えることができます。「ありがとう」と言うことで、常識人であったり誠実な人という印象を女性は受けるので、スタートダッシュを決めるためにもお礼は重要です。

中には、お礼できるのは当たり前と考える女性もいるので、もし相手が当たり前と考えていた場合、お礼を言っていないと門前払いされてしまう可能性もあります。

LIKEをした理由を添える

初回メッセージでは「LIKE」をした理由を書くことで、相手に誠意を伝えることができます。「顔が好みだから...」という気持ちは分かりますが、そこは「笑顔が素敵だったので!」と素敵な言葉に変換しましょう!笑

他のマッチングアプリであれば、プロフィールから相手との共通点を見つけたり、理由を探すことは簡単ですが、Tinderはほとんどプロフィールがないので、写真からできる限り情報を洗い出し、良いLIKEの理由を導き出してください。

最後は質問形式で締める

最後を質問で締めることで、シンプルに相手の返信に対する負担を軽減することができます。質問がないと相手もメッセージを考えなくてはならず返信率が落ちてしまいますが、質問をつけることで悩まずに返信できるので、会話が続く可能性が高いです。

また質問をすることで「自分のことを知りたいと思ってくれている」という印象を抱かれ、好感度も上がるので質問で会話を終わらせることをおすすめします。

Tinderのメッセージのコツの詳細はこちら

4.デートの約束をする

デートに誘うコツとタイミング

マッチング後すぐに誘うのはNG

相手をデートに誘う場合、マッチング後すぐに誘うのはNGです。まだお互いに何も理解していない段階で誘うと、遊びや業者と思われる可能性が高くなるため、ある程度メッセージをしてから誘うのがおすすめです。

具体的には、最低でも3日ほど時間をかけて、10通以上のメッセージをやりとりしてから誘うのが良いです。メッセージが順調に続けば、日を重ねるごとに、お互いに会いたいという気持ちが高くなってくるので、デートできる確率が高くなります。

ストレートに誘っても問題ない

ある程度メッセージのやりとりをし、お互いの事を理解できたら「今度ご飯行きましょう」とストレートに誘っても問題ありません。相手もメッセージをするためにwithを利用しているわけではなく、出会いを求めてwithを利用しています。

そのため、メッセージが続いているのであれば、次は"実際に会う"という流れが共通認識としてあるので、自らデートに誘ってみましょう。

トークの流れで誘うのも有効

デートに誘う際は、基本的にストレートに誘ってしまって問題ありませんが、ストレートに誘うのが苦手であったり不安な場合は、トークの流れの中で自然に誘うことを心がけましょう

デートに誘うのに一番良いタイミングは、食べ物の話をしている時です。相手が「焼き肉が好き」と言えば、焼き肉デートをする口実になります。食事の場合は、遊園地デートなどに比べると一緒にいる時間が短いため、誘われる方もハードルが低く、承諾を貰いやすいです。

Tinderのアイコンやマークの意味

緑のハートマーク【LIKE】

緑のハートマーク【LIKE】

緑のハートマークは、「LIKE」といって、気になる相手がいた際に送る意思表示です。「LIKE」を送った相手も自分に「LIKE」をしてくれると、マッチング成功でメッセージのやり取りが可能になります。

「LIKE」を送ったことは、相手にも通知が行きますが、TinderGoldに加入していないと誰からの「LIKE」か確認できないため、無料会員同士がマッチングするためには、偶然にお互いが「LIKE」をし合う必要があります。

赤いバツマーク【NOPE】

赤いバツマーク【NOPE】

赤いバツマークは、「NOPE」といい「LIKE」の反対で相手がイマイチの場合に送る意思表示です。Tinderは、「LIKE」か「NOPE」をしないと、次の相手のプロフィールを見ることが出来ないので、必ずどちらかを押す必要があります。

ただし、「NOPE」は相手に送られないので、「NOPE」を押したからといって、相手を傷つけたり、相手から報復されるようなことはありませんので安心してください。

青い星マーク【Super Like】

青い星マーク【Super Like】

青い星のマークは、「Super Like」といい、言葉の通り「LIKE」の上位互換のような存在です。「Super Like」は、相手の画面に自身のプロフィールを優先表示させることができるので、「LIKE」を押される可能性が高くなり、マッチング率が上がります。

さらに、「Super Like」は「LIKE」に比べ、無料で1日1回までしか送れず、購入するとしても1つ120円するため、希少性があり特別な「LIKE」を送っているという意思表示にもなります。

紫の雷マーク【ブースト】

紫の雷マーク【ブースト】

紫の雷マークは、「ブースト」といい、30分の間、自身のプロフィールを上位表示してくれます。不特定多数の異性に上位表示されるため、自身のプロフィールの露出度が増え「LIKE」をもらえる可能性が高くなります。

黄色い矢印マーク【リワインド】

黄色い矢印マーク【リワインド】

黄色い矢印マークは、「リワインド」といい、「LIKE」「NOPE」の結果を1つ前の相手に戻すことができます。「NOPEしたけどやっぱり気になる」「LIKEしたけどやっぱり興味ない」などやり直したい場合に有効です。

金色のハートマーク【LIKEをくれた人】

金色のハートマーク【LIKEをくれた人】

金色のハートマークは、相手が「LIKE」をくれた時に表示されます。相手がすでに「LIKE」をしているので、あとは自分が「LIKE」を押せばマッチング成立です。ただし、金色のハートマークを確認するためには、TinderGoldへの加入が必要になります。

赤い旗のマーク【マッチ解除】

赤い旗のマーク【マッチ解除】

赤い旗のマークは、メッセージ画面の右上に表示されるマークで、相手とのマッチングの解除や運営への通報を行うことができます。メッセージのやり取りを辞めたい場合や、相手が不適切な内容のメッセージを送ってきた際などに使用しましょう。

Tinderの無料会員と有料会員の違い

無料会員と有料会員の違い

無料
会員
Tinder
Plus
Tinder
Gold
12時間毎のLIKE回数 120回 無制限 無制限
メッセージ
Super Likeの無料回数 × 1日5回 1日5回
ブーストの無料回数 × 毎月1回 毎月1回
広告表示 ×
スワイプのやりなおし ×
位置情報の変更 ×
年齢・距離を隠す ×
LIKEした相手の表示 × ×
LIKEをくれた相手の表示 × ×

Tinderには、2種類の有料プラン「Tinder Plus」と「Tinder Gold」があります。無料会員との主な違いは、「LIKE」を無制限に送れるようになる事で、より多くの異性にアプローチができます

Tinder Goldでは、Tinder Plusの機能に加え、もらった「LIKE」の確認と自身が「LIKE」をした相手の確認ができます。普段「LIKE」を貰うことが多い人は、相手に対して自分が送り返すだけなので、すぐにマッチングできます。

その他にも、有料プラン共通の機能として、「Super Like」や「ブースト」など、マッチング率を上げるアイテムの無料付与や広告の非表示、スワイプのやりなおし、位置情報の変更、年齢・距離を隠す機能が追加されます。

Tinder Plusの料金

Tinder Plus

プラン Android版 iOS版 web版
1ヶ月 2,235円/月 2,200円/月 2,235円/月
6ヶ月 1,397円/月
(一括8,382円)
1,467円/月
(一括8,800円)
1,397円/月
(一括8,382円)
12ヶ月 931円/月
(一括11,176円)
983円/月
(一括11,800円)
931円/月
(一括11,176円)

※30歳以上の方は料金が2倍になります。

Tinder Plusの料金は、1ヶ月あたり508円から利用可能です。1ヶ月プランであれば、iOS版かAndroid版での支払いがお得で、それ以外のプランであれば、Androidが最も安いです。

Tinder Plusは、無料会員と違い、無制限に「LIKE」を送ることができるため、より多くの異性にアプローチをかけることができます。

ただし、Tinderは、無料でも1日240人にまで「LIKE」を送ることができるので、「240人にもLIKEを送れるなら十分」という方は、Tinder Plusへ加入する必要はありません。

Tinder Goldの料金

Tinder Gold

プラン Android版 iOS版 web版
1ヶ月
おすすめ
3,352円/月 3,400円/月 3,355円/月
6ヶ月 2,104円/月
(一括12,629円)
2,100円/月
(一括12,600円)
2,106円/月
(一括12,641円)
12ヶ月 1,397円/月
(一括16,764円)
1,400円/月
(一括16,800円)
1,397円/月
(一括16,764円)

※30歳以上の方は料金が2倍になります。

Tinder Goldの料金は、1ヶ月あたり758円から利用可能で、1ヶ月から12ヶ月のすべてのプランでAndroid版の料金が最も安いです。

Tinder Goldの主な機能は、相手から貰った「LIKE」を確認できるようになり、「LIKE」をくれた相手に自分からアプローチできます。そのため、「LIKE」を貰う機会が多い方は、Tinder Plusに比べるとよりマッチングしやすいです。

しかし、「LIKE」を貰う機会が多い方は、そもそも無料会員のままでも、マッチングする可能性が高いです。そのため、まずは無料会員で利用し、もし「マッチングしないな」と感じたら、試しに1ヶ月プランへ加入してみることをおすすめします。

Tinderの会員登録方法

Tinderの登録方法

Tinderの登録方法は電話番号登録とFacebook登録の2種類があり、電話番号での登録がおすすめです。Facebookで登録すると、Facebook上に登録している職場や学校名が表示されてしまいます。ニックネームを設定しないと、本名まで晒してしまうことになります

また、Tinderでは、マッチングした相手のFacebookの友達が表示されるようになっているため、注意が必要です。Facebook上の友達だけでなく、友達の友達まで表示されてしまうので、身バレをしてしまう可能性も非常に高いです。

電話番号での登録方法

電話番号での登録方法

電話番号での登録手順
1.電話番号で始めるを選択
2.電話番号を入力し「確認」を選択
3.SMSに送られてきた認証コードを入力
4.基本情報を入力し完了

電話番号で登録する場合、まずはじめに登録画面で電話番号を入力します。すると、入力した電話番号に6桁のログインコードが届くので、Tinderの画面に戻って入力しましょう。間違いがなければ、電話番号の登録が完了します。

Tinderからログインコードが届かない場合は、電話番号の入力が間違っている可能性があるので、入力に間違いがないかを再確認しましょう。最初からやり直すのも一つの手です。

電話番号の登録が完了すると、ニックネームや生年月日を入力しましょう。Facebookでの登録に比べると、入力項目は多いですが全て入力しましょう。プロフィールの設定画完了すると会員登録が完了します。

Facebookでの登録方法

Facebookでの登録方法

Facebookでの登録手順
1.Facebookで始めるを選択
2.Facebookにログインする
3.Tinderとの連携を許可する
4.基本情報を入力し完了

Facebookで登録する場合、「TinderがサインインのためにFacebookを使用しようとしています」と表示されるので、「続ける」を押して許可します。その後、Facebookの登録しているメールアドレスや電話番号、パスワードを入力してログインしましょう。

ログインすると、TinderがFacebookから受け取る情報が表示されるので、問題がなければOKをしてTinderの登録画面に進みましょう。登録画面でニックネームやメールアドレス、生年月日や居住地を入力し、Tinderの利用規約にチェックして「Tinderを始める」を押すと会員登録が完了します。


Tinderの関連記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー