ペアーズ(Pairs)の年齢確認のやり方|年齢確認が必要な理由や安全性について

ペアーズ年齢認証バナー2

ペアーズでメッセージの送信や閲覧をしようとした時に、"年齢確認が必要です"と表示されて「なんで年齢確認が必要なの?」「個人情報が悪用されないか不安…」といった疑問を感じませんか?

この記事では、そういった疑問を解決できるように、年齢確認が必要な理由や個人情報が悪用されない理由を分かりやすく解説しています。

読み終えればペアーズの年齢確認について分かるので、ぜひ参考にしてください。

ペアーズで年齢確認が必要な理由

法律によって年齢確認義務が定められている

年齢確認義務

マッチングアプリや出会い系アプリでは、「出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)」により、利用者が児童(18歳未満)でないことの確認を義務付けられています

ペアーズは、インターネット異性紹介事業に該当するため、運転免許証や保険証など、公的機関から発行されている身分証明証で本人確認を行っています。つまり、年齢確認がきちんとしているペアーズは、法律を遵守しています。

※海外企業が運営している「Tinder」などはその限りではありません

年齢確認をしないとメッセージができない

メッセージができない

年齢未確認 年齢確認済み
メッセージ送信 最初の1通のみ 無制限
メッセージ閲覧
メッセージ返信

ペアーズでは、年齢確認をしないとメッセージでのやりとりができず、出会うことができません。上記でも記載したように、18歳未満の児童がネット上で大人と出会ってしまわないようにしているためです。

まれに、年齢確認が必要のないマッチングアプリや出会い系アプリがありますが、それらのアプリは基本的に違法です。年齢確認がないアプリでは、18歳未満の相手と出会ってしまって、法令違反になる可能性もあるため利用しないようにしましょう。

個人情報は悪用されない?本当に大丈夫?

個人情報の悪用はされない?

年齢確認の必要性は理解できたけど、個人情報の扱いなどの安全性が気になるという方も多いと思います。結論から言うと、ペアーズに提出した個人情報が悪用されることはないので、不安に感じる必要は何もありません

ペアーズは、上場企業のグループ会社が運営しており、累計会員数が1,000万人を超えている国内最大級のマッチングアプリです。収益面でも安定しているペアーズが、個人情報を悪用するのは企業にとってリスクしかありません。

安全管理について明記されている

安全管理

ペアーズでは、個人情報の取り扱いに関して、プライバシーポリシーに事細かに記載されています。個人情報の定義から利用目的、安全管理など詳細に記載されていることから、個人情報を厳重に取り扱っていることが伺えます。

プライバシーポリシーが記載されていることは、個人情報を取り扱う上で当たり前のことですが、明文化されているかどうかは安心して使えるかどうかの基準にもなると言えます。定期的に改定されていることからも、都度見直されていることが分かります。

第三者機関からプライバシー認証を受けている

プライバシー認証

ペアーズは、個人情報の取り扱いが適切にされているという認証を第三者機関から受けています。確認をしているのは、一般社団法人プライバシー法人機構(JPAC)が提供している「TRUSTe(トラストイー)」です。

初めて聞いたという方も多いかと思いますが、国内外に多数のクライアントがいる信頼の高いサービスで、誰もが知る「Apple」や「リクルート」などの名だたる企業が利用しています。

編集部林編集部 林

年齢確認があることで、業者などの危険なユーザーから守られているんですね!むしろ、年齢確認が行われていないマッチングアプリや出会い系アプリには注意が必要です。

ペアーズの年齢確認に必要なもの

提出する証明書を選択

年齢確認に有効な公的証明書の例
運転免許証 パスポート
健康保険証 住民基本台帳カード
マイナンバーカード 障害者手帳

ペアーズで年齢確認を行う際は、上記に記載している公的証明証が必要です。他にも、学生証や社員証でも年齢確認が可能と公式ページに記載されています。自衛隊の方であれば「自衛官診療所」で年齢確認ができるなど、利用できる証明書はさまざまです。

以前は、写真や住所を塗りつぶして隠した書類でも問題ありませんでしたが、2018年7月以降は審査に通らないようになっているので注意しましょう。提出する画像が見切れていたり、不鮮明で読み取れない場合も審査対象外となり、審査NGになります。

年齢確認書類として認められないもの

年齢確認書類として認められない証明書の例
マイナンバー通知カード 年金手帳
住民票 仮免許証
日本国外で発行された証明書 有効期限切が切れている証明書

マイナンバー通知カードや年金手帳など、公的機関から発行されていても、年齢確認書類として認められないものがいくつかあります。そのため、年齢確認を行う際は、運転免許証や保険証などを送ると間違いがありません。

以前は、クレジットカードでの年齢確認も可能でしたが、2019年3月現在は不可になっています。自身が持っている年齢確認書類が利用できるかどうか不明な場合は、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

ペアーズの年齢確認の方法

年齢確認のやり方

年齢確認のやり方
1.アプリ画面右下の「その他」を選択
2.「メッセージを楽しもう」を選択
3.提出する証明書を選択
4.「証明書を撮影する」を選択
5.生年月日を入力して「送信する」を選択

ペアーズの年齢確認は上記の方法で行うことができます。男性の場合、有料会員登録をしているかしていないかで、記載されている文言が少し異なります。ただし、基本的な操作に変わりはありません。

1.アプリ画面右下の「その他」を選択

アプリ画面右下のその他を選択

アプリ画面右下のその他をタップします。

2.「メッセージを楽しもう」を選択

年齢確認をしてメッセージを楽しもう

年齢確認をしてメッセージを楽しもうをタップします。

3.提出する証明書を選択

提出する証明書を選択

年齢確認としてペアーズ運営に提出する証明書をタップします。選択した証明書と運営に提出した画像が違うと、年齢確認ができないため、間違えないように注意しましょう。

4.「証明書を撮影する」を選択

証明書を撮影するを選択

証明書を撮影するを選択して、カメラで証明書を撮影するか、ライブラリにある写真を選択します。

5.生年月日を入力して「送信する」を選択

生年月日を入力して送信するを選択

提出する証明書に記載されている生年月日と入力して、送信をすることで、ペアーズ運営が年齢確認の審査を開始します。審査が無事完了すると、年齢確認済みとなり、メッセージのやりとりが行えるようになります。

年齢確認ができない理由と対処法

年齢確認ができない理由と対処法

確認書類と登録情報が一致しないと審査NG

ペアーズでは、提出した年齢確認書類と登録情報が一致しない場合は、審査に通りません。登録している年齢や生年月日などの登録情報に間違いがある場合は、運営に詳細を伝えて修正してもらいましょう。

また、ペアーズへの登録をFacebook連動で行った場合は、Facebookの登録情報と差異がないかどうかも確認されます。もし審査NGになった場合は、電話番号認証でアカウントを再登録しましょう。

▶ペアーズのお問い合わせはこちら(公式)

年齢確認書類の一部が見えないと審査NG

ペアーズの年齢確認は、提出した年齢確認書類の写真が見切れていたり、一部を塗りつぶしたりスタンプなどで隠していると、審査に通りません

運営にそのまま年齢確認書類を送ると、「情報漏洩が不安…」と思うかもしれませんが、ペアーズは第三者機関から個人情報の取扱いの認証も受けているので、そのまま年齢確認書類を提出して問題ありません。

過去に強制退会させられた場合は再登録不可

過去に強制退会させられたことのある人は、ペアーズへの再登録ができません。Facebookアカウントや電話番号を変更すれば、新規での会員登録はできますが、年齢確認の審査で必ずNGになります。

ペアーズでは、年齢確認を済まさないとメッセージ機能が使えないため、出会うことができません。強制退会させられるようなことをしないのはもちろんですが、もし強制退会させられた場合は、ペアーズの利用は諦めましょう。

マッチングアプリおすすめランキングはこちら

ペアーズの年齢確認が完了するまでの時間

年齢確認が完了するまでの時間

ペアーズで年齢確認が完了するまでの時間は、約10分~1時間ほどです。ただし、深夜帯など、年齢確認書類を提出する時間によっては、承認されるのが翌日になるケースもあるようです。

ペアーズの年齢確認は、全て専属スタッフによる目視確認で行われているため、遅れてしまうこともあります。時間がかかっているからといって、何か問題が起きている訳ではないので、焦らずに待ちましょう。

編集部林編集部 林

出来るだけ早く認証してほしい気持ちはありますが、提出した後すぐに認証されると「本当に確認してるの?」って思いますよね。きちんと確認しているからこそ、時間が多少かかるのでしょう。


書き込み

最新を表示する
閉じる