【保存版】Omiaiでモテるプロフィールの作り方【男女別解説】

【男女別解説】Omiaiでモテるプロフィールの書き方【例文付き】

マッチングアプリplus編集部の小又です。

Omiaiを利用していると「プロフィールに何を書けばいいか分からない!」「モテるプロフィールの書き方が知りたい!」という悩みが出てくることありますよね。

プロフィールの作成はOmiaiで出会うために最も重要です!プロフィールはマッチング前に相手があなたの事を知れる唯一の情報なので、しっかりと書く必要があるようです。

今回は、モテるプロフィールの作り方を詳細内容、自己紹介文、プロフィール写真に分けて紹介しているので、同じような悩みを持っている方は参考にしてみてくださいね!

編集部小又この記事を書いた人

小又@マッチングアプリplus編集部

サッカー・F1観戦が大好きな自称スポーツ少年。同じ趣味の彼女と出会うべく、ペアーズというアプリを知る。今では30種以上のマッチングアプリを利用。マッチングアプリは写真が9割と豪語し、モテる写真の研究に勤しむ。

Omiaiで出会うためにはプロフィールが重要

Omiaiで出会うためにはプロフィールが重要

Omiaiでは、実際に会うまでに4つのプロセスがあり、プロフィールの閲覧は最初に行われます。プロフィールで興味を持ってもらえないと、マッチングもできないので、プロフィール作成はOmiaiを使う上で最も注力すべきポイントです。

また、プロフィールは、マッチングをした後も何度も見られます。Omiaiでは複数人の異性と同時にやりとりをすることが多いため、少し時間が空くと、どんな相手とやりとりをしていたか分からなくなってしまうことがよくあります。

プロフィールを見返した時に、内容が薄ければ「なんでこの人とマッチングしたんだろう」と思われてしまう可能性が高くなり、メッセージが返ってこない可能性が高くなります。そのため、Omiaiで出会うためにプロフィールが重要です。

プロフィールで意識すべき3つの要素

プロフィールで意識すべき3つの要素

プロフィールは3つの要素で構成されています。それぞれの要素の重要性とその理由を記載しています。

詳細プロフィール

詳細プロフィールは、選択式なのでプロフィール写真や自己紹介文に比べて簡単に作成することができます。身長や体型、年収などを正直に記載したくないという方も多いと思いますが、Omiaiで出会うためには空欄は極力減らす必要があります

例えば、身長や年収が低いことを自分がコンプレックスに思っていても、相手にとっては特に気にならない場合が多いです。むしろ、空白にしている方が「何か隠しているのかな」と思われてしまう可能性があり、印象が良くありません。

自己紹介文

Omiaiの自己紹介文は、あまり尖った内容にせず、社交的な印象を感じさせる無難な内容にしましょう。自分の趣味を全面に押し出した内容にすると、その趣味に興味を持っている相手以外は、全く惹かれない内容になってしまいます。

また、ギャンブルやフィギュア、アイドル好きといった趣味は、男女共に良い印象を持たれづらいです。共通の趣味を持った相手が欲しいというわけでなければ、スポーツやカフェ巡りなど社交的に見える趣味を記載しておきましょう。

プロフィール写真

プロフィールで最も注力すべきは写真です。Omiaiでマッチング相手を探す際は異性が一覧表示されますが、プロフィール写真の表示が大半を占めており、プロフィール写真で興味を持ってもらえないと、自己紹介文やプロフィール詳細を見てもらえません

そのため、プロフィール写真には特に気を使いましょう。プロフィール写真は、1枚だけではなく複数枚載せることでマッチング率が高くなります。また、顔と体型が分かる写真を載せることで自分がどんな人物かが相手に伝わりやすくなります。

【男女別】詳細プロフィールの入力例

詳細プロフィールの入力例

男性の項目別の入力例

入力項目 対策方法
身長 実際の身長よりも2~3cm高く記載
体型 実際の体型よりも1段階細く記載
年収 300万以下の場合「300万以上~」で記載
出会うまでの希望 「登録しない」にしておく
初回デート費用 「自分が全て払う」にしておく

男性は、詳細プロフィールでは実際よりも少しだけ盛って記載することをおすすめします。ただし、あまりにも事実と差がありすぎると、嘘をついていると不信感を持たれる原因にもなってしまうので、上記に記載している範囲で記載しましょう。

出会うまでの希望は、早く会いたいかメールを重ねてからかの2択しかなく両極端なので「登録しない」にしておきましょう。早く会いたいアピールは業者感が出てしまいますし、メールを重ねからは、相手に堅い印象を与えてしまいます。

また、初回デート費用は、「男性が全て払う」にしましょう。「男性が多めに払う」でも問題ありませんが、前者に比べて出会える確率は少し低くなります。女性は、男性の年収を気にするので、金銭的に余裕がある男性の方が魅力的です。

編集部 小又

実際にあった時に嘘がバレたくないからと真実だけ書いても、会えなかったら意味ないですよね。正直年収とか結婚でもしなければバレないので多少は盛っても全然平気ですよ!

女性の項目別の入力例

入力項目 対策方法
身長 170cm以上の場合は2~3cm低く記載
体型 実際の体型よりも1段階細く記載
年収 500万以上の場合「~500万未満」で記載
出会うまでの希望 「登録しない」にしておく
初回デート費用 「相手と相談して決める」にしておく

女性は、詳細プロフィールでは事実をそのまま書きましょう。ただし、高身長や高年収の方は実際よりも少し低く書いたほうが、出会える確率が高くなります。自分よりも高スペックの女性に対しては、気が引けてしまう男性が多いためです。

出会うまでの希望は、早く会いたいかメールを重ねてからかの2択しかなく両極端なので「登録しない」にしておきましょう。早く会いたいアピールは業者感が出てしまいますし、メールを重ねからは、相手に堅い印象を与えてしまいます。

初回デート費用は、「相手と相談して決める」にしましょう。奢ってもらう気満々の女性は敬遠されて、出会える可能性が低いためです。相談して決めるにしておけば大抵の場合は、男性が支払ってくれますし、相手に与える印象も良いです。

【男女共通】キーワードで趣味を登録しよう

自己紹介文に必ず書くべき項目は「趣味」

Omiaiのプロフィールでは自身の趣味をキーワードとして登録することができます。キーワード登録することで自身の趣味がタグ化され、相手があなたの趣味を認識しやすくなります

相手のプロフィールを見る時に男女が気になる事は、自分と気が合うかどうかなので、気が合う指標になる趣味は相手が一番気になる項目でもあります。そのため趣味を認識しやすくなるキーワードは必ず登録しましょう。

好印象なキーワード

キーワード
スポーツ アウトドア
ジム ファッション
読書 食べ歩き
お酒 映画鑑賞

基本的にスポーツや食べ歩きなどアウトドアな印象のキーワードは好印象です。読書やお酒、映画鑑賞といった趣味は当てはまる人が多く、共通の趣味になりやすいので、親近感を覚えてもらいやすくおすすめです。

【男女共通】自己紹介文の書き方とコツ

【男女共通】自己紹介文の書き方とコツ

自己紹介文は無難な内容にする

自己紹介のテンプレ例文
はじめまして。プロフィールを見ていただきありがとうございます!
〇〇で〇〇の仕事をしています。職場で出会いがないので登録してみました。
趣味は〇〇で、休日は〇〇をしていることが多いです。
自分は〇〇な性格なので、〇〇な方と出会えれば嬉しいです。
まずは色々お話してみたいので、よろしくお願いします!

自己紹介文は、普段は何をしているかやアプリを始めた理由、趣味や興味のあること、休日は何をしているか、自分の性格などの無難な内容で200字程度がおすすめです。自己紹介文は、長すぎると読んでもらえず、重い人と思われる原因になるので気を付けましょう

適度に顔文字や絵文字を使うことで親しみやすさを出したり、デートで行きたいところなどを書くのもおすすめです。自己紹介文は、メッセージをやりとりする仲でも定期的に見られる部分なので、読めば自分のことが分かるようにしておきましょう。

仕事をしていることを書く

自己紹介文には、どんな仕事をしているかを記載しましょう。Omiaiでメッセージをする際には、必ずと言っていいほど「普段は何してるの?」という話しになります。仕事について記載しておくことで、話をスムーズに進めることができます。

また、仕事について記載しておけば、「職場で出会いがないから登録した」というストーリーを作ることもできます。仕事について長々と記載する必要はありませんが、1,2行ほどは仕事について触れておきましょう。

長めの文面で真面目な印象を与える

Omiaiを真面目に使っている印象を与えるために、なるべく自己紹介文は長めにしましょう。自己紹介文が10行以上記載されているだけでも、「しっかり文面が作ってあるから真面目に利用してそう」という印象が与えられます

自己紹介文が短すぎると、真面目に使っていないと思われてしまい「メッセージが続かなさそう…」や「出会う気なさそう…」といった印象を与えてしまい、出会える確率が低くなってしまいます。

社交的な印象がする内容を記載する

自己紹介文には、社交的な印象を受ける内容を記載しましょう。「休日は友達と○○や○○に行って過ごしています」や「スポーツを楽しんでます」といった内容がおすすめです。

全く社交的でない人も、出会った際にバレない程度に「休日はフラッと買い物に行くこともあります」や「居酒屋で同僚と飲んだりしています」など社交的な印象を感じさせる内容の記載にしておきましょう。

ネガティブな内容は記載しない

自己紹介文にネガティブな内容は、記載しないようにしましょう。どのような書き方をしても、ネガティブな言葉は悪いイメージで受け取られがちです。例えば、「使い方がよくわからない」と記載すると、頭が悪い印象を与えてしまいます。

自己紹介文はあくまでも自分をアピールする場なので、ネガティブな内容ではなく自分がどんな人なのかが分かる内容を記載しましょう。ネガティブな内容ばかり書いている人に、自分の時間を割いてまで出会いたい人はいません。

いいねがくる自己紹介文の書き方の詳細記事はこちら

【男女別】モテるプロフィール写真のコツ

モテるプロフィール写真のコツ

男性がモテやすい写真の4つのコツ

写真の4つのコツ
1.笑顔の写真を載せる
2.全身が写っている写真を載せる
3.自身が写っていて趣味が分かる写真
4.自撮りやSNOWは女性ウケが悪いので載せない

女性ウケが最も良い写真は、「笑顔の写真」です。笑顔の写真は相手に好印象を与えられるので、1枚目に載せましょう。2枚目以降のサブ写真には「全身が写っている写真」や「自身の趣味が分かる写真」を載せましょう。

全身が写っている写真では、自分の体型や雰囲気を相手に伝えやすいです。服装は、清潔感のある私服かスーツ姿をおすすめします。趣味が分かる写真では、自分がどういう人物なのかを相手に伝えやすく、特に趣味の合う相手には好印象を与えられます。

写真を掲載する際は、自撮りやSNOWの写真は女性ウケが悪いので載せないようにしましょう。どうしても自撮り以外の写真が用意できない方は、自撮り棒などを使って"自撮り感"が出ないように写真を撮りましょう。

編集部 小又

女性のOmiaiユーザーに男性のプロフィールを見せてもらいましたが、真顔で自撮りをしている人がちらほら..。女性に怖い印象しか与えないので止めましょう!

女性がモテやすい写真の4つのコツ

写真の4つのコツ
1.顔がはっきり分かる写真を載せる
2.おしゃれな服装で全身が写っている写真
3.露出度が高い写真を載せる
4.写真は加工感が出ない程度に修正する

女性に比べて、男性は外見を重視している方が多いので、1枚目の写真には「顔がはっきり分かる写真」を載せましょう。2枚目以降のサブ写真には「おしゃれな服装で全身が写っている写真」や「露出度が高い写真」を載せましょう。

おしゃれな服装で全身が写っている写真では、自分の体型や雰囲気を相手に伝えやすいです。ただし、全身が写っている写真でも部屋着といった生活感を感じさせてしまうものは、良い印象を持たない男性もいるので、あまりおすすめしません。

露出度が高い写真を載せることで「いいね」を貰える数が増え、出会える確率が高くなります。ただし、体目的の男性からの「いいね」も増えてしまうので、マッチング後のメッセージで見極めるようにしましょう。

Omiaiに載せる写真の撮り方の詳細記事はこちら

自身のプロフィールを非公開にする方法

自身のプロフィールを非公開にする方法

Omiaiにはプロフィールの公開範囲を選択できる機能があり、知り合いにバレるリスクを減らすことができます

「すべての会員への公開」を非公開に選択すれば、自分がいいねした相手にしかプロフィールが表示されなくなります。しかし、検索や足跡への露出がなくなり、自分から「いいね」した相手としかマッチングできないデメリットもあります。

また、自分が「いいね」をしてしまったユーザーが知り合いだった場合は防ぎようがありません。「もしかしたら知り合いかも?」と思われるプロフィールにはいいねをしないようにしましょう。

編集部が選ぶおすすめアプリ5選

順位 アプリDL 特徴
1位 ペアーズペアーズ ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
2位 withwith ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位 OmiaiOmiai ・会員数が業界3位の400万人
・恋活から婚活まで幅広く対応
・東証一部上場企業が運営している
4位 タップルタップル ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
5位 ゼクシィ恋結恋結び ・東証一部上場企業が運営している
・位置情報で相手を探せる
・タイプの相手を探しやすい
PR
ハッピーメールハッピーメール ・会員数が出会い系最多でどこでも会える
・運営実績が19年以上で安心
・遊び目的におすすめ

編集部が選ぶおすすめアプリ1位は、ペアーズです。国内利用者数がNo.1なので、人口の少ない地方の県でも、十分出会うことが可能です。

複数のアプリを実際に利用してみることで、自分にあったマッチングアプリを探すことができます。会員登録だけであれば無料なので、実際にアプリを触ってみて自分に合うアプリを探してください。


Omiaiの関連記事

もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー