【LINEのマッチングアプリ】HOP(ホップ)の評判や口コミは?実際に使って評価!

HOP

「HOP(ホップ)の評判や口コミはどう?」

「HOPで出会える?」

「LINEとどう関係するの?」

2020年8月18日にマッチングアプリ「HOP」がリリースされ、あのLINEと連携するマッチングアプリと言うことで期待が高まっていますが、評判や口コミがどうなのか気になりますよね。

結論から言うと、HOPは身バレさえ気にしないのなら、友達や恋人を探しやすいおすすめのアプリです!

この記事では、ユーザーの評判や口コミ、筆者の実体験を元にHOPを徹底評価しています。使い方や安全性、身バレしやすいのかについても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ目的別アプリ
HOPHOP【恋活向け】
地域限定リリース!LINE友だちつながりで相手を探せる

withwith【恋活向け】
身バレ防止機能が無料!性格の相性で探したい方に

ゼクシィ縁結びゼクシィ縁結び【婚活向け】
ゼクシィ公式の婚活向けアプリ!サポート機能が多く婚活しやすい!

HOPとは【LINE連携マッチングアプリ】

HOP

配信日 8/18先行版スタート
会員属性 恋活・婚活
料金 無料(2020年9月現在)
▼HOPの料金について
特徴 ・LINE上の友だち繋がりで探せる
・同じ趣味や価値観で探せる
運営会社 HOP株式会社

HOPは株式会社DiverseとLINE株式会社の共同出資により設立された「HOP株式会社」が運営する恋活・婚活向けのマッチングアプリです。

HOPの最大の特徴は、LINE上の友達と繋がりのある異性を探せる点です。従来のマッチングアプリのように素性の知らない相手ではなく、友達の繋がりがあるため安心して出会うことができます。

2020年8月18日に先行版がリリースされ、東京・神奈川・埼玉・千葉の4県でのみ利用が可能になりました。

編集部 石井編集部 石井

LINEの友だちを使った斬新なマッチングで、今までにない出会いができる可能性が高いです!

HOPの公式サイトはこちら

結論:身バレが気にならない方にはおすすめ

HOP総合評価
※総合評価は口コミ、データ、体験談をもとに算出

出会いやすさ★★★☆☆
LINE友だちの繋がりや趣味で相手を探せるなど、共通の話題が作りやすいので、出会いに繋がりやすいです。
会員数★☆☆☆☆
まだ地域限定のリリースなため、会員数は少ないです。ただ、ネット上でも話題になっており、今後増えていくでしょう。
安全性★★★★☆
LINEや上場企業のグループ会社が運営に関わっていることに加え、本人認証が義務付けられているため、安全性が高いです。ただし、身バレはしやすいため注意が必要です。
料金の安さ★★★★★
2020年9月現在は完全無料で使えるため、今の内に使っておくと非常にお得です。
使いやすさ★★★☆☆
シンプルな設計で使い方に迷いにくく、アプリ初心者にも使いやすいです。ただ、プロフィールに設定できる項目が少なく、条件で相手を探したい方には不向きです。
こんな人におすすめ
・身バレを気にしない人
・身近な相手と出会いたい人
こんな人にはおすすめしない
・年収など細かい条件で探したい人
・地方に住んでいる人
編集部 石井編集部 石井

無料で使える上に、相手との共通点も見つけやすく、出会うことに関しては優秀なアプリです。ただ、身バレしやすい点や居住地など条件で相手を探せない点はマイナスです。

身バレが気になる方はwithを使おう

HOPはLINEの友だち繋がりで探すシステム上、身バレしやすいアプリです。身バレが気になる方には、身バレ防止機能が無料で使えるwithをおすすめします。

withはメンタリストDaiGo監修の性格診断があり、心理学を基に相性の良い相手をピックアップしてくれる、内面重視型の恋活アプリです。

運営は上場企業である株式会社イグニスが行っており、社会的信用のある会社のアプリで安全性が高く、安心して利用できます。

条件で相手を探したい方はゼクシィ縁結びを使おう

現状HOPはプロフィールに設定できる項目が少なく、また居住地や年収などの条件で相手を検索することもできません。条件を絞って相手を探したい方には、婚活アプリであるゼクシィ縁結びをおすすめします。

ゼクシィ縁結びは「ゼクシィ」を運営する、株式会社リクルートが手掛ける婚活向けアプリです。身長や年収などだけでなく、恋愛観、結婚後のイメージなど36項目の条件で相手を探せます。

また、自身にピッタリの相手を自動で探してくれる「価値観診断」や、デートの日程調整や場所を提案してくれる「お見合いコンシェルジュ」など、初心者を意識したサポート体制も充実しています。

HOPの評判や口コミは?

HOPの評判は「友だちの繋がりで探せるから安心」というものが多かったです。また、リリースから1日で出会う約束を取り付けた方もいて、出会いやすいアプリである事がわかります。

まだリリースから日が浅いため会員数は少ないですが、ネット上でもLINEのマッチングアプリとして話題になっているため、すぐに会員が増えると予想されます。

実際にHOPを使ってみた【体験談】

地域限定リリースだが登録者は多い

HOP 検索

先行版がリリースされた当日に早速使ってみましたが、女性会員はすでに数十人いました。やはり、LINEのマッチングアプリとして、注目度が高かったのでしょう。

さらに、リリース翌日に女性会員を見てみると、前日の倍以上の会員が新規登録していました。この勢いで会員が増えれば、先行版でも充分に出会えます。

初日に会う約束をすることに成功

HOP メッセージ

まずは、LINE友だちの繋がりから相手を探して「いいね」を送りました。HOPではマッチングせずとも直接メッセージを送れるのですが、まだ初日ということもあり、「いいね」から始めました。

1時間ほどで相手から「いいね」が返ってきて、好きなお酒のことで話が盛り上がり、会う約束をすることができました

結論:先行版でも充分出会える

メッセージを送った数 30人
返信があった数 14人
会う約束ができた数 1人

1日ほど使ってみた結果、14人とメッセージのやり取りができ、その内の1人と会う約束ができました。現状のユーザーは先行版をいち早く使うほど出会いに熱意があるため、出会いに積極的な方が多いのでしょう。

また、LINE友だちの繋がりで探せる機能が「共通の友だちは誰だろう」など、話のきっかけにしやすく、話題に困ることが少なかったです。

HOPはマッチングアプリの中でも出会いやすいアプリだと言えるので、会員数がまだ少なく、同性のライバルがあまりいない内に使っておくことをおすすめします。

HOPの公式サイトはこちら

HOPの安全性が高い2つの理由

HOP安全性

24時間365日サポート

HOPは24時間365日の有人サポート体制が整っており、トラブルがあった時にすぐ対応できるため、安全に利用できます

例えば、マッチングアプリには付き物である業者に遭遇した時も、運営に通報すれば迅速に対処してもらえます。

用語解説

業者
出会い目的ではなく、金銭や個人情報を騙し取る目的でアプリを利用しているユーザーのことです

年齢確認・本人確認がある

HOPは年齢確認を徹底するため、安全性は高いです。もし年齢確認がされていないと、知らずに未成年と出会い、犯罪になってしまう恐れがあります。

また、その場で撮った自撮り写真とプロフィール写真を比較して本人確認をする機能もあります。マッチングアプリにいる業者は、ほとんど他人の写真を使ったなりすましなため、HOPに業者がいる可能性は低いです。

HOPにサクラはいないが業者に注意

サクラと業者の説明

現状無料で使えるためサクラで稼げない

サクラは、ユーザーに出会えると勘違いさせて、課金させるために使います。HOPは2020年9月現在、完全無料でメッセージができるので、課金させて稼ぐことができません

課金させられない以上、サクラを雇うと人件費がかかるだけでメリットがほぼ無いため、HOP運営がサクラを使う理由がありません。

サクラを使うメリットよりもデメリットのほうが大きい

HOPの運営は、一部上場企業のグルーブ会社である株式会社Diverseと、LINEが共同出資して作った会社によって行われています。

仮にHOPでサクラを使っていたとして、それが露見した場合、HOPだけでなく出資者の2企業の信用も地に落ちます。大企業が、大きなリスクを負ってまでサクラを使うメリットは薄いため、HOPにサクラはいないと考えられます。

業者はいる可能性がある

HOPにサクラはいませんが、業者と呼ばれる悪質ユーザーには注意が必要です。業者は一般ユーザーから金銭や個人情報を騙し取る目的でアプリを利用している、運営とは関係ない第三者のことを指します

ただ、業者は芸能人など他人の写真を使ってなりすましをしている場合が多いため、自撮り写真による本人確認が義務付けられているHOPには、ほぼいないと言っていいでしょう。

しかし、写真の本人が活動するマルチ勧誘業者やぼったくりバーへ誘導する業者はいる可能性があるため、「初対面は明るい時間に」「密室など逃げ場がない場所にはいかない」といった自衛策は必要です。

HOPは身バレしやすい

LINE上の友達繋がりで探すため知り合いを見つけやすい

HOP身バレ

HOPにはLINE上で共通の友だちがいる相手を表示する機能があるため、例えば共通の友だちがいる異性の友人など、リアルの友人にアカウントが発見される可能性は高いです。

ただ、HOPを使っていない友だちに、HOPを使っていることがバレることは無いので、極端に怖がる必要は無いでしょう。

また、HOPで繋がりたくない相手はブロックできるので、身バレが気になる方は先にブロックしておけば、身バレする可能性を下げられます。

編集部 石井編集部 石井

HOPのシステム上、ある程度の身バレは覚悟しておいたほうが良さそうです。

身バレ防止機能がない

マッチングアプリには身バレを防止するために、異性からの検索に表示されなくなる機能があるアプリもありますが、HOPに身バレ防止機能はありません

知り合いがいたら先にブロックしてしまえばプロフィールを見られることはありませんが、知らない内に見られている可能性もあります。

「使っていることを周りに絶対知られたくない!」という方は、HOPを使わないほうが良いでしょう。

HOPの料金は現状無料

HOP メッセージ

HOPは先行版ということもあってか、2020年9月現在は完全無料で利用できます。通常のマッチングアプリでは、男性がメッセージを送る際に料金がかかるので、今の内に始めるとお得です。

HOPの使い方・登録方法【攻略法】

STEP1:LINE認証で登録する

HOP 登録

HOPの登録方法
1.LINEと連携する
2.自分の性別とマッチングしたい性別を選択
3.興味のあるハッシュタグをフォロー

HOPに登録するには、まずLINEとの連携を認証します。LINEの友達データを参照するため、LINEとの連携は必須です。

連携後は自分の性別とマッチングしたい相手の性別を選び、自分の興味があるハッシュタグをフォローすれば、登録が完了します。

HOPの公式サイトはこちら

STEP2:プロフィールを登録する

HOP プロフィール

まずはプロフィールを作成します。プロフィールは相手に興味を持ってもらい、マッチング率を高めるために重要なので、全て埋めましょう。

自己紹介文は、自分のことをできるだけ詳細に記載します。ただ、あまりに長文でも読まれないため、200~300文字以内がベストです。

プロフィール写真で好ましいのは、笑顔で他撮りの写真です。また、写真は3枚以上載せるのが望ましいです。より自分の雰囲気を伝えるためにも、旅行時や趣味に没頭している時の写真だとベストです。

STEP3:相手を検索する

HOP 検索

プロフィールが整ったら、相手を探しに行きます。探し方は「LINE友だちの繋がりで探す」「ユーザー一覧から探す」「ハッシュタグから探す」の3種類です。

身近な繋がりから探したい場合はLINE友だちの繋がりで探し、同じ趣味の相手を探したい場合はハッシュタグから探しましょう。

STEP4:メッセージを送る

HOP プロフィール

好みの相手が見つかったら、メッセージを送りましょう。HOPでは、相手のプロフィールの吹き出しマークから直接メッセージを送れるため、マッチングを待つ必要がありません。

メッセージは、質問形式になるように文章を締めると、返信をしてもらえる確率が上昇します。相手は、質問に対して答えるだけでよくなり、返信に対する負荷が減るためです。

相手からのメッセージは、できるだけ相手の頻度に合わせて返信するようにしましょう。返すのが早いと「がっついている」と思われ、逆に遅いと「気がない」と思われてしまい、どちらもマイナスの印象を与えてしまいます。

まとめ:出会いやすいが身バレもしやすい

HOP

HOPは、LINE友だち繋がりで相手を探せるなど、他にはない機能を持っています。また、私が実際に使ったときも、1日で会う約束ができたので、出会いやすいアプリだと言えます

ただし、LINE友だちの友だちが表示される以上、知人や友人が使っていることが非常にわかりやすく、身バレしやすいです。

身バレが気になる方は、身バレ防止機能が無料で使えるOmiaiwithを使うことをおすすめします。


閉じる