ユーブライドで写真を公開するべきたった2つの理由|見せたくない場合の対処法も記載

ユーブライドで写真を公開するべきたった2つの理由

マッチングアプリplus編集部の小又です。

ユーブライドではプロフィールを作成する際に写真も掲載しますが「載せなきゃダメなの?」「ネットに写真を載せるのは...」と思っている方は多いのではないのでしょうか?

不特定多数の人に自分の顔写真を公開する抵抗感は理解できますが、マッチングアプリを使うのであれば公開する勇気も大切です。

今回はそんな写真を公開するべきたった2つの理由をお教えします!写真を公開したくな場合の対処法といいねを貰いやすい写真のコツも掲載しているので、最後まで見ていってください!

ユーブライドで写真を公開するべき2つの理由

ユーブライドで顔写真は載せなきゃダメ?

顔写真がないとそもそも興味を持たれない

ユーブライドでマッチングしたい相手を探す時って、まず上記の画像のようなプロフィールが表示されますよね。考えて欲しいのですが、皆さんは年齢や移住地、職業だけで相手に興味を持ちますでしょうか?

「私は内面重視だから!」という方でも、相手の趣味や性格、ライフスタイルが分かって初めて相手に興味を持つと思います。しかし、詳細なプロフィールを見てもらうためには画像のような簡素なプロフィールでまず興味を持ってもらう必要があります

つまり、結局は写真に好感をもってもらわないとプロフィールすら見てもらえないということです。写真がないというのは、情報がほぼないと一緒なので相手の目に止まらず高確率でスルーされてしまいます。

後々お断りされるのが1番辛い

写真を公開しないままどうにかメッセージまでたどり着いたとして、出会いが目的である以上最終的には相手に顔を晒すことになります。しかし、顔を見せた途端お断りされるパターンは少なくなく、ここで振られるのが1番辛いです。

メッセージが順調だったのに顔を見せた途端にお断りされれば「私がブサイクだから...」と自身も無くしてしまいかねないですよね。。何より相手のため浪費した時間のことを考えると辛いです。

顔写真はある意味フィルターにもなります。自身の顔に興味がない相手を最初からブロックする事ができるので、後々辛い目に合わないためにも、顔写真は公開したほうが良いです。

編集部 小又

女性の方で、写真がなくてもいいねが来た経験のある方はいるかも知れません。しかし、あれは男性がマッチング率を上げるために無造作にいいねしているだけなので、勘違いしないでください!

それでも写真を載せるのに抵抗がある場合

少し下を向いた写真にする

少し下を向いた写真にする

「いや顔写真載せてるやんけ~!」というツッコミはさておき、下を向いている写真は本人を特定しずらいので、ネットに写真を載せたくない人にもおすすめです。

逆に下を向いた写真を見た側は、頭の中で顔のイメージが湧いてくるので、下向きの写真でも意外と効果はあります。ただし、ハッキリ顔が分かる写真に越したことはないので、どうしてもという場合のみが好ましいです。

公開条件を設定する

公開条件を設定する

顔写真を見せる相手を限定することで不特定多数の人に写真を公開するのを防ぐこともできます。本人確認済みや有料会員のみの方への公開であれば、相手も真剣にユーブライドで活動している人なので、抵抗は少なくなるのではないでしょうか。

また非公開に設定すれば、自分が「いいね」した相手にのみ写真が公開されます。しかし、プロフィール事態検索に表示されなくなり、相手からの「いいね」は一切来なくなるので注意しましょう。

編集部 小又

いかがでしたでしょうか?もしここまで読まれて「やっぱり写真を公開しよう」と決心できたのであれば、次の写真のコツも参考にしていってください!

男性がいいねを貰いやすい写真の4つのコツ

  • 1.上半身や下半身まで写っている写真を載せる
  • 2.笑顔の写真を載せる
  • 3.自身が写っていて趣味が分かる写真
  • 4.自撮りやSNOWは女性ウケが悪いので載せない

1.上半身や下半身まで写っている写真を載せる

上半身や下半身が写っている写真

ユーブライドのメイン写真には、上半身や下半身まで写っている写真を載せましょう。載せる範囲を広げると体型なども一度に伝わり、よりオープンな印象を与えます

服装は、おしゃれ目の私服かスーツ姿だと清潔感をアピールでき、女性からのウケがいいです。もちろん、顔が分かるように離れすぎていない写真にしましょう。

男性の場合は、顔しか映っていない写真を載せると相手にナルシストな印象を与えてしまいがちで、最低でも服装が分かる範囲の写真をメイン写真にするのが理想です。

2.笑顔の写真を載せる

笑顔の写真を載せる

笑顔の写真を載せることで相手に良い印象を与えやすくなります。好印象を与えることができれば、マッチングだけでなく、連絡先の交換や出会う約束も取り付けやすくなります。

真顔の写真だと、無愛想な印象を与えてしまいがちです。また、キメ顔もナルシストな印象を与えてしまうのでやめましょう。

3.自身が写っていて趣味が分かる写真

自身が写っていて趣味が分かる写真

自身が写っていて趣味が分かる写真は、共感を得やすく女性ウケが良いです。メイン写真で使う場合、スポーツなどで顔がしっかり写っている楽しい写真は印象が良くなります。

ユーブライドは趣味の写真はメイン写真に承認されにくいため、2枚目に表示されるサブ写真に設定しましょう。

4.自撮りやSNOWは女性ウケが悪いので載せない

自撮り写真

自撮りやSNOWの写真は、ナルシストな印象や痛い男といった印象を与えがちで女性ウケが悪いので、載せないようにしましょう。

自撮りの写真以外を用意できない方は、プロのカメラマンにお金を払って頼むのも手です。プロであれば魅力を最大限引き出した写真を撮ってもらえるので、理想の写真でユーブライドを利用することができます。

女性がいいねを貰いやすい写真の4つのコツ

  • 1.修正感が出ない程度に修正する
  • 2.顔がはっきり写っている写真を載せる
  • 3.おしゃれな服装で全身が写っている写真
  • 4.露出度が高い写真を載せる

1.修正感が出ない程度に修正する

写真加工

男性は、女性より外見を重視して相手を探している方が多いので、修正していると実際の見た目が伝わらず不信感に繋がる可能性があります。修正をする場合は、修正していることが分からない程度に写真を修正しましょう。

ユーブライドでは、過度な修正をした写真は承認されません。また、修正がばれずに出会うことができたとしても、写真と実物が違いすぎると初対面時に相手が冷めてしまい、交際や交友関係に発展することはほとんどありません。

2.顔がはっきり写っている写真を載せる

はっきり顔が分かる写真

メイン写真には、顔がはっきり写っている写真を載せましょう。男性の多くは女性の外見を重視しているため、顔が分からない女性は「いいね」を貰いづらいです。

女性の場合は、肩から上の写真でも悪い印象を持たれないので、顔がアップされている写真でも問題ありませんが、顔のパーツが分かりやすい笑顔の写真を心掛けましょう。

3.おしゃれな服装で全身が写っている写真

おしゃれで全身が見える写真

メイン写真には、おしゃれな服装で全身が写っている写真を載せましょう。全身が写っている写真があることで、体系や雰囲気が伝わりやすくなり、男性から「いいね」を貰いやすくなります。

ただし、全身が写っている写真でも部屋着といった生活感を感じさせてしまうものは、良い印象を持たない男性もいるのでどうしても載せたいのであれば、料理や趣味などをしている日常にするなど工夫しましょう。

4.露出度が高い写真を載せる

水着の女性

露出度が高い写真を載せることに抵抗がない方は、水着姿などの写真を載せましょう。肌の露出が多いと魅力が伝わる事も多く、男性から「いいね」を貰いやすくなります。乗せる位置はメインでもサブでも効果はあります。

ただし、体目的の男性からも「いいね」が多く送られてくるようになったり、容姿に自信が無いと逆効果にもなるため注意が必要です。それでも、「いいね」を貰える量は確実に増えるので、出会える確率は高くなります。

こんな写真はNG!悪い写真4例

  • 1.プリクラや加工バレバレの写真
  • 2.顔がちゃんと写っていない
  • 3.異性と写っている写真
  • 4.複数人で写っている写真

1.プリクラや加工バレバレの写真

プリクラや加工バレバレの写真

プリクラやSNOWを使って猫耳が付いているような、加工しただけの写真だけを載せるのは男女共にNGです。メイン写真は過度な加工をすると承認が通らず、相手を騙してしまうと失望されてしまいます。

また、加工しただけの写真だけを載せていると貰える「いいね」の数が減ってしまい、メッセージに発展する確率も下がります。

2.顔がちゃんと写っていない

顔がちゃんと写っていなくて分からない

ユーブライドのメイン写真は、顔がちゃんと写っていないとNGです。マスクなどで顔を隠した場合も審査が通らないため、サブ写真に顔以外の本人写真を載せたり、自己紹介に「マッチング後にちゃんとした写真を送ります」など理由を書いておきましょう。

また、男性は女性の顔を重視する傾向があるので、女性のメイン写真は非常に重要です。バレたくないのであれば、ほどほどに加工したり、サブ写真に無加工の写真を載せたり工夫しましょう。

3.異性と写っている写真

異性と写っている写真

ユーブライドは、異性と写っている写真も審査が通りません。サブ写真に使う場合も写真の人との関係を疑われたり、「元カレが忘れられないのかな…?」といったイメージを抱かせてしまうので、異性と写っている写真は使わないようにしましょう。

4.複数人で写っている写真

集合写真

複数人で写っている写真も審査が通りません。イベントなどの写真をサブ写真で使いたい場合でも、誰が本人なのか相手には判断がつかないので使わないようにしましょう

どうしても使いたい場合は、自身以外の顔が隠れるように加工すれば見てもらえますが、審査が通らない可能性もあるため、おすすめできません。

メイン写真とサブ写真はどんな写真がいい?

マッチング_メインとサブ写真

メイン写真は笑顔で顔がはっきり分かる写真

メイン写真には、笑顔で顔がはっきり分かる写真がおすすめです。ユーブライドではメイン写真が検索結果画面に表示されるため、良い印象を持たれやすい写真を設定することが最も重要です。

メイン写真に好印象を持たれにくい写真を設定してしまうと、貰える「いいね」が大幅に減ってしまいます。

サブ写真は横顔や趣味などの写真を設定する

サブ写真は、メイン写真とは異なった印象を与えるような写真がおすすめです。横顔や趣味・特技をしている真面目な表情の写真を載せると、自身の印象がより伝わりやすくなります

また、同じ趣味の相手を探している方は、サブ写真に趣味の写真を載せておくと、見てもらった時のアピールポイントになります。

写真を撮るおすすめの方法

写真を撮るおすすめの方法

加工感があまり出ないカメラアプリを使う

アプリDL 説明
B612B612 写真を撮影するタイミングで、輪郭の補正や写真全体の雰囲気を変えられます。また、撮影後に修正を加えることも可能です。
BeautyPlusBeautyPlus 顔のパーツごとに修正できるだけでなく、脚長補正をかけることもできます。非常に自然な修正ができるアプリです。

加工感があまり出ないカメラアプリを使って撮影しましょう。バレないように、ほんの少し顔の輪郭を小さくしたり、ニキビ跡を隠すと写真を見た時に印象が良くなります

ただしユーブライドでは、過度な加工が承認されなかったり、バレてしまうと「いいね」が貰えなくなってしまうので、ほどほどにしておきましょう。

なるべく高解像度のスマホで友達に撮ってもらう

ユーブライドに載せる写真は、なるべく高解像度のスマホを使って友達に撮ってもらうのがおすすめです。友達に撮ってもらうことで、自撮り感なく自然な写真になるので、写真撮影をお願いできる友達がいる方は、写真を撮ってもらいましょう。

プロのカメラマンに撮影してもらう

撮影をお願いできる友達がいない方や、より自分の魅力が引き出されている写真を載せたい方は、プロのカメラマンに撮影してもらいましょう。お金はかかりますが、友達に撮影してもらうよりも好印象を得られる写真が手に入ります

TIME TICKET」というサイトでお金を払って撮影を簡単にお願いできるので、興味がある方はサイトを見てみましょう。


ユーブライドの関連記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー