with(ウィズ)は婚活向き?それとも不向き?年齢層や使った経験から解説

withは婚活向き?

メンタリストDaiGo監修の性格相性診断が人気のマッチングアプリ「with」、皆さん使っていますか?

「with」は公式アプリでも「恋活・婚活」とうたっていますが、「本当に婚活に向いているの?」と気になっている方も多いと思います。

こちらの記事では、アラサー女性がwithを使ってみた経験を元に、withは恋活・婚活どちらの目的で使うのがいいのかということ、そしてwithで婚活する場合のコツについてご紹介します。

withは年齢層が低いため婚活には不向き

年代 男性 女性
10代 28,360 10,570
20代 531,347 287,303
30代 201,822 112,247
40代 73,619 27,461
50代 19,744 5,227

(2019年10月11日時点)

withは表の通り、女性ユーザー・男性ユーザー共に20代が一番多いです。ユーザーの多数を占めるのが20代と年齢層が低いため、婚活には不向きと言えます。

20代前半で本気で結婚について考えている人は少なく、20代後半でも少し結婚を意識し始めているという程度で、結婚相手を焦って探している人は決して多くはありません

とは言え、実際にwithを使ってみたところ、気軽なお付きあいを求めている人が多いかというと決してそうではないと感じました。婚活メインの方や、30代でも出会えなくはないです。

編集部(あや)編集部 あや

40代以上の方は、年齢層の幅広いペアーズや、婚活に対する真剣度が高いユーブライドの方がいいかもしれません。

withで婚活するのにおすすめの人は?

・withで婚活するのにおすすめの人
・20代、30代
・相性や価値観重視の人
・趣味や好きなもの繋がりでお相手を探したい人

withで婚活するのにオススメなのは、20代~30代、そして相性や価値観重視の人です。また、趣味や好きなものの共通点でお相手を探したい方にもおススメです。

20代や30代にオススメ!

withのユーザーの大多数は、上述したように20代です。そのため、20代が一番オススメですが、30代もそこそこのユーザー数がいること、年上でも可という20代もいることから、20代・30代にオススメとしました。

わたし自身アラサーですが、30代の方からのいいねもたくさん頂きますし、他のアプリと比較してみても、特にいいね数が少ないとも感じません。

むしろ、「婚活に対して真剣な若い世代が多くいる」と感じています。活発なユーザーも多いため、登録を迷っているのであれば実際に使ってみることをオススメします。

性格や価値観重視の人にオススメ!

withの性格診断テスト
・登録前に利用できる心理テスト
・登録後に利用できるタイプ診断テスト
・定期的に開催される性格診断テスト

withにはメンタリストDaiGoさん監修の性格診断が、上記のように3タイプありますので、相性や価値観重視の人にもおススメです。それぞれで、どのタイプと相性がいいかも教えてくれる上に、メンタリストDaiGoさんが恋愛アドバイスまでつけてくださいます

DaiGoさんが監修された心理テストはSNS上でも当たると評判ですし、相性のいい男性と知り合いたい!と思う女性も多いので、性格でお相手を探したいのであればwithがオススメです。

診断テスト自体、1~2分で済むのでゲーム感覚で出来ちゃいます。

趣味でお相手を探したい人のオススメ

withには、「好みカード」という、趣味や好きなものをアピールしたり検索できる機能があるので、自分と共通点が多い相手を探したい人にも向いています。

「進撃の巨人」などの具体的な作品名や、「餃子好きな人」「家でダラダラするのが好きな人」など、好きな漫画や食べ物、ライフスタイルや恋愛・結婚に対する価値観といった様々なカテゴリーからお相手を探すことが出来ます。

「好みカード」は3つまで自分のベストを選ぶことが出来る上、一言コメントを添えることも可能なのでアピールもしやすいです。

withで婚活する際の3つのコツ

withで婚活する際の3つのコツ
・近い年代の人にいいね
・自己紹介を丁寧に書こう
・相性診断を駆使しよう

それでは、withで婚活する際のコツについて見ていきましょう。

なるべく近い年代の人にいいね

上述した通り、withのメインユーザーは20代です。もしあなたが20代であれば特に気にすることはありませんが、30代の場合は、あまりにも年齢差がありすぎる方にいいねをするのは控えましょう。

中には年上好みの方もいらっしゃいますが、自分と同世代の人と、10以上年の離れた人と同時にアプローチされた場合、基本的には多くの人は、自分と同年代の人を選びます

よっぽど趣味が合う、自身のステイタスに自信がある場合以外は、自分と年齢の近い相手に「いいね」した方がマッチング率は上がるでしょう。

自己紹介を丁寧に書こう

自己紹介を書く時のポイント
・明るく丁寧に書く
・敬語で書く
・仕事内容にもさらりと触れる
・趣味や好きなことをしっかり書く
・目安は400字程度

withに限ったことではありませんが、自己紹介はしっかり書きましょう。自分の仕事や趣味などを、明るく敬語で書くことで、相手に真剣度合いが伝わります。

withは若い世代が多いため、自己紹介をおろそかにしている人も、意外と多く見受けられます。そんな中、丁寧に書かれた自己紹介文であれば、目を引くこと間違いなしです。

また、恋活目的の人は自己紹介を簡潔に、婚活目的の人は自己紹介を充実させている傾向があります。そのため、プロフィールがしっかり書かれているかどうかで、相手がどういう目的でwithを使っているのか推し量ることも出来ます。

相性診断を駆使しよう

withの診断機能は、他のマッチングアプリにはない独自の機能です。メンタリストDaiGoさんが監修した、相性診断があるから登録してみたというユーザーも少なくありません。

心理テストで相性がいい場合や、似たタイプだと親近感が湧く経験をした方も多いのではないでしょうか。検索条件のところで「性格の相性が良い」人を探せるので、こちらも駆使していきましょう。

withで結婚した報告も多数!

結婚例 with利用期間 備考
35歳男性×34歳女性 1か月未満 離婚歴有り
30歳男性×37歳女性 - 男性が海外住み
38歳男性×33歳女性 1~2か月くらい 女性からいいね
39歳男性×36歳女性 3か月未満 -
33歳男性×24歳女性 3か月未満 趣味に惹かれた

(with公式サイトの結婚レポートより)

以上、withで婚活する場合のコツについてご紹介しました。年齢層が若く、どちらかというと恋活向けのwithですが、表のように、実際に成婚された方も多数いらっしゃいます。

ご結婚された方は、皆さん総じて、登録している好みカードや相性を重視されています。自分の価値観に近い人を絞れるのはwithならではです。

実際に自分が使っている上でも、真剣に婚活している異性は比較的多いなと感じます。ぜひ登録して、性格診断だけでもやってみてください。


閉じる