ワクワクメールは遊び目的の女性と出会えるって本当?体験談をもとに徹底解説

ワクワクメール 出会い バナー

大手出会い系サイトのワクワクメールですが「ワクワクメールを使っても女性と出会えない!」という声をよく耳にします。しかし、そんなことは無くワクワクメールで女性と出会うことは可能なんです。

実は、ワクワクメールで女性と出会うために必要な能力は、業者を見分けることです。ワクワクメールにいる業者の見分け方を理解することで、女性との出会いを果たしやすくなります。

この記事を読むことで、業者を見分ける方法や、知り合った女性と上手く会話する方法、ワクワクメール実際に出会えた女性との体験談が分かるので、ワクワクメールで女性と出会いたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

女性と出会うにはまず業者を見抜こう

ワクワクメールに登録している女性の特徴
・恋愛よりも遊び目的
・大人の関係で出会いたい
・援交やパパ活目的
・真面目な恋人探し

ワクワクメールで、遊び目的の女性と出会うのは可能です。ワクワクメールに登録している女性の大半は、恋愛よりも1回限りもしくは都合が良い日にたまに会おうくらいの、軽い関係を求めています

ただし、援交やパパ活目的でワクワクメールに登録している女性も多く見受けられるので、そういった出会いを求めない場合は注意が必要です。怪しいと思った時点でやり取りを止めるのが無難です。

少数ですが、真面目な出会いを求めてワクワクメールに登録している女性もいます。しかし、遊び目的のユーザーに紛れてしまっていて出会える確率が低いので、恋愛目的にワクワクメールを利用するのはおすすめしません。

編集部 榊原

恋愛目的で効率良く出会うなら、マッチングアプリをおすすめします。マッチングアプリには自分との共通点を探す機能が多数あり、自分に合った相手を探せます。

サクラはいないが業者が存在

特徴と目的(サクラと業者の違い)
サクラ ・マッチングアプリが雇い主
・アプリを飽きさせないことが目的
・男性に課金をさせることが目的
・アプリ内で連絡を頻繁に取ろうとする
・実際に会おうとすると濁される
業者 ・マッチングアプリと関係のない組織や個人
・実際に会って勧誘をすることが目的
・個人情報を盗むことが目的
・勧誘をするためにすぐに会おうとする
・LINEのIDやメアドをすぐに聞いてくる

サクラと業者は、なりすましの架空のユーザーという点は同じですが、雇い主が別という違いがあります。サクラの目的は、運営が架空の女性会員を用意して男性に課金をさせることで、人気がない出会い系サイトを賑わせるためによく適用されます。

しかし、老舗出会い系サイトであるワクワクメールにサクラは存在していません。ワクワクメールに多くいるのは、運営とは全く関係ない第三者である業者です。普段ワクワクメールで出会えない方はこの業者が邪魔をしているのが大きな要因です。

ワクワクメールは24時間365日体制で不審なユーザーがいないか監視していますが、全ての業者を排除しきれてないのがワクワクメールの現状です。業者を避けないと女性と出会うことは永遠にできません。

編集部 榊原

業者が出会い系に登録する目的は、主に連絡先を入手して売りさばくことです。信頼できる相手以外は、連絡先の交換を慎重に行うようにしましょう。

キャッシュバッカーも一部存在

ワクワクメールには、男性とやり取りをすることで利益を得ているキャッシュバッカーの女性もいるので注意が必要です。基本的な特徴はサクラと一緒で、実際に会おうとすると話を濁されたり、アプリ内でのやり取りにこだわる傾向があります。

現金に換算すると、10通のやり取りをしても30円ほどにしかならないので効率が悪いですが、小遣い稼ぎ程度にワクワクメールでキャッシュバッカーをしている女性も一定数いることは把握しておきましょう。

男性のメールの送信は有料なので、一向に話が前に進まず会おうとしている気が感じられないと思った時点で、やり取りを諦めて次に行くのが無難です。

ワクワクメールにいる業者の見抜き方

ログインしただけでくるメールは業者

ログインメール

ワクワクメールにログインした時に、タイミング良く女性からメールが送られてくる事がありますが、全て業者なので返信しないようにしましょう。返信しても一般の女性とは会えないので、ポイントが無駄になるだけです。

業者はログイン中の男性に片っ端からメールを送っているので、ログインした瞬間にメールが届きます。そもそも募集もかけてないのに女性からメールが来ることはほぼ無いので、急に女性からメールが来た時は疑うようにしましょう。

アダルト募集の書き込みは業者の巣窟

アダルト募集

ワクワクメールには、利用目的に沿った募集をかける機能がありますが、アダルト内容の書き込みは業者の巣窟と化しています。業者はアダルト内容で募集をかけ、食いついた男性から個人情報を聞き出すという手法を使ってきます。

また、プロフィールもアダルト色が強い女性は業者がほとんどなので、メールを送らないのが無難です。

編集部 榊原

登録している写真も露出が多いものを登録しているのは、男性を釣ろうとしている業者がほとんどです。騙されないように気を付けましょう。

すぐに会おうとする女性は業者の可能性大

いきなりLINE

短いやり取りですぐに会おうと言ってきたり、連絡先の交換を迫ってきた場合も業者の可能性大です。見分け方としては「こちらの話を聞いていなくて会話が成立しない」「LINEよりもメアドを聞きたがる」の特徴を見極めましょう。

すぐに会おうとするのは、マルチ商法目的か大人の関係と引き換えに金銭を要求する割り切り希望かです。連絡先を聞いてくるのは、個人情報を売りさばく目的の業者なので、怪しいと思った時点でやり取りを止めて次にいきましょう。

女性と出会うために実行すべき手順

女性と出会うために実行すべき手順
・ピュア募集で探すのがおすすめ
・会話は疑問形で終わらせて相手に興味を持つ
・連絡先の交換は最低会話を5往復してから

ピュア募集で探すのがおすすめ

業者に引っかからずに女性を探すには、ピュア募集で探すのがおすすめです。一般の女性は、自らアダルト内容のプロフィールを書いたり、大人の関係を連想させる書き込みを行いませんので、ピュア募集から探すのが最も効率が良いです。

どのカテゴリも優秀で女性と出会うことは可能ですが、中でもおすすめは「まずはメル友から」です。まずはメールのやり取りからという内容なので、女性の警戒心も薄くお互い安心してやり取りできます。

会話は疑問形で終わらせて相手の興味を持つ

女性にメールを送る時は、女性からも返信をしやすい内容を意識しましょう。最初あまり仲良くない状態で普通に会話しても「へーそうなんだね」ぐらいの返信しか来ません。

そのため、女性にメールを送る時は疑問形で文章を終わらせて、質問に答えるという形で返信しやすくするのを意識すると、会話が盛り上がっていきます

連絡先の交換は最低会話を5往復してから

相手の女性にLINEなどの連絡先を聞くのは、タイミングが大切です。最初から女性に連絡先を聞いても「まだ知り合ったばかりだから連絡先はちょっと…」と断られます。1度断られるとその後の関係も良好に進みません。

連絡先を聞くタイミングは、5往復以上のメールをした後が良いです。また、連絡先を交換する理由を添えるとさらに効果的です。ワクワクメール内でデートの約束を取り決めて「LINEの方がお店の情報送りやすいから」と流れで聞くと上手くいきます

ワクワクメールで女性と出会えた体験談

筆者のワクワクメールでの女性との出会いは、ピュア募集の「まずはメル友から」の書き込みからでした。筆者が出会ったYさんはピュア募集のまずはメル友からのカテゴリに「誰か雑談しませんか~?」と書き込みをしていました。

たまたまその書き込みが目に止まり「はじめまして、よければお話したいです。趣味などはなんですか?」とメールを送信しました。しばらく待っても返信が無かったので「スルーされたかな?」と思ってたんですが、遅れて2時間後に返信がありました。

内容は「メールありがとうございます!趣味はカフェ巡りです!」という内容でした。良い人そうという印象を受けたので、やり取りを続けることにしました。

3日後くらいやり取りが続いて、メールの往復数も10を超えていたので思い切ってデートの提案をしてみました。カフェに行くのを誘ってみたところ、食いつきがよく「行きたい!」と言ってくれたので、そのまま流れでLINEを交換。

次の休みにお互い予定を合わせて、無事にカフェで合流しました。出会ってみたYさんはショートカットで活発な女性で、メールでの印象通りだと感じました。2時間ほど会話をしてから次のデートの約束をしてその日は別れました。

ワクワクメールの評価や信頼性

ワクワクメール評価

5段階評価は平均的

ワクワクメールのアプリストアでの評価は、他のマッチングアプリアプリや出会い系サイトのアプリとほぼ同じで平均的な評価だと言えます。特別悪い評価が多数寄せられている訳では無さそうです。

2001年からサービスを開始している大手の老舗出会い系サイトなので、一定の信頼と出会の実績は積んでいます。業者は入り込んでいますが、ワクワクメールの機能面は優秀です。

運営会社は大手で信頼できる

ワクワクメールを運営している株式会社ワクワクコミュニケーションズは、18年以上サイトの運営をしており、ユーザーのサポートや不審ユーザーの監視も24時間365日体制で行っているので安心です。

インターネット異性紹介事業の届出も提出済みで、ワクワクメール内での個人情報の取り扱いについても公開されているので、信頼性は高いと言えます。

恋愛がしたいならマッチングアプリ

恋愛がしたいのであれば、ワクワクメールよりもマッチングアプリを利用することをおすすめします。恋人を探している女性が多く登録しており、恋人を作りやすい環境づくりが徹底されています。

同じ趣味の相手を見つけるならペアーズ

ペアーズ

会員数 1,000万人(2019年9月時点)
会員属性 恋活、20代前半~30代前半
料金 3,480円~/月(※女性無料)
特徴 ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
運営会社 株式会社エウレカ
(Match Group, Inc./IACグループ)

マッチングアプリの中で随一の会員数を誇っていて、自分の求める相手が見つかりやすいのがペアーズです。男女共に20代が中心のユーザー層で、恋愛に積極的な多いのが魅力です。

また、ペアーズにはコミュニティという機能があり、自分の趣味や思考に合ったコミュニティに参加する事で、共通の趣味や思考を持った相手とマッチングできるのも特徴の1つです。

たくさんマッチングしたいならタップル

タップル

会員数 400万人(2019年9月時点)
会員属性 恋活、10代後半~20代前半
料金 3,900円~/月(※女性無料)
特徴 ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
運営会社 株式会社マッチングエージェント
(サイバーエージェントグループ)

マッチング数が最も多いのがタップルです。登録するだけで相手に「いいかも」を送れるカードを300枚もらえます。スワイプ式のマッチングで、男性も女性も次々「いいかも」を大量に送り合うので、マッチング数が非常に多いのが特徴です。

カテゴリという機能で、自分の趣味に合ったものをプロフィールに登録して、お互いの趣味を確認できる機能もあります。質よりも数を求めて、たくさんのチャンスがほしいという方におすすめします。

相手との相性重視ならwith

ウィズ

会員数 200万人(2019年9月時点)
会員属性 恋活、20代前半~20代後半
料金 3,400円~/月(※女性無料)
特徴 ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
運営会社 株式会社イグニス

withは、メンタリストDaiGo監修の心理学サポートを使ったアプリとして有名で、「出会いやすい」「理想の恋人を探しやすい」と評判の高いアプリです。

withでは、DaiGo監修の「心理学を元にした性格診断」により、自分と相性の良い相手を探すことができます。相手の性格に合わせたアプローチやコミュニケーション方法もアドバイスしてくれるので、マッチングアプリ初心者の方にも使いやすいです。


書き込み

最新を表示する
閉じる