Tinderでマッチできないのは仕組みが原因?マッチ率を上げる4つのコツも紹介

マッチできない原因と4つのコツ

マッチングアプリplus編集部の小又です。

Tinderは、メッセージが無料でできるので男性は重宝することが多いですよね。ただ、Tinderを利用したはいいものの「全然マッチしない!」と感じたことはありませんか?

それもそのはず!実はTinderでマッチ出来る確率は200人に1人、約0.5%と言われているほど超ベリーハードなアプリなんです。では何でTinderはマッチしにくいのか?原因はマッチの仕組みにあります。

今回は、Tinderがマッチしにくい原因の仕組みと"マッチできる4つのコツ"を紹介しているので、Tinderでマッチできないと悩んでいる方は参考にしてみてください!

編集部小又この記事を書いた人

小又@マッチングアプリplus編集部

サッカー・F1観戦が大好きな自称スポーツ少年。同じ趣味の彼女と出会うべく、ペアーズというアプリを知る。今では30種以上のマッチングアプリを利用。マッチングアプリは写真が9割と豪語し、モテる写真の研究に勤しむ。

Tinderでマッチ出来ない原因

Tinderは難しい

仕組み上相手からのLIKEが確認できない

通常のマッチングアプリでは、自分が「いいね」をすることによって相手に通知が行き、相手が自分の「いいね」を確認し「いいね」を返してくれたらマッチングという流れ普通ですよね。

しかしTinderはこちらが「LIKE」をしても、相手に通知は行きません。正確に言うと一部の有料会員は通知を確認できるのですが、無料で使えるTinderはほとんどの人が無料会員です。

要するに、他のマッチングアプリは、「片思い」でもマッチングできますが、Tinderは仕組み上「両思い」でないとマッチ出来ないので、かなりマッチ出来る確率が低いんです。

相手がアクティブかどうか分からない

Tinderは相手の写真を1枚1枚見てマッチしたい相手を決めるスライド方式のアプリです。しかし、表示される相手が現在もアクティブに活動しているユーザーとは限らないため、LIKEの無駄打ちが高確率で起きます

通常のマッチングアプリであれば、ログインから3日以内のユーザーに絞り込んで検索したり、アクティブアイコンが表示されたりと、アクティブユーザーのみに絞る機能がありますが、Tinderにはありません。

そのため、Tinderでは「LIKE」した相手が、すでにTinderを使っておらず、何の反応もないという事態が起きてしまいます。

見た目で9割決まってしまう

前述したとおりT、inderは相手の写真が1枚1枚表示されるスライド方式のアプリです。しかも、写真以外のプロフィールがほとんどスライドに表示されないので、見た目で9割が決まってしまいます

Tinderは、他のマッチングアプリのように、プロフィール項目やコミュニティ、相性診断などの機能がありません。また、検索機能も年齢や性別などの簡単な絞り込みしかできません。

つまり、検索画面に表示される1枚目の写真で「この人良いかも」と思ってもらえないと、「LIKE」を貰うことはできません。2枚目の写真を見ると簡易的な自己紹介文は確認できますが、基本的には1枚目の写真で判断されます。

Tinderでマッチ率を高める4つのコツ

1.全員にLIKEしマッチ率を高める【毎日】

全員にLIKEしマッチ率を高める

Tinderでは、表示された相手全員に「LIKE」を送りましょう。Tinderは、お互いに「LIKE」を送り合わないとマッチできないので、とにかく「LIKE」をたくさん送って、マッチする可能性を高める必要があります。

Tinderは、ユーザーのアクティブ率が低く、ログイン順などアクティブユーザー順に並び替えることができないため、「LIKE」の時点で好みを選んでも、相手がログインしておらず無駄になる可能性が高いです。

実際にメッセージするかどうかはマッチしてから決めましょう。ちなみに「LIKE」は無料会員で12時間毎に120回、有料会員は無制限に送ることができるので、無課金の方は「LIKE」がなくなるまで、有料の方は時間の許す限り行いましょう。

2.Super Likeを欠かさず使う【毎日】

Super Like

5回 25回 60回
120円 2,400円
(96円/1回)
4,800円
(80円/1回)

「Super Like」を使用すると、使った相手に通知が送られ、相手のスワイプ画面に自身が表示された際に、青く光り「特別なLike」を送った相手として認識されるので、マッチする可能性が通常の「LIKE」よりも高いです。

ただし、相手が「Tinder Gord」に加入していなければ、相手のスワイプ画面に表示されない限りはマッチはできないので、課金をして購入する必要はありません。「Super Like」は無料会員でも1日1回送れるので、欠かさず送りましょう

3.ブーストを利用し露出度を上げる【有料】

ブーストを利用し露出度を上げる

1ブースト 5ブースト 10ブースト
480円 1,800円
(360円/1回)
3,000円
(300円/1回)

Tinderブーストは、自身のプロフィールが30分間優先表示される機能で、「LIKE」を貰う確率をを高めることができます。マッチするためには、お互いが「LIKE」しなければならないので、相手に「LIKE」してもらえるかは重要です。

自分がいくら「LIKE」を送り続けていても、相手の検索画面にあなたのプロフィールが表示されなければマッチする可能性は0です。実際に筆者もブーストなしではほぼマッチしませんでしたが、ブーストを利用した際は必ず1~2人はマッチしました。

4.Tinder Goldに加入【有料】

TinderGoldに加入(有料)

プラン Android版 iOS版 web版
1ヶ月 3,352円/月 3,400円/月 3,355円/月
6ヶ月 2,104円/月
(一括12,629円)
2,100円/月
(一括12,600円)
2,106円/月
(一括12,641円)
12ヶ月 1,397円/月
(一括16,764円)
1,400円/月
(一括16,800円)
1,397円/月
(一括16,764円)

Tinder Goldの主な機能は、相手から貰った「LIKE」を確認できるようになり、「LIKE」をくれた相手に自分からアプローチできます。そのため、「LIKE」を貰う機会が多い方は、Tinder Plusに比べるとよりマッチングしやすいです。

しかし、「LIKE」を貰う機会が多い方は、そもそも無料会員のままでも、マッチングする可能性が高いです。Tinderを利用していて「全然マッチングしない…」と感じたら、試しに1ヶ月プランへ加入してみるのも1つの手です。

編集部小又編集部 小又

Tinder Gold加入とブースト使用をすると、無料会員とは比べ物にならないくらいマッチできるようになります。ただし、課金する必要があるので、あまりおすすめはできません。

相手が表示されない時は検索範囲を広げよう

相手が表示されない時は検索範囲を広げよう

特に会員数が少ない地方などで起こりがちなのですが、スライドに表示できる相手がいなくなり、異性が出てこなくなる時があります。しかし、設定から検索の対象範囲を広げることで、また新たな異性が表示されるようになります

検索範囲は距離と年齢を設定することができます。デフォルトだとこの距離と年齢が絞られている可能性があるため、自身が許容できる範囲でなるべく広げてマッチできる対象を増やしましょう。

Tinderはプロフィール写真が重要

顔写真は絶対に載せる

Tinderの検索画面ではプロフィール写真しか表示されません。ユーザーは写真を見て、興味を持てばプロフィールに移り、「LIKE」を送るか判断します。

写真の撮り方次第でLIKEをもらえる数は大きく変わるので、なかなかマッチしない方は、まずプロフィール写真を変更しましょう。

顔がはっきり分かる笑顔の写真がおすすめ

笑顔の写真を載せる

Tinderは、プロフィール写真で相手の興味を惹けるかがポイントです。遠目の写真だと、どんなに顔が良くても魅力に気づきません。なるべく顔をはっきりと写し、好印象を与えられるように笑顔の写真を用意しましょう。

その際、恥ずかしいから…とSNOWなどの加工アプリを使用するのは控えてください。特に男性の加工は女性に不評です。不自然さがなく、適度に加工するのであれば問題ありませんが、加減が非常に難しいので、使わないほうが無難です。

全身が分かる写真を載せる

サブ写真に全身がわかる写真を載せる

異性は顔だけでなく、あなたの体型も気になります。そのため全身が写った写真を投稿しておくことで、相手も「体型がわからない」という不安材料が消え、「LIKE」をしやすくなります

また、全身が写る写真を掲載する際は、服装にも注意を払いましょう。おすすめは清潔感のある服装やスーツです。ジャージやスウェットの写真はあまり印象が良くないため控えましょう。

自己紹介文の書き方のコツ

自己紹介は端的にまとめる

自己紹介は端的にまとめる

Tinderは、次々に表示される相手を写真で判断して「LIKE」と「NOPE」に振り分けるだけという性質上、自己紹介を長々と書いていると、重たい感じが出てしまい返って印象が悪くなってしまいます

Tinderで自己紹介文を作成する際は、端的に長くても10行以内に収まる文章でまとめましょう。また、Tinderはプロフィールが自己紹介文しかないので、文章の中に職業や出身地、居住地、趣味などを書くようにしましょう。

外国人を狙うなら英文は必須

外国人を狙うなら英文は必須

Tinderは海外発祥のアプリなので、外国人ユーザーも多く利用しています。もし外国人ともマッチしたいのであれば、英語の文章も合わせて書いておきましょう

日本語が分からない外国人だった場合、日本語の文章だけしかない異性には近寄ってきません。しかし、英語の文章も載っていれば相手も安心感があるので、興味を持ってくれる可能性があります。

職業・勤め先は貴重なアピールポイント

職業、勤め先は必ず埋めよう

Tinderで自己紹介文以外に唯一設定できるプロフィールが職業と勤め先です。数少ない自身の情報であると同時に、職業と勤め先は写真の真下に表示され非常に目立つので、埋めるようにしておきましょう。

Tinderのプロフィールの作り方はこちら

編集部が選ぶおすすめアプリ5選

順位 アプリDL 特徴
1位 ペアーズペアーズ ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
2位 withwith ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位 OmiaiOmiai ・会員数が業界3位の400万人
・恋活から婚活まで幅広く対応
・東証一部上場企業が運営している
4位 タップルタップル ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
5位 ゼクシィ恋結恋結び ・東証一部上場企業が運営している
・位置情報で相手を探せる
・タイプの相手を探しやすい
PR
ハッピーメールハッピーメール ・会員数が出会い系最多でどこでも会える
・運営実績が19年以上で安心
・遊び目的におすすめ

編集部が選ぶおすすめアプリ1位は、ペアーズです。国内利用者数がNo.1なので、人口の少ない地方の県でも、十分出会うことが可能です。

複数のアプリを実際に利用してみることで、自分にあったマッチングアプリを探すことができます。会員登録だけであれば無料なので、実際にアプリを触ってみて自分に合うアプリを探してください。


Tinderの関連記事

もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー