【Tinder(ティンダー)攻略】たったこれだけで!?Tinderでマッチング率を劇的に上げる3つの方法

Tinder攻略バナー

Tinderでマッチング率を劇的に上げる3つの方法を紹介しています。その他にもプロフィール写真選びのコツやプロフィール書き方、メッセージで失敗しないための心得もを掲載。LINE交換・デートに誘うタイミングも記載しているので、Tinder攻略の参考にしてください。

マッチング率を上げるたった3つの方法

  • 1.相手を選ばず全員にLIKEする
  • 2.Tinderブーストを使用する
  • 3.TinderGoldに加入する

Tinderでマッチング率を上げるたった3つ方法は、相手を選ばず全員に「LIKE」をし、Tinderブーストで自身のプロフィールの露出度を上げ、TinderGoldに加入し相手から来た「LIKE」を見逃さないようにする。たったこれだけです。

ただし、この方法正直に言ってタダではできません。記載している通りTinderブーストの購入とTinderGoldの加入で4,000円程度かかります。ですが、この方法で本当に出会えるのならば4,000円という金額は安いのではないでしょうか。

もし1円もお金をかけたくないという方がいる場合は、これからお伝えする3つの方法以外にも、マッチング率を上げる方法を紹介しているので最後まで読んでみてください。

筆者のマッチング率も劇的にアップ

2019y02m22d_172248368

実際に筆者もこの3つの方法でマッチング率が劇的に変化しました。以前は半年間利用してマッチングできたのはせいぜい3人程度でしたが、この方法を使ってからは1週間で10人の方とマッチングできました。

ではなぜこの3つの方法が良かったのか、理由を交えながら紹介していきます。TinderブーストやTinderGoldの料金に関しても説明しているので参考にしてください。

1.相手を選ばず全員にLIKEする

2019y02m21d_191427961

Tinderでは、基本的に表示された相手全員に「LIKE」を送りましょう。というのもTinderは、ユーザーのアクティブ率が低く、ログイン順などアクティブユーザー順に並び替えることができないため、「LIKE」の時点で好みを選んでいても無駄打ちになる可能性が高いです

「好みじゃない人にLIKEしてマッチングしたらどうするんだ」と思われるかもしれませんが、何もしなければよいです。むしろ相手を選り好みするのはマッチングした相手の中からと思ってください。「LIKE」の時点で選り好みするのは非常に時間効率が悪いです。

ようするに「LIKE」をしまくってマッチングする可能性を上げましょうということです。ちなみに「LIKE」は無料会員で1日240回、有料会員は無制限に送ることができるので、無料の方は「LIKE」がなくなるまで、有料の方は時間の許す限り「LIKE」を連打しまくりましょう。

2.Tinderブーストを使用する

2019y02m21d_191412731

Tinderブーストは、30分間自身のプロフィールが異性に優先表示される機能ですが、かなり効果があるんです。実は1つ目にお伝えした「LIKE」連打と「Tinderブースト」のコンボこそが最強の攻略法で、どちらかが欠けてもマッチング率は上がりません。

Tinderは、有料会員でなければ誰から「LIKE」が送られてきたのか確認することができません。無論女性で有料会員の方は限られているので、マッチングするためには相手側もまた1枚1枚写真をスワイプしていく中で、奇跡的に「LIKE」した相手が自分である必要があります。

しかし、Tinderブーストを使えば自身のプロフィールが優先表示されるため、「LIKE」をもらえる確率が上がります。「LIKE」連打もそうですが、Tinderは典型的な「数打ちゃ当たる」タイプのアプリです。ブーストで露出を増やし確率を高めていきましょう。

ブーストの使用は21時から24時の間がおすすめ

Tinderブーストを使うのは、ログインしているユーザーが多くなる21~24時の間がおすすめです。せっかくTinderブーストを使い上位表示されても、誰も見ていなかったら効果がありません。

より効率的にTinderブーストを使うためにはいつ使うかも大事な要素です。多くのユーザーの目にあなたのプロフィールが触れられるように、Tinderブーストの使用時刻も考えて利用しましょう。

Tinderブーストの料金

1ブースト 5ブースト 【おすすめ】
10ブースト
480円 1,800円
(360円/1回)
3,000円
(300円/1回)

Tinderブーストは、1ブースト480円から購入可能です。まとめて買うと割引が発生し、5ブーストまとめ買いで1,800円(1回あたり360円)、10ブーストまとめ買いで3,000円(一回あたり300円)で購入することができます。

Tinderブーストは1回使って終わりではなく、それこそ1日1回は使用してほしいので、1つあたりの値段が一番安い10ブーストの購入をおすすめします。

3.TinderGoldに加入する

2019y02m21d_191525285

TinderGoldは、加入すると自分に「LIKE」をくれた相手を確認することができます。Tinderブーストを利用していると、こちらが「LIKE」していない相手からも「LIKE」が来ることが多いので、TinderGoldに加入することで取りこぼしをなくすことができます。

また無料会員では1日240回に制限のあった「LIKE」が、TinderGoldに加入することで無制限にできるようになります。つまりは自身の時間が許す限り「LIKE」を押し続けることができるので、誰かしらとマッチングする確率が高くなります。

「LIKE」を時間が許す限り連打し、Tinderブーストで相手からの「LIKE」を待ち、相手からの「LIKE」はTinderGoldの機能で確認する。この3つさえ行えば間違いなくマッチング率は上がります。マッチングが中々しない方は是非試してみてください。

TinderGoldの料金

プラン Android版 iOS版 web版
1ヶ月
おすすめ
3,352円/月 3,400円/月 3,355円/月
6ヶ月 2,104円/月
(一括12,629円)
2,100円/月
(一括12,600円)
2,106円/月
(一括12,641円)
12ヶ月 1,397円/月
(一括16,764円)
1,400円/月
(一括16,800円)
1,397円/月
(一括16,764円)

※30歳以上の方は料金が2倍になります。

Tinder Goldの料金は、1ヶ月1,650円から利用可能です。また、料金プランは端末により異なり、1ヶ月から12ヶ月のすべてのプランでAndroid版の料金が最も安いです。

1ヶ月あたりの値段は12ヶ月プランが一番安いですが、いきなり12ヶ月も契約する必要はありません。上記でお伝えしている方法は短期間で結果が出る方法なので、まずは試しに1ヶ月プランへ加入してみましょう。

マチプラ編集部

いかがでしたか?以上の3つがTinderでマッチング率をあげるコツです!たしかにお金はかかりますが、恋に出し惜しみは厳禁!本当に出会えるようになるので是非試してみてください!

おまけ:スーパーブーストを購入する

スーパーブーストを購入する

スーパーブーストとは、TinderPlusとTinderGold会員のユーザーだけ購入することができるアイテムです。Tinderブーストとの違いは、表示回数が最大でなんと100倍にまでなり、さらに効果時間が一番短いもので3時間です。

スーパーブーストの料金

3時間 6時間 12時間
4,900円 8,500円 16,000円

スーパーブーストは、3時間4,900円から購入可能です。料金は決して安くはないため、おまけ程度に考えるのがいいでしょう。本当に出会えない人は一度使用してみるのもアリです。

目に止まりやすいプロフィール写真のコツ

顔写真は絶対に載せる

顔写真は絶対に載せる

Tinderで出会うのであれば、まずプロフィール写真に顔がわかる写真を載せることは絶対だと覚えておきましょう。というのもTinderの検索画面では異性は写真のみしか表示されません。プロフィールがいくら凝っていても、意味がないのです。

写真を見た相手が「この人良いかも」と思い、写真をタップすることで、はじめてその人のプロフィールが表示されるので、自分の中身を知ってもらうためには、まず自分の見た目を気になってもらう必要があります。

つまり顔写真がない人は、見た目がそもそも分からないので、いくら素晴らしいプロフィールを書いていたとしても、相手からしたら審査対象外の存在になってしまいます。

写真は笑顔のものを投稿する

写真は笑顔のものを投稿する

Tinderでプロフィール画像用に投稿する写真は、笑顔のものを利用しましょう。笑顔は相手に優しい印象をあたえるなど、好印象を持たせることができます。

ただし、笑顔であっても自撮り写真や顔を隠している写真はNGです。自撮りは自信過剰やナルシストといった印象を持たれ、よくありません。顔を隠している写真も、本当の顔を確認できず、敬遠されてしまう可能性があります。

全身がわかる写真を載せる

サブ写真に全身がわかる写真を載せる

異性はあなたの顔が気になるように、あなたの体型も気になります。そのため全身が写った写真を投稿しておくことで、相手も「体型がわからない」という不安材料が消え、「いいね」をしやすくなります。

また、全身が写る写真なので着ている服装にも注意を払いましょう。おすすめは清潔感のある服装やスーツで、ジャージやスウェットはだらしなさや恐怖感を相手に与える可能性があるので控えましょう。

写真の加工は絶対にNG

写真の加工は絶対にNG

近年、写真の加工アプリが流行っている影響で、マッチングアプリのプロフィールにも盛りまくった加工写真を載せる人がいますが、ハッキリ言ってすぐバレるのでやめましょう

仮にバレなかったとしてもマッチング後、実際に会ってからガッカリされ傷つくのはあなたです。少しシミを隠す程度の加工であれば問題ありませんが、人相が変わるような加工は、自分を追い詰めるだけなのでしないようにしましょう。

マチプラ編集部

写真はプロフィールの生命線です!写真で相手により多くの情報を与えられるよう、サブ写真も活用し色々な写真を投稿してみてください!

マッチング率を上げるプロフィールの書き方

自己紹介は端的にまとめる

自己紹介は端的にまとめる

Tinderは、その性質上軽いノリの方が多く利用しています。他のマッチングアプリのように自己紹介を長々と書いていると、重たい感じが出てしまい返って印象が悪いです。

Tinderで自己紹介文を作成する際は、端的に長くても10行以内に収まる文章でまとめましょう。また、Tinderはプロフィールが自己紹介文くらいしかないので、文章の中に職業や出身地、居住地、趣味などを書くようにしましょう。

外国人を狙うなら英文は必須

外国人を狙うなら英文は必須

Tinderは海外発祥のアプリで、外国人ユーザーも多く利用しています。もし外国人ともマッチングしたいのであれば、英語の文章も合わせて書いておきましょう

日本語が分からない外国人だった場合、日本語の文章だけしかない異性には近寄ってきません。しかし、英語の文章も載っていれば相手も安心感があるので、興味を持ってくれる可能性があります。

職業、勤め先は必ず埋めよう

職業、勤め先は必ず埋めよう

Tinderで自己紹介文以外に唯一設定できるプロフィールが職業と勤め先です。数少ない自身の情報であると同時に、職業と勤め先は写真の真下に表示され非常に目立つので、必ず埋めるようにしておきましょう。

メッセージで失敗しないための心得

メッセージは質問形式で締めるようにする

メッセージは質問形式になるようにする

質問を混ぜたメッセージの例
はじめましてマチ子さん!よろしくお願いします!
マチ子さんは料理が好きなんですね!普段どんな料理を作るんですか?

メッセージは、質問形式になるように文章を終わらせることで、相手は、質問に対して答えるだけでよくなり、返信に対する負荷を減らすことができます

ただし、質問を行う際は、質問攻めにならないよう注意しましょう。質問ばかりだと、相手は質問に答えるだけの単調な返信しかできず、会話自体がつまらなくなってしまいます。相手の返答に対して反応するよう心がけ、適度に質問をしましょう。

また、相手のプロフィールを読めば分かる内容を質問するのも厳禁です。「この人はプロフィールをちゃんと見てくれていない」と思われ、顔だけで判断していると捉えられてしまいます。質問をする前に、相手のプロフィールをしっかり確認するようにしましょう。

メッセージの頻度は相手に合わせる

メッセージを送る頻度に気を付ける

相手からのメッセージは、できるだけ相手の頻度に合わせて返信するようにしましょう。返すのが早いと「ガッツいている」と思われ、頻度が遅いと「気がない」と思われてしまい、どちらもマイナスの印象を与えてしまいます。

また、相手から返信が来ないからといってメッセージを送り過ぎるのは逆効果です。メッセージが返ってこない事には必ず理由があるので、メッセージを連続で送ると、催促しているような印象を持たれ、相手に不快感を与えてしまいます。

どうしても返信が来ない相手にアプローチしたい場合は、1日ほど時間を置いてからメッセージを送り、それでも返ってこない場合は、脈がないので諦めましょう。

短文でメッセージを送らない

ありきたりな短文メッセージを送らない

短文にならないためのプラスα
へぇ~楽しそうだね!
    +
俺もよく渋谷で友達と遊ぶから分かるわ!
何してきたの?買い物とか?

「よろしく」「そうだね」「そうなんだ」などの短文で、メッセージを送ってしまうと、相手に素っ気ないという印象を与えるだけでなく、新たにメッセージを考える負荷を相手に負わせることになり、メッセージの返信率が下がってしまいます

「そうなんだ!ということはスポーツも好き?」というような、相手が返信しやすくなるような一文を付け足すことで、相手の返信に対する負荷が減り、メッセージが返ってきやすくなります。

自分の話ばかりせず相手の話を聞く

自分の話ばかりせず相手の話を聞く

メッセージで、自分の話ばかりをしていると、相手から「本当に自分に興味を持ってくれているのか」と不安に思われてしまうと同時に、反応にも困るため、返信率が下がってしまう可能性があります。

相手のことを深く知らないうちは「聞く姿勢」を持つことが大事です。メッセージでのやりとりは、相手の話しを聞くことに撤して、自分の話は添える程度にすると続きやすくなります。

LINE交換はデートの前日がベスト

LINE交換はデートの前日がベスト

女性はLINE交換する理由を求めている

Tinderで女性と親密度を上げたら、男性はLINE交換をしてより気軽にメッセージをしたいですよね。ではLINE交換のタイミングはどのタイミングが良いのか、答えはデートの前日です。

というのも、女性はLINE交換するといっても、交換する理由を心の中で求めています。なんとなく交換だとなぜ交換するのか分からなくなり、断られる可能性がるため、交換する理由を提示しなければなりません。

デートの前日というのは、明日の待ち合わせ場所の確認や行くお店の情報、当日の流れ確認など連絡事項が増えるので、スムーズな連絡を取るためにLINE交換をするという理由付けにうってつけのタイミングです。

デートするくらいの中なのでOKされやすい

メッセージのやり取りを始めたばっかりの頃や、デートの約束も何もしていない時は、LINEの交換を断られる可能性が高いですが、デートが決まった後であれば、そもそもデートを了承してもらえるくらいの間柄であるため、LINE交換を断られる可能性は低くなります

ただし、中にはLINE交換は実際に会ってからなど、好意があっても自分の中でルールを決めている女性もいるので、交換を断られたらその場はすぐに諦めましょう。交渉を粘るのは、嫌われる可能性があるので厳禁です。

マチプラ編集部

LINEの交換のタイミングは以外に大切!タイミングを間違えると「チャラい」と思われたり「業者かも」と思われる可能性があるので注意しよう!

デートに誘うタイミングとコツ

デートという言葉を使わずスマートに誘う

ストレートに誘っても基本問題ない

参考例
・よかったらご飯行きましょう!
・明日軽くランチでも行きませんか?
・2時間くらい時間あるのでランチ行きません?

相手をデートに誘う際は、デートという言葉を使わずに「ご飯行きましょう」とシンプルに誘うことが大切です。デートという言葉は、女性も心理的ハードルが高く感じるので、極力使わずにランチに行くだけという低いハードルを提示することが大切です。

また初デートは、ディナーではなくランチに誘うようにしましょう。これもディナーより心理的ハードルの低いランチに誘うことで、女性のOKをもらいやすくなり、誘いの成功率を上げることができます。

トークの流れで誘うのも有効

不安な人はトークの流れで誘う

デートに誘う際は、基本的にストレートに誘ってしまって問題ありませんが、ストレートに誘うのが苦手であったり不安な場合は、トークの流れの中で自然に誘うことを心がけましょう

一番良いタイミングは、食べ物の話をしている時です。相手が「焼き肉が好き」と言えば、焼き肉デートをする口実になりますし、食事は、遊園地やショッピングと違い、時間が限られているので、誘われる方もハードルが低く、相手からの承諾も貰いやすいです。

マッチング後すぐに誘うのはNG

マッチング後すぐに誘うのはNG

相手をデートに誘う場合、マッチング後すぐに誘うのはNGです。まだお互いに何も理解していない段階で誘うと、遊びや業者と思われる可能性が高くなるため、ある程度メッセージをしてから誘うのがおすすめです。

具体的には、最低でも3日ほど時間をかけて、10通以上のメッセージをやりとりしてから誘うのが良いです。メッセージが順調に続けば、日を重ねるごとに、お互いに会いたいという気持ちが高くなってくるので、デートできる確率が高くなります。

安全に利用するため覚えておきたい業者の特徴

サクラ以上に危険な業者の特徴と見分け方

業者とは、運営と全く関係のない第三者が利益を得るために、マッチングアプリに忍び込んで悪事をはたらく、なりすましアカウントのことです。業者は金銭トラブルの原因や個人情報の流失を起こすので非常に危険な存在です。

Tinderは、日本の優良なマッチングアプリでは必ず行っている24時間体制365日サポートを行っていないため、業者がいる可能性が高いです。そのためTinderを利用する際は、業者の特徴を覚え被害に合わないようにしましょう。

個人情報回収業者

個人情報回収業者

個人情報回収業者は、LINEのIDや電話番号などの連絡先を聞き出し、個人情報を取得しようとしてきます

入手した連絡先を売って収入を得るのタイプの業者であるため、迷惑メール送信業者や架空請求業者などに連絡先を売られ、被害に遭う可能性があります。

すぐに連絡先を聞き出そうとしてくる

すぐに連絡先を聞き出そうとしてくる

個人情報収集系は、効率的に個人情報を手に入れるためにすぐに連絡先を交換してこようとします

アプリの使い方が分からないなど理由をつけて連絡先を聞こうとしてきますが、ほとんどのマッチングアプリのメッセージはLINEとさほど変わらないので、使い方がわからないわけがありません。

少なくとも私が経験した中で、普通の会員の方が使い方がわからないという理由でLINE交換した経験はありません。

風俗斡旋業者

風俗斡旋業者

風俗斡旋業者は、実際に会って大人の関係を条件に金銭を求めてきます。実際は風俗店から派遣された女性と会って、渡したお金は風俗店に流れていくので、風俗斡旋と言われています。

一見お金を払えば会うことが出来るので、構わないと思う方もいるかも知れませんが、実際に会えるのは写真とは全く別の人です。

ホテル代別に2万円を要求してくる

ホテル代別に2万円を要求してくる

風俗斡旋業者のお決まりのフレーズは「ホテル代とは別に2万円」です。これを言ってきた場合は間違いなく風俗斡旋目的の業者なので、ブロックまたは業者として運営に通報しましょう。

他サイト誘導系の業者

他サイト誘導系の業者

他サイト誘導系の業者は、その名の通りメッセージ上で、他のサイトに誘導してこようとします

誘導先の多くは、別のメッセージサイトで、そこで高額なポイントを購入させお金をむしり取ろうとしてきます。中には誘導先がワンクリック詐欺のサイトになっていることもあるので、注意が必要です。

理由をつけ別のサイトでやり取しようと誘ってくる

理由をつけ別のサイトでやり取しようと誘ってくる

アプリ誘導系は、色々な理由をつけ「アプリが使えなくなった」「LINEの調子が悪い」などといい、知らないサイトでのやり取りに誘導してこようとします。基本的に誘導する際は、URLをメッセージで送ってくるので、URLが送られてきた際は絶対に踏まないようにしましょう

マルチ商法・ビジネス勧誘の業者

マルチ商法・ビジネス勧誘の業者

マルチ商法系は実際に会い、儲け話や商品の購入を勧めてきます

実際に会えるので油断しがちですが、儲け話に乗ってしまい、自身がマルチ商法系の業者に成り下がったり、高額な商品を買わされる可能性もあるので要注意です。

意識が高い発言やフリーランスの人が多い

意識が高い発言やフリーランスの人が多い

マルチ商法系の業者は、プロフィールを見ると分かることが多いです。「毎日が楽しい」「時間に自由がある」などの自己紹介をして職業をフリーランスや自由業と名乗ることにより、「この人と知り合えば自分も自由になれるかも」と思わせるようなプロフィールを書いています

相手に自分は成功者であるという認識を植え付けさせることによって、実際にマルチやビジネスに勧誘する際の説得力が上がるので、プロフィールを洗脳の下準備として利用していることが多いです。

被害に合わないための対策方法

1回会うまではTinder内で連絡を取る

業者はメールやLINEなどでの連絡方法をすぐに取ろうとします。本来その時点でブロックしても良いとは思いますが、連絡を続けたい場合は1回本人と会うまでTinder内で連絡を取ることを徹底しましょう。

個人情報が盗めなければ、業者も諦めて連絡してこなくなりますし、1回会えれば業者でないことも証明できます。Tinder内で個人情報を漏らしてしまうことだけは注意しましょう。

怪しい勧誘や外部へのリンクが来たら通報

怪しい儲け話の勧誘や、外部リンクへの誘導をしてきたら確実に業者なので、即Tinderの運営に通報しましょう。

通報は相手のプロフィール画面右上の「…」から行うことが可能です。


書き込み

最新を表示する
閉じる