タップルで会うまでの流れを解説|会うまでの期間は平均どれくらい?

タップル 会う

タップルを使ったことがない方は「会うまでの流れってどんな感じ?」「会うまでにどれぐらい期間がかかるんだろう?」といった疑問を持つことがあるかと思います。

そこで今回は、タップルで会う流れや会うまでの期間の平均日数などを解説しています。会うまでの期間のメッセージのコツや実際に使って出会えるのかをまとめたので、タップルを使う参考にしてみてください!

タップルで会うまでの流れは?

タップルで会うまでの流れ

タップルで会うまでの流れは、自身のプロフィールを作成し、マッチングしたい相手に「いいかも」をして、マッチングができたらメッセージを送り、打ち解けたら会う約束をすることです。

1.プロフィールを作成する

カテゴリーに参加する

まず、タップルを始めたらプロフィールを作成します。プロフィールは主に「プロフィール写真」「自己紹介文」「身長や年収などの項目を記入するプロフィール詳細」の3つで構成されています

プロフィールの作成は、簡単に済ませれば5分もかからないですが、自己紹介文を考えたりプロフィール写真にどれを使うか考えたりすると、大体30分ぐらいかかります。

また、タップルの独自機能として、興味のある趣味や同じ価値観の人が集まる「カテゴリー」があり、参加をすることで、自身の趣味や興味があることを簡単に伝えることができます。

タップルのプロフィール作成のコツはこちら

2.マッチングしたい相手にいいかもを送る

タップルでいいかもを多く貰う5つのコツ

プロフィールの作成が完了したら、マッチングしたい相手に「いいかも」を送ります。相手がお返しの「いいかも」をしてくれると、マッチング成立となりメッセージが送れるようになります

タップルは、細かい条件を指定して相手を探すのではなく、選択したカテゴリーに参加している相手の中から、ランダムに表示された相手を「いいかも」「イマイチ」のどちらかに振り分ける仕様となっています。

タップルでいいかもを多く貰う5つのコツはこちら

3.マッチングしたらメッセージを送る

マッチングしたらメッセージを送る

相手に「いいかも」を送ってマッチングが成立したら、相手にメッセージを送ります。ちなみに、メッセージは女性は無料で利用できますが、男性は月額制で有料となっています

最初のメッセージは、マッチングしてくれたお礼を始めとし、お互いの共通点や「いいかも」をした理由について触れておきましょう。また、メッセージの最後は質問で締めることで返事を貰いやすくなります。

メッセージの返信率を上げる方法はこちら

4.打ち解けたらデートの約束をする

デートパス

相手とメッセージのやりとりをして打ち解けたら、相手をデートに誘って会う約束をします。相手をデートに誘う際は、メッセージのやりとりを3日間ほど続けてから誘うと断られにくいです。

タップルには、関東限定でタップルアプリ内からお店の予約ができる「デートパス」という機能があります。お店を通常の半額で利用できるので、タップルでデートをする際には利用することをおすすめします。

タップルでデートに誘う方法はこちら

タップルで会うまでの期間は平均2週間

タップルでデートに誘うタイミング

タップルでマッチングしてから実際に会うまでの期間は平均2週間と言われています。1週間ほどメッセージを重ねてからデートの約束をし、次の週に会うという流れが一般的です。

もちろん人によって個人差はあるので、あくまで平均ということになりますが、しっかり理由があります。

長期間のメッセージはダレる

メッセージだけでやり取りしていても、実際に会うまではお互い中々距離が縮まらないため、上辺だけの会話が続いてしまいます。そんな状態でメッセージを続けていると疲れてしまい、フェードアウトの原因になります。

また、数多くの異性がいるタップルで長期間メッセージだけしていたら、間違いなく他のライバルに先を越されてしまいます。一向にデートの話にならないと、相手も痺れを切らしてしまうでしょう。

マッチング後すぐに誘うと警戒される

タップルで会うまでに長期間費やすのは推奨しないという話をしましたが、逆にマッチング後すぐにデートに誘うのもNGです。

とくに女性は、自分のことをちゃんと理解してくれているか、ちゃんと見ようとしてくれてるかを相手に求めるので、まだお互いに何も理解していない段階で誘うと遊びや業者と間違われ警戒されてしまいます

編集部小又編集部 小又

タップルのおでかけ機能は、出会いたい女性がデートプランを設定して男性を募集する機能です。競争率は高いですが、当日会うことも可能です!

会うまでの期間のメッセージのコツ

長続きするメッセージのコツ

長続きするメッセージのコツ

メッセージのボリュームは相手に合わせる

自身が送るメッセージのボリュームは、相手のボリュームに合わせるようにしましょう。相手のメッセージが長文なのに対して、自分が短文で返してしまうと、「素っ気ない人だな」と思われてしまいます

また、逆も同じで、相手が短文なのに自分が長文で返してしまうと「重たい」と思われてしまう可能性があります。しかし、相手のボリュームと同じであれば、相手が丁度良いと考え送っているメッセージと同じ量になるので、不快に思われることはないでしょう。

メッセージの頻度は相手に合わせる

相手からのメッセージは、できるだけ相手の頻度に合わせて返信するようにしましょう。返すのが早いと「がっついている」と思われ、頻度が遅いと「気がない」と思われてしまうので、どちらもマイナスの印象を与えてしまいます。

また、相手から返信が来ないからといってメッセージを送り過ぎるのは逆効果です。メッセージが返ってこない事には必ず理由があるので、メッセージを連続で送ると、催促しているような印象を持たれ、相手に不快感を与えてしまいます。

会話が途切れそうになったら質問を入れる

会話が終わりそうになったら質問を加え、強制的にでもメッセージが続くようにしましょう。女性は基本的に受け身で話題を提供することが少ないので、会話が途切れてしまわないよう男性から質問をしましょう。

質問の話題は、お互い共通している趣味だと会話を続けやすいのでおすすめです。

ちなみに、相手のプロフィールを読めば分かる質問するのは厳禁です。「プロフィール見れば分かるじゃん」と思われ、顔だけで「いいね」されたと捉えられてしまいます。質問をする前に、相手のプロフィールを確認するようにしましょう。

編集部 小又

恋人同士のメッセージであれば連絡はマメに取るほうが良いですが、ペアーズでは複数人とやり取りしている可能性があるので、相手に負担をかけないことも大切です!

デートに誘うタイミングとコツ

デートデザイン修正

マッチング後すぐに誘うのはNG

相手をデートに誘う場合、マッチング後すぐに誘うのはNGです。まだお互いに何も理解していない段階で誘うと、遊びや業者と思われる可能性が高くなるため、ある程度メッセージをしてから誘うのがおすすめです。

具体的には、最低でも3日ほど時間をかけて、10通以上のメッセージをやりとりしてから誘うのが良いです。メッセージが順調に続けば、日を重ねるごとに、お互いに会いたいという気持ちが高くなってくるので、デートできる確率が高くなります。

デートという言葉を使わずスマートに誘う

参考例
・よかったらご飯行きましょう!
・明日軽くランチでも行きませんか?
・2時間くらい時間あるのでランチ行きません?

相手をデートに誘う際は、デートという言葉を使わずに「ご飯行きましょう」とシンプルに誘うことが大切です。デートという言葉は、女性側が身構えてしまい、心理的ハードルが高くなる可能性があるため、極力使わずにランチ誘うことが大切です。

また初デートは、ディナーではなくランチに誘うようにしましょう。これもディナーより心理的ハードルの低いランチに誘うことで、女性のOKをもらいやすくなり、誘いの成功率を上げることができます。

トークの流れで誘うのも有効

デートに誘う際は、基本的にストレートに誘ってしまって問題ありませんが、ストレートに誘うのが苦手であったり不安な場合は、トークの流れの中で自然に誘うことを心がけましょう

一番良いタイミングは、食べ物の話をしている時です。相手が「焼き肉が好き」と言えば、焼き肉デートをする口実になりますし、食事は、遊園地やショッピングと違い、時間が限られているので、誘われる方もハードルが低く、相手からの承諾も貰いやすいです。

デートのコツや告白のタイミングについてはこちら

LINE交換のタイミングとコツ

ライン交換のタイミングとコツ

マッチング後すぐに聞かない

Omiaiでは、連絡先は2通目から送ることが可能ですが、早すぎると遊びや業者と思われる可能性が高くなるため、ある程度メッセージをしてから交換するのがおすすめです。

具体的には、10通ほどやり取りしてからが丁度良いタイミングで、お互いの趣味や性格がなんとなく理解できた頃なので、警戒心も薄くなっており、LINE交換ができる可能性が高いです。

デートの約束ができたタイミングで聞く

LINE交換は、デートの約束ができたタイミングで提案すると、高い確率で交換することができます

デートができるという事は、少なくとも相手もこちらに興味があり、デートを承諾してくれた心理状態的にも、OKを貰いやすい傾向にあるので、LINE交換をするならデートの約束をしたタイミングがおすすめです。

交換OKなら自分が先に教える

LINE交換を自分が提案して、相手からOKを貰った場合は、自分からLINEのIDを教えるようにしましょう。

相手はLINE交換に応じたものの、自分からIDを教える流れになってしまうと「なぜ相手は先に教えてくれないのか」「IDだけ取られて逃げられてしまうのでは」と不安になってしまいます。そのためLINEのIDは、交換を提案した方から送るようにしましょう。

編集部 小又

LINEの交換のタイミングは以外に大切!タイミングを間違えると「業者かも」と思われる可能性があるので注意しよう!

LINE交換のテクニックについてはこちら

タップルは本当に会える?使って調べてみた

タップルは本当に会える?

タップルを利用しているユーザーの口コミを見てきましたが、正直言って会える人は会える、会えない人は会えないと口コミだけでは判断が難しいです。そこで実際にタップルを利用してみることにしました。

1ヶ月間で何人の女性と実際に出会えるかを検証してみましたが、結果1ヶ月で3人の女性と会うことができました。3人がどんな女性だったかを簡単にまとめてみたので紹介します。

1人目:神奈川在住 大学生 22歳 Hさん

2018y10m29d_182217de392

大学生感満載の若くて可愛らしい子といった感じの子で、3人の中では1番男性が理想とする王道の女の子って感じです。こちらの大学生とは昼頃に待ち合わせを行いカフェでランチを楽しみました。

しかし、悲劇は起きました。トークが進んでいくうちに、彼女から「今度会場を貸し切って集まるから来ないですか?」と言われたのですが、試しに「どんな集まりなの?」と聞くと「ビジネスセミナー」や「ためになる話」など胡散臭い話が。

なんと初っ端からマルチ商法の業者と出会ってしまったのです。「なぜこんなかわいい子が...」と若干ショックでしたが、彼女に追及はせず穏便にその場を済ませ解散しました。

2人目:東京在住 OL 23歳 Aさん

2018y10m29d_182217e392

2人目の女性はスロット好きな珍しい女性で、私もスロットが好きなので興味があり「いいかも」を送ったところ見事マッチング!しかもめちゃくちゃ美人でした。

私の鉄板の初回デートは、ランチデートなので彼女もお昼に待ち合わせをしました。スロット好き同士意気投合し、最近のおすすめ台とか勝ち話をしながら談笑していました。

タップルを始めたきっかけは暇つぶしのようで、別に恋人は探してないとの事でした(ショック)。

3人目:東京在住 OL 25歳 Mさん

2018y10m29d_182217392

3人目の女性は、「いいかも」が来ていたのでマッチングした方で、ちょっと変わり者というか男慣れしている感じがして、少し私は苦手でした。

私が「よろしくです」と挨拶して当然「こちらこそ」と返ってくると思いきや、「ケーキひとりで食べたの?」と挨拶ガン無視(ケーキは私のプロフ写真のことです)。正直トークが噛み合わなかったのですが、ガツガツ来てくれるので楽ではありました。

デートも相手から提案され、なんとカラオケデートへ。「カラオケがデートと言われても」と思っていましたが、案外話すために距離感が近くなるのでありな展開でした。男性からカラオケに誘ったらかなり警戒されると思いますが。

結論:タップルは出会える

正直私は、イケメンでもなければ金持ちでもありませんが、1ヶ月で3人の女性と実際に会うことができました。タップルは確かに異性と会うことができるアプリです。

ただ、1人目はマルチ商法の業者と出会ってしまったので、男女問わずメッセージで相手がどんな相手かをしっかりと見極める必要があります。


書き込み

最新を表示する