マッチングアプリPitama(ピタマ)の評判【SNS感覚で使えるアプリ】

マッチングアプリPitamaの評判

Pitama(ピタマ)は、2019年11月にリリースされた「写真から始まる出会い」をコンセプトにしたアプリです。新しいアプリだけど「他のアプリと何が違うの?」といった疑問を持つことがあるかと思います。

実はPitamaは、やりとりできる人数制限があり、4人以上とマッチングできないんです…!

この記事を読むことで、Pitamaの評判や安全性、アプリの特徴が分かるので、Pitamaを使ってみたい人はぜひ参考にしてください。

Pitamaとは【SNSのような使い勝手】

 運営会社 グランタスク
男性料金 3,280円~/月
女性料金 無料
会員数 不明
会員属性 恋活、20代前半~30代前半
特徴 ・写真で相手を探せる
・趣味の合う相手と出会える
・マッチングに人数制限がある

Pitamaは、InstagramやFacebookといったSNSのような使い勝手のマッチングアプリです。写真を「ジャンル別」に投稿して、写真から相手が探せます。

写真検索で相手を探す以外にも、ひまな日順で予定の合う相手が検索できます。

運営会社はどこ?

Pitamaの公式サイトでは、会社名は「グランタスク」です。グランタスクの事業内容は、Pitama以外に「結婚相談所Familyの運営」と表記されています。

結婚相談所Familyは、Pitamaと別に公式サイトが確認できます。Familyの事業紹介によると、アバジュール芦屋という結婚相談所が運営していて、健全な会社であるのは間違いありません。

またグランタスクは、PitamaとFamilyで「インターネット異性紹介事業届出」の受理番号が共通であることが確認できます。

アプリストアの評価は参考にできない

iTunes GooglePlay 平均/合計
評価 5.0 - -
口コミ数 10件 - -

※2019年11月時点の評価と口コミ数

Pitamaは、2019年11月にリリースされた新しいアプリであり、Android版のリリース日は未定です。現時点では口コミ数が非常に少なく、アプリストアの評価は参考にできません

口コミの評価は高いため、今後評価が大きく変わった時がアプリ評価の参考基準になる可能性が高いです。

Pitamaの安全性は?

メッセージに年齢確認が必須

メッセージに年齢確認が必須

Pitamaは、メッセージに年齢確認が必須です。マッチングアプリの年齢確認は、本人と照会できる証明書があれば行えるものが多いです。

Pitamaは、使用できる証明書が「パスポート」「健康保険証」「運転免許証」と指定されています。他の証明書では確認できないため注意しましょう。

写真で安全性を高められる

写真で安全性を高められる

Pitamaは、写真で安全性を高められます。通常のマッチングアプリは、プロフィールの「メイン写真」「サブ写真」だけ掲載できるものが多いです。

Pitamaではプロフィール写真に加えて、投稿した写真を検索画面に表示できます。そのため、写真が無かったり内容が悪い相手を避けていれば、トラブルになることはまずありません。

Pitamaの特徴

投稿写真から相手を探せる

投稿写真から相手を探せる

Pitamaは、投稿写真から相手を探せます。ユーザーの投稿した写真に、直接いいねを送れるため気になる写真はチェックしておきましょう。

写真をタップすると、相手のプロフィールが閲覧できます。Pitamaでは、写真をマメに更新しておかないと注目されずマッチング率が下がってしまいます。

ひま機能で同じ予定の相手を探せる

デーティングアプリのひま機能がある

Pitamaでは、ひま機能で同じ予定の相手を探せます。Pitamaのひま機能は、クロスミーのように全てのユーザーにアピールするのではなく、空いている日を登録して確認するための機能です。

ひま機能を登録しておくと、予定日を見た相手に注目され、休日が同じであれば誘いやすくなります。検索だけではなくマッチング後も使えるため、やりとりしたい時や会う約束をしたい時にひま機能を活用しましょう。

やりとりできる人が3人まで

やりとりできる人は3人まで

Pitamaは、やりとりできる人が3人までです。プロフィールでは、やりとりのアイコンがあり「やりとり3人以内」が点灯している人とは、マッチングできません

この場合、相手が誰かとマッチングを解消しない限りいいねを送っても無駄です。また、自身が埋まっている時にやりとりしたい人からいいねが来た時も、無条件にマッチングを変更するのはトラブルになるためやめましょう。

Pitamaを実際に使ってみた

Pitamaで検索を行った結果

Pitamaで検索を行った結果、表示された女性の登録数は14人だけでした。まだリリースから月日が経っていないアプリのため、会員数が増えるまでは出会いにくいです。

また、やりとりが3人全て埋まっている人がいないことから、男女ともに会員数が増えていないのが分かります。Pitamaで出会いを探している人は、Android版のリリース後に会員が増えることに期待しましょう。

※2019年11月時点、検索条件「指定なし」で検索

サクラや業者はいなかった

Pitamaでサクラや業者を探してみたところ、サクラや業者はいませんでした。特に、サクラのいるアプリはリリース直後から一気に増えるため、Pitamaが今後サクラを使う可能性は低いでしょう。

また、業者がいない理由に「プレリリース中で男女無料」であることが大きいです。今後有料プランが始まり、会員数が増えてきた時に、業者が登録される可能性があり警戒が必要です。

Pitamaの利用料金一覧

プラン iOS版
1ヶ月プラン 3,280円/月
3ヶ月プラン 3,000円/月
(一括9,000円)
6ヶ月プラン 2,500円/月
(一括15,000円)
12ヶ月プラン 2,000円/月
(一括24,000円)

Pitamaの料金は、シンプルな4種類のプランだけです。2019年11月現在はプレリリース期間中で、公式サイトで料金の詳細を確認することができます。

プレリリース中は、男女無料でマッチングもメッセージも送れます。Pitamaを使ってみたいiOSユーザーは、この機会にプロフィールや写真を充実したり、実際にマッチングしてみましょう。

現在、有料プランの開始時期は現在公表されていません。Android版のリリース開始に合わせて、キャンペーンや有料プランが開始されると予想できます。

まとめ:出会うには他のアプリを使うべき

会員が少なく出会えない

Pitamaは、会員が少なく出会えません。プレリリース中の無料や、新しいアプリとアピールされていても、出会うには他のアプリを使うべきでしょう。

Pitamaは現在、iOS版のみで広告もほとんど見かけません。出会える機能は優秀なため、今後Android版のリリースや、会員数が増えれば評価が変わる可能性は高いです。

安全性は高いアプリ

Pitamaは、安全性は高いアプリと評価できます。年齢確認に特定の証明書しか利用できないため、年齢確認済みのユーザーとだけやりとりすれば、今後も業者に会うリスクが低いです。

また、写真を投稿していなかったり枚数が少ないユーザーは信用されません。写真に力を入れることで、安全性を高めると同時に注目を集められます。

書き込み

最新を表示する
閉じる