ペアーズ(Pairs)のメッセージでおすすめの話題鉄板ネタ!返信率を上げる方法

ペアーズメッセージ話題

ペアーズで、メッセージを送る時に「どんな話題にすればいいのか分からない」「会話を盛り上げる方法はないかな?」という悩みを持ったことはありませんか?そんな悩みを解決します。

実は、この記事で紹介する話題を実践すると、誰でも魅力的なメッセージを送ることができます。なぜなら、私も実際に実践して、異性からの返信率が格段に上がったからです。

この記事では、有効な話題の鉄板ネタを一覧でまとめ、女性もしくは男性からの返信率を上げて、会話を長続きさせる方法を掲載しています。もう異性との会話に詰まることもありません!

話題の鉄板ネタ集

鉄板ネタ一覧
▼趣味と特技 ▼ファッション
▼音楽 ▼動物とペット
▼仕事 ▼住んでる所とよく遊んでる場所
▼好きな食べ物と食事 ▼ゲーム
▼休日の過ごし方 ▼芸能人と著名人

メッセージの話題の鉄板ネタは、共有できる事柄です。切り出しが大切なので、臆せず送ってみると吉です。

相手の好きなものを聞いてみたり、自分の好きなものを伝えてみたりしましょう。「最初に話す話題は絶対これ!」と自身の中での鉄板ネタを決めておくのも、話を切り出しやすくなるのでおすすめです。

両者が分かりやすい内容で、なおかつ話題を広げる知識があるものを選択することで、自身もメッセージを送るのに詰まること無く、スムーズに会話が弾みます。

趣味と特技

趣味

参考例
・「カラオケ好き!」のコミュニティ入ってるの一緒ですね!歌うの好きなんですか?
・料理が得意なんですね!得意料理はなんですか?

同じ趣味や特技を持っている場合は、趣味特技の話題で共感し合えるので大きな武器になります。ペアーズには、コミュニティの機能があるので、相手のプロフィールを見て話題を振ってみましょう。

もし、同じ趣味がない場合は相手の趣味特技に興味を持ち、疑問を投げかけてみると、会話が続く可能性が高いです。相手は自分の好きなことに、関心を持ってもらうと喜ぶはずです。

ファッション

ファッション

参考例
・服装おしゃれですね!普段はどこでショッピングされるんですか?
・ピアス似合ってますね!普段からつけているんですか?

おしゃれが好きそうな相手なら服装やアクセサリーを褒めてあげるのも有効です。いつも買い物してる場所を自然に聞けるので、相手の活動場所を知るための話題作りとしてもいいかもしれません。

ただしファッションについて相手から聞き返された時に、自身があまりおしゃれに関して疎いと上手く返せないということが起きるので、注意してください。

音楽

音楽

参考例
・米津玄師好き一緒なんで嬉しいです!どの曲が好きですか?
・楽器やってるのかっこいいですね!いつからやってるんですか?
・ライブとかよく行くんですか?

音楽好きの異性は多いです。相手の好きな曲や、アーティストが自分と同じだと、会話を広げることが可能です。好きな曲や、アーティストが同じ事に食いついてもらえれば、返信がもらえる確率が上がります。

動物とペット

ペット

参考例
・犬(猫)好きなの一緒ですね!可愛いですよね!
・ワンちゃん(ネコちゃん)飼ってるんですね!お名前はなんていうのですか?

ペアーズの動物関連のコミュニティは、人気コンテンツな上に動物好きなことをアピールするのは、基本的に好印象を与えます。

自己紹介文に好きな動物を書いたり、動物関連のコミュニティに参加しておくなど、相手から見ても掴みどころが何か1つでもあるようにすると、より効果的です。

仕事

仕事

参考例
・何のお仕事をされてるんですか?
・家から会社まではどれくらいかかるんですか?
・土日はいつも暇しています。〇〇さんはお休みはいつですか?

相手の仕事のことを聞くのは、何回かメッセージの会話をしたあとの方がいいです。仕事のことを聞くのは、より相手の実生活に迫る質問になるので、最初に踏み込みすぎると警戒心が生まれてしまいます。

予定を組むにあたって、相手のプライベートの時間や、場所を定めるのは重要です。相手の会社の場所や休日の日を聞けたら、出会いの確率も上がっていきます。

住んでる所とよく遊んでる場所

場所

参考例
・私は〇〇に住んでるんですが、△△さんはどちらに住んでるんですか?
・〇〇によく行くんですか?私もよく利用してます!

住んでるところが同じだと、地元トークを広げれます。よく出かける場所が一緒だと共感を得ることが可能です。相手の活動範囲も知れるので、実際出会うのに場所の話題は必要不可欠です。

しかし、相手の活動範囲も実生活に踏み入った話になり、警戒心を持たれやすくなるので、しつこく聞いたりいきなり聞くのは、避けるのがおすすめです。

好きな食べ物と食事

食事

参考例
・焼肉好きなんですか?私も大好きです!
・私もスイーツ大好きです。行き付けのお店とかあるんですか?
・よくどちらでお食事されてるんですか?

食べ物の話題はとっつきやすく、返事がしやすいです。参加しているコミュニティを見て、話題を振ってみましょう。

行き付けの店舗などを聞き出す事で、そのまま「今度一緒に行きませんか?」とデートに誘い出す口実に繋がる可能性が出てきます。

ゲーム

ゲーム

参考例
・〇〇さんもモンストやってるんですか?一緒ですね!
・このゲームのクリアの方法が分からないんですけど、教えてもらえますか?
・お時間あれば一緒にゲームしませんか?

お互いの共通の話題が、ゲームという場合もあります。プレイしているゲームが同じなら、話題を振ってみるのもありです。一緒にプレイしたり、情報交換する事で話題が広がるかもしれません。

ただし、その状況が長引いても出会いに繋がりません。最終目的は、実際似合うことだというのを忘れてはいけません。あくまで一つの話題作りのネタとして使いましょう。

休日の過ごし方

休日

参考例
・私は休日をショッピングをして過ごしています。〇〇さんはお休みの日は何をされてるんですか?
・〇〇さんは「映画が好き」のコミュニティに入ってますが、最近映画など観に行きましたか?

「休日はどう過ごしてますか?」は意外と簡単に答えてくれます。先に自分はどう過ごしてるかを伝えたり、コミュニティから相手の休日を察して、自然に聞いてみるのがコツです。

休日は、大抵が趣味の時間に費やしてる方が多いので、そのまま趣味に関しての話題につなげるのもおすすめです。

芸能人と著名人

芸能人

参考例
・私はお笑いが好きでよく見てるんですけど、〇〇さんは好きな芸能人とかいますか?
・昨日の【テレビ番組】見ました?面白かったですよね!

俳優が好きな人やお笑いが好きな人、ジャニーズが好きな人など様々ですが、共通の話題として芸能人の話題も1つの手段です。

芸能人や著名人の話題は、たとえ同じ人が好きでなくても構いません。なんでその芸能人が好きなのかを質問で出せるので、相手の好きなことに関心がある風に見せれます。

初メッセージの返信率アップの裏技

ペアーズ返信

名前で呼んでみる

「あなたは?」よりも「〇〇さんは?」ときちんと名前で呼ばれる方が、話を聞いてくれてる感が出て、相手は嬉しいです。質問を投げかける際に、自然に名前を添えてあげると効果的です。

名前で呼ばれることで親近感も生まれる他、テンプレ感が消え、きちんと自分宛に送ってくれてるように感じますので、返信率アップに繋がります。

自己開示をしつつ共通点を探す

例えば、「僕も猫派です!一緒ですね。」など、自己開示をしつつ共通点を探すと、お互いの好きな分野で話題を広げて盛り上がることが可能です。

何も知らない相手と話すのは不安なものなので、自己開示も挟んで共通点を探して安心させましょう。参加のコミュニティや紹介文などにヒントはたくさんあります。

文末は疑問形で終わる

共通の話題になりそうなことが見つかったら、文末に質問を付けてみましょう。相手からしても、自分の好きなことや答えやすい質問が来たら返しやすいです。

趣味や趣向だけではなく、体験したことや見たもの、最近の流行りなどもお互いの共通点になりやすく、話題が広がります。

編集部(林)編集部 林

ただし、1回の文で複数の質問をするのは、避けましょう。複数の質問は、余裕がないように見えてしまいます。答えるのがめんどくさくなって、会話が途切れる可能性があるので、注意が必要です。

メッセージを長く続ける方法

メッセージ長続き

ガツガツしないようにする

見ず知らずの人にガツガツ来られると、基本的に引いてしまいます。故に、やりとりが長く続きません。相手から返信がないからといって連続してメッセージを送ると、大抵切られます。

一回で送れるメッセージも長文だと重く捉えられます。かといって短すぎても愛想が無いように見えるので、最低でも3文、長くても5文以内に文章を収めるのをおすすめします。

丁寧な言葉遣いを心がける

フレンドリーに行きたいから、最初からタメ口で話すというのは間違いです。相手に馴れ馴れしい印象を与え、逆効果です。丁寧な言葉遣いで敬語で話したほうが、余裕感が出て相手に好印象を与えます

メッセージをする相手がたとえ年下だったとしても、敬語で話しましょう。メッセージを返してもらったら、お礼を言うのも秘訣です。

否定的な意見は避ける

会話はポジティブに明るくいきましょう。ペアーズのメッセージの場は決して議論をする所ではありませんので、自分の発言に否定的な言葉を言われると気分を害します

相手の意見を否定するのではなく、共感をしてみることで好印象に繋がり、返信率が上がります。

自分のことばかり話さない

自分が話すのに必死になってしまい、自分語りが多くなると返信が途絶えることもあります。自分の事ばかり話すと、めんどくさい人だと思われる危険性があるので、聞き手と話し手のバランスが大切です。

自分ばかりが話すのではなく、相手からも質問してもらえるような会話運びが重要です。「最近○○な事がありまして」「何があったんですか?」と質問を誘発するのがコツです。


閉じる