ペアーズ(Pairs)でマッチングしないのはなぜ?理由と改善策を解説

ペアーズでマッチングしないのはなぜ

「ペアーズで全然マッチングできない…いいねも来ない…」と、落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか。

わたし自身もペアーズに登録したての頃は、実は全然マッチング出来ていませんでした。というのも、会員数NO1というペアーズの実績に甘え、ペアーズをうまく使いこなすことが出来ていなかったからです。

こちらの記事では、ペアーズでマッチングしない理由と、マッチングするためのコツについて、女性目線から男性に向けてご紹介しています。

「ペアーズでマッチングしない理由が知りたい方」や「マッチングできるようになる方法が知りたい方」は、良かったら参考にしてみてください。

ペアーズでマッチングしない7つの理由

マッチング出来ない主な理由
・プロフィールの写真がよくない
・プロフィールの内容が充実していない
・いいねする相手選び
・実家住まい
・年収を書いていない
・積極的に活動していない
・自分の年齢層とアプリの年齢層が合っていない

ペアーズでマッチング出来ない主な理由は、以上の7つです。具体的にどういうことなのか、見ていきましょう。

プロフィール写真が悪い

以下のような写真はやめよう
・加工アプリを使用した写真
・変顔、ウケ狙いの写真
・マスクなどで顔が分からない写真

自分が異性に「いいね」する時は、まずどこを見ますか? 多くの方が最初に「トップ写真」を見て、気になれば「サブ写真」を見て、「プロフィール」を確認する流れだと思います。

つまり「トップの写真」の印象が悪いと、そもそも「いいね」しようとは思わないですよね。また、サブ写真には「全身が写っている写真」や「趣味が分かる写真」を載せましょう。

プロフィールの内容が薄い

相手に見られている項目
・しっかり記入しているかどうか
・恋活・婚活に対する真剣度、誠実さ
・趣味やライフスタイルの共通点

顔写真の次に重要となってくるのが「プロフィール内容」です。プロフィール内容があまりにも短すぎると、どんな人物なのか分からないのでマッチングに至りません。

相手がプロフィールを見る場合にチェックするのは「しっかり記入されているか」「真剣度、誠実さ」「趣味やライフスタイルなどの共通点」です。

詳しいコツについては後ほど解説しますが、プロフィールの記入をおろそかにせず、充実させることが大事です。

マッチングしにくい相手にいいねをしている

ペアーズだけに限ったことではありませんが、マッチング出来ない理由の一つとして「いいねをする相手が悪い」ケースもあります。

例えばあまりにも高望みしすぎていたり、年齢が離れていたりするとマッチングする可能性が低くなります。

また、最終ログインが1か月以内や1週間以内になっているなど、直近で活動していない人に「いいね」していませんか? いつ「いいね」を見てもらえるか分からなそうな相手に「いいね」するのは控えましょう。

嫌がられる?!実家住まい

ペアーズには詳細プロフィールの欄に、「同居人」について記載する箇所がありますが、意外とここを重視する女性が多くいます。例えば「実家暮らし」であれば、「結婚しても、相手の実家にずっと住まなくてはいけないのか?」「全く家事が出来ない男性なのか?」と不安に思う女性が多いのです。

嘘をつく必要はありませんが、「実家暮らし」=「自立していないのでは?」というマイナスな印象を抱く女性が多いので、この「不安を払しょくする」必要があります。

実家暮らしの場合は、自己紹介の欄に「今は両親と住んでいますが、いい人がいたら家を出るつもりです」など、「自立する意思がある」という一文を入れておくことをオススメします。

年収を書いていない

自分の所得に自信がない場合、詳細プロフィールの「年収」のところを空欄にしていることがあります。確かに世の中の平均的な年収よりも大幅に低いと、マッチング確率が下がってしまうことは事実です。

しかし空欄にしていたばかりに、マッチング後に年収を告げた相手にブロックされたという事例もあります。これはかなり極端な例ですが、空欄にするよりもきちんと記載しているほうが、「年収を気にしない女性とだけ出会える」という利点があります。

「好きな相手であれば年収は気にしない」女性も、意外と多くいるものです。他のスキルや性格などでアピールしましょう。

積極的に活動していない

自分自身の「いいね」は、今どれくらい残っていますか? 男女共に受け身な方も多くいますが、所有している「いいね」は、ぜんぶ使い切る勢いで「いいね」していきましょう。

例えばペアーズでは毎月「30いいね」が付与されますが、無料会員だと保有できる「いいね」に上限があるので、余らせてしまうと損することになります。

と言っても誰にでも「いいね」を送ればいいのではなく、上述したように「マッチングの可能性が高そうな異性」に的を絞っていいねしていきましょう。

年齢層が合っていない

そもそもペアーズを使う主な年齢層と、自分の年齢がマッチしていない場合もあります。ペアーズの年齢層は25歳~35歳くらいが多く、婚活よりもやや恋活目的の方が多い傾向があります。

アラフォーやアラフィフの場合は、ユーブライドやマリッシュの方が同年代が多く、マッチングする可能性も高くなります。

マッチングするためのコツ

マッチングするためのコツ

それでは、ペアーズでマッチングするための具体的なコツを見ていきましょう。

勝負はほぼ写真で決まる

ペアーズで異性とマッチングするために、最も重要な「プロフィール写真」から解説します。ここで大切なのは「イケメン/美人であること」よりも「清潔さ/ちゃんと顔がはっきり分かるかどうか」ということです。

NGな写真例

チェック項目
1.snowなどの加工写真:いい年して動物の耳を付ける等の加工もやめましょう。
2.顔が隠れた写真:マスクなどで顔を隠すのは控えましょう。顔に自信がなくとも、全部見せることで相手の「不安」を取り除きましょう。
3.変顔:知らない人の変顔を見て面白いと感じる人は少ないです。
4.画質の粗い写真:古い写真なのかなという疑念を抱かせる可能性があります。
5.自撮り写真:多くの人が「ナルシスト」といった印象を抱きます。

まず、自分の写真が以上の項目に当てはまらないかどうかチェックしてみてください。

他にも、ドアップ過ぎる写真や露出の高すぎる写真も、「変な人」という印象を与えることが多く、おすすめしません。

それでは、どういった写真ならばOKなのか見ていきましょう。

好印象なプロフィール写真の作り方

大事なポイント
・笑顔
・顔がはっきり分かるもの
・一人で写っているもの

好印象で万人受けするプロフィール写真を作る上で大事なポイントは、以上の3点です。相手の声も顔も、そして人となりも分からないネットの出会いでは、なるべく「不安要素」を取り除く必要があります。

友だちなど、複数人で写っている写真を載せている方もたまに見かけますが、どれが本人なのか分からない上、そういった写真は顔がはっきり分からないものも多々あります。

また、社会人なのに学生時分の写真など、古い写真を載せることはやめておきましょう。仮にマッチングしたとしても、あまりにも現実と写真にギャップがあると、その後の関係は長続きしません。

サブ写真もしっかり設定

意外と見落としがちなのが、サブ写真の設定です。ペアーズではサブ写真の上限がありませんが、最低でも5、6枚のサブ写真は登録しておきましょう。

その際には、1枚は全身が分かるような写真、2~3枚はトップ写真と違う角度からの自分の写真、そして食べ物や風景など自分の好きなものや趣味の写真も登録しておくのがベストです。

写真は登録したら登録した分だけ、マッチングの確率が上がると言っても過言ではありません。もちろんサブに自分の写真を載せる場合も、上述したNGの写真例にあてはまるものは登録しないようにしましょう。

プロフィールを充実させる

大事なポイント
・自己紹介をしっかり(敬語で)書く
・ポジティブな自己紹介

マッチング率を上げるプロフィールの書き方のポイントは、以上の2点です。プロフィール写真の設定が終わったら、次はプロフィールを充実させましょう。

いくら写真がよくても、相手の趣味や人となりが分からなければマッチングに繋がりません。「いいね」を返そうかどうか迷った時の判断材料はプロフィールです。

自己紹介をしっかり敬語で

抑えるべきポイント
1.仕事内容:1行くらいでOK
2.趣味:共通点を見つけるための最重要ポイント
3.休日の過ごし方:ライフスタイルが見えやすい項目、書いておくと◎
4.結婚への真剣具合:婚活している人へアピールできる◎
5.登録した目的:冒頭部分に、挨拶と共に書いてあると◎
6.好きな食べ物や好みのタイプ:あれば親切、食べ物は話のネタにも◎

内容としては、以上のポイントを抑えることが出来ていればベストです。くだけた口調ではなく、敬語で書くことも大切です。丁寧な文体にすることで「誠実さ」がアップします。

一言だけの自己紹介よりも、300字~400字程度(10行ほど)書くことで「真剣度」も伝わり好印象です。特に女性はプロフィールの文章までしっかり読み込む人が多いので、少なくとも「自分の仕事内容」や「趣味」については書くようにしましょう。

ポジティブな自己紹介を

NGな文章例
・「不細工だけど、肥満体型だけど、それでもいいって人お願いします」
・「彼氏、彼女いない歴=年齢です」
・「つまらない人間ですが~…」「落ち込みやすい性格です」「低所得ですが~…」
・「〇〇歳以下の方よろしくお願いします」
・「身長〇〇センチ以下の人がいいです」
・「〇〇の人お断りです」

ネガティブな自己紹介や、他者を否定するようなことを書くのは控えましょう。具体的には、以上のような文章は書かないようにしましょう。

どんな人にも短所はありますが、知らない人の短所を最初から受け入れることが出来る人は多くありません。例えば就活の際にも、ネガティブではなく、アピールポイントを前面に押し出すかと思います。

「〇〇の人お断り」といった文章を書いている方も見かけますが、他人を拒絶するような表現は、当てはまらない方にも悪い印象を与えてしまいます。ポジティブな自己紹介を心がけましょう。

プロフィール例

自己紹介のテンプレ例文
はじめまして。プロフィールを見ていただきありがとうございます!
〇〇で〇〇の仕事をしています。男性ばかりの職場でなかなか出会いがないため、登録しました。
趣味は〇〇で、休日は〇〇をしていることが多いです。最近は〇〇にハマっています。
他、〇〇や〇〇が好きなので、一緒に楽しめる方と出会えたら嬉しいです。
まずはメッセージから、お話しできたらいいなと思います。よろしくお願いします。

以上の例文を元に、趣味や好きなことについては具体的に肉付けをしてみましょう。例えば映画鑑賞が趣味なら、どういうジャンルの映画が好きか、一番好きな映画はなんなのか…と言ったように、カテゴリの話だけで終わることがないようにしましょう。

自分がどんな人間なのか、イメージしやすい自己紹介を書いてみましょう。

マッチングのコツを実践して出会いにつなげよう!

マッチングのコツを実践して出会いにつなげよう

以上、ペアーズでマッチングしない7つの理由と、マッチングするためのコツについてご紹介しました。

きちんと顔の分かるプロフィール写真を載せ、プロフィールを充実させるだけでもマッチング率は改善されるはずです。あとは「自分の魅力」を伝えることに努めましょう。

それでもマッチング出来ない場合は、「そもそもペアーズが合っていない」可能性があります。そんな時は以下の記事も参考にしてみてください。


書き込み

最新を表示する
閉じる