ペアーズ(Pairs)には既婚者がいる?特徴や見抜き方を解説

ペアーズには既婚者がいる

会員数1,000万人を超えるペアーズは、真剣に恋活・婚活している人にオススメのアプリです。でもアプリを使っていく上で、「既婚者がいるのかどうか」気になりますよね

こちらの記事では、ペアーズに既婚者がいるのかどうかということ、そして既婚男性の見分け方について解説しています。既婚者を避けて、ペアーズで真剣な出会いをしたいと思っている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ペアーズに既婚者はいるのか?

そもそもペアーズに既婚者はいるのでしょうか。結論から申し上げると、ペアーズに既婚者は存在します。ペアーズは会員登録時に独身証明を提出しなくとも登録できるからです。

わたし自身は既婚者の方に出会ったことはありませんが、twitterの口コミなどで検索すると「既婚者、要注意アカウント!」などの情報が流れてくることもあります。

ちなみに、ペアーズを運営するエウレカが新しくリリースした結婚コンシェルジュアプリ「ペアーズエンゲージ」は、独身証明書が必須になっています。

既婚者が登録するのは利用規約違反

ペアーズ_利用規約

ペアーズでは、以上のように既婚者の利用を禁止している上、Facebookの交際ステータスが「既婚」の場合は登録できないようになっています。

しかし、ペアーズに限ったことではありませんが、Facebookではなく電話番号で登録していたりすると、既婚者でも簡単に登録できてしまいます。なぜなら、独身証明書の提出が必要ないからです。

もちろん、真剣に恋活・婚活している会員の方が圧倒的多数とは言え、既婚者とは絶対マッチングしたくないですよね。続いて、ペアーズにいる既婚者の特徴や、見分ける方法について解説します。

ペアーズにいる既婚者の7つの特徴

ペアーズにいる既婚者の特徴
1.ハイスペック、イケメン
2.「結婚歴」など結婚に関する項目が未記入
3.顔がよく分からない
4.平日の昼間しか連絡が取れない
5.すぐに会おうとしてくる
6.土日やイベント時は会えない
7.自分のことを話したがらない

既婚者の場合、嘘や隠し事が多いため、以上のような特徴があります。

ハイスペック・イケメンは怪しい

高学歴、そして年収が高めでイケメンなのに彼女がいない…そんな男性は疑ってみたほうが良いかもしれません。条件の良い男性は、大抵の場合は周りが放っておかないからです。

もちろん、本当に仕事が忙しくてパートナーがいない場合もありますが、そういった男性はごく少数であるということを念頭に置いておきましょう。

また、いいね数が多い人気会員なのに、ペアーズを長く使っている場合も注意しましょう。相手を一人に絞るつもりがなく、遊び目的で使っている可能性が高いからです。

結婚に関する項目が未記入

ペアーズでは、プロフィール欄に「結婚歴」や「子供の有無」、「結婚に対する意思」などを入力する項目があります。これらの結婚に関する項目が空欄の場合は、既婚者の可能性が高いです。

なぜならば、「後で言い訳をしやすいように空欄にしている」もしくは「嘘をついてまで空欄を埋めるつもりはない」などの理由から、結婚に関する項目を埋めていない既婚者の人がいるからです。

他のプロフィールは詳細に書かれているのに、結婚に関する項目だけ空白になっているという人には注意しましょう。

顔がよく分からない

中には防犯上の理由から顔写真を載せていない方もいらっしゃいますが、既婚者の場合は、周囲にバレないように顔の一部だったり、首から下の写真を載せていることもあります。

後ろ姿や横顔のみの写真、ぼやけた写真など、顔がはっきり分からないプロフィール写真を設定している人とのマッチングは避けた方がベターでしょう。

平日の昼間しか連絡が取れない

既婚者の場合は、マッチングアプリを使える時間は通勤時間や会社にいるときなどに限られます。なぜなら、家にいる間にマッチングアプリを使うと、家族にバレる可能性があるからです。

そのため、平日の昼間にしか返信が来ない、夜から朝にかけては連絡が取れないといった場合は疑いを持ちましょう。電話をする際も、いつも相手が外にいるならば既婚者の可能性は高いと見て良いでしょう。

すぐに会おうとしてくる

既婚者は、すぐに会える人や都合のいい相手を探しています。そのため、メッセージを長くやり取りすることを避ける傾向があり、お互いを知る前に会おうとしてきます。

会う時も、相手にとって都合のいい場所を提示されたら注意しましょう。「明日、〇〇で会える?」など、こちらの都合をまるで考えていないようなお誘いは避けるに越したことはありません。

土日やイベント時は会えない

ペアーズに限ったことではありませんが、土日やイベント時に会う約束が出来ない・連絡が取れない場合は既婚者である可能性が高いです。なぜならば、既婚者にとっての土日は家族に使う時間だからです。

クリスマスやバレンタインなど、恋人たちにとって欠かせないイベント時のデートも断ってきたら、既婚者であると疑ってしまって良いでしょう。

自分のことを話したがらない

既婚者は嘘をついてマッチングアプリを使っているわけですから、自分を特定できるような情報や、自分自身について話したがらない傾向があります。健全なお付き合いであれば、住まいや勤め先、休日の過ごし方など普通にお話しできる話題ですよね。

個人情報に関して口をつぐむということは、後ろめたいことがあるからといった可能性が高いでしょう。また、結婚や将来の話題になると途端に機嫌が悪くなる場合も要注意です。

ペアーズの既婚者を見抜く3つの方法

ペアーズの既婚者を見抜く方法
1.家に関することを聞いてみる
2.本名やFacebookを尋ねてみる
3.違う曜日や時間帯を提案する

それでは、ペアーズにいる既婚者を見抜く方法について見ていきましょう。少しでもおかしいなと思うところがあれば、早めに連絡を断つことをオススメします。

家に関することを聞いてみる

家に関することを聞いてみよう
・住んでいるエリアなど
・一人暮らしor実家暮らし
・食事は?自炊?

既婚者かもしれないと思ったら、まず家に関することを聞いてみましょう。

例えば東京の場合、会社が都内なのに郊外に住んでいる場合は既婚者である可能性が高まります。単身であれば都内近郊に住むのが普通であり、家族がいる場合に郊外に住むのが自然だからです。

既にお付き合いをしている間柄であれば、「家でデートしたいなあ」と提案してみましょう。ある程度の親しい関係にも関わらず、家に来ることを拒む場合は既婚者である可能性が高いです。

本名やFacebookを尋ねてみる

最初の方の段階で、本名やFacebookを聞いてみましょう。教えてもらえない場合は、既婚者である可能性が高いです。「そういえば本名お伺いしていなかったですよね!わたしは〇〇(自分の本名)です、是非教えてください!」といったように明るく尋ねてみましょう。

本名が分かればSNSを特定出来たり、過去の写真を見ることが出来る場合もあるので、交際歴や既婚であるか否かの判断材料になります。検索する場合は、漢字とアルファベット両方で検索してみましょう。

違う曜日や時間帯を提案する

もし、定期的にデートをしている場合で、なおかつ決まった時間や曜日に会っている場合は違う曜日・違う時間を指定してみましょう。

普通であれば、必ずその時間・曜日でなければデートできないなんてことはあり得ませんが、既婚者の場合ですと家族に縛られているので自由な時間が決まった曜日・時間しかない可能性があります。

既婚者だと判明したら違反報告を

ペアーズで違反報告する方法
・通報する人のプロフィールもしくはメッセージ画面を開く
・右上の「…」をタップ
・「違反報告をする」をタップ
・違反内容で「既婚者」を選び、必須項目を埋めて送信

もしペアーズでマッチングした方が既婚者であると判明したら、公式に違反報告を行いましょう。既婚者は、真剣に恋活・婚活している人にとって失礼極まりない存在です。

既婚者の利用は迷惑行為ですので、被害者が少しでも減るように速やかに報告しましょう。

書き込み

最新を表示する
閉じる