Omiaiのブロックは相手にどう見える?されたか分かる?ブロックの全てを解説!

ブロック機能の全てを解説

マッチングアプリplus編集部の林です。

Omiaiにはブロック機能がありますが、「ブロックすると相手にはどう見えるんだろう?」「ブロックされたかどうかって分かるのかな?」といった疑問を持つことがあるかと思います。

今回は、Omiaiのブロック機能について徹底的に調べました!

この記事を読むことで、ブロックした際の相手画面の表示やブロックされたか判断する方法だけでなく、ブロックと削除の違いも分かるので、ぜひ参考にしてください。

編集部林この記事を書いた人

林@マッチングアプリplus編集部

犬好き。マッチングアプリで初めて出会った相手はマルチ業者という悲しい経験を持つ。アプリに慣れてきた結果、毎週女の子と出会えるようになるまで上達した。

Omiaiのブロックとは

Omiaiのブロックとは

ブロックする方法
1.相手プロフィール画面右上をタップ
2.ブロックするをタップ
3.確認画面で「プロックする」をタップ

Omiaiのブロックとは、ブロックした側とされた側でお互いのプロフィールが見れなくなる機能です。「もうメッセージをしたくない」「プロフィールを見られたくない」といった際にブロックを使います。

ちなみに、Omiaiには、今までブロックした相手が分かるブロックユーザーリストがありますが、ブロックした相手を解除することはできません。ブロックユーザーリストは、設定の各種設定から確認できます。

ブロックすると相手には退会者と表示

ブロックすると相手にはどう見える?

ブロックをすると、相手の画面には上記画像のように、退会者として表示されます。相手の画面では自身が「退会済み」と表示され退会者のフリができるので、「ブロックしたら相手にバレてしまうのでは…」と心配する必要はありません。

ちなみに、ブロックをすれば相手の足跡履歴から、自身の足跡が消えます。ブロックする際に相手のプロフィールを閲覧することになりますが、ブロックすると足跡も残らないので大丈夫です。

ブロックされた場合の見分け方

ブロックされた場合の見分け方

相手が退会済みの表示になる

自分がブロックされているかは、相手が「退会済み」と表示されていた場合に、ブロックされている可能性があります

ブロックされると、相手が「退会済み」と表示され、プロフィールを確認できません。マッチングしていた場合は、今までやり取りしていたメッセージを確認することもできなくなります。

退会かブロックか確認できるが非推奨

「退会済み」と表示された場合に、ブロックなのか本当に退会なのかの見分け方は、他のアカウントでOmiaiにログインして、ブロックされた相手を検索して表示されるかどうかで、見分けることができます。

とはいえ、複数アカウントの使用は規約違反となり、Omiaiを利用停止処分されてしまうかもしれないので、やめておきましょう。

編集部(林)編集部 林

結局のところ、ブロックされたと分かって再度別のアカウントでマッチングしてもブロックされるだけでしょう。ブロックされたかどうかは気にせずにOmiaiを利用した方が、精神的に気楽です。

ブロックと削除の違い

ブロックと削除の違い

ブロック
  • ・相手には「退会済み」と表示される
  • ・後で解除できない
  • ・マッチングしていない相手もブロックできる
削除
  • ・相手画面での表示は変わらない
  • ・後から解除できる
  • ・マッチングした相手しか削除できない

ブロックは、お互いが相手のプロフィールを見れなくなりますが、削除の場合は、削除した側のみ相手のプロフィールが見れなくなります。また、ブロックは後から解除することができませんが、削除はいつでも解除可能です。

削除された側は、削除を送っても無視される状態になります。そのため、「相手のメッセージが邪魔だけど2度と見ないわけではないかも…」といった際に削除機能を活用しましょう。

ブロックを使うべきタイミングは?

Omiaiブロック

何度も足跡を付けられて不安な時

何度も足跡を付けられて怖くなった場合は、ブロックをしましょう。ブロックをすれば、プロフィールを閲覧されなくなります。

不快なメッセージを送られた時

暴言や下ネタなど不快なメッセージを送られた場合は、すぐにブロックしましょう。ブロックすれば自身の画面に表示されなくなるので、不快な文章を見ないで済みます。

二度と出会いたくない時

一度出会ったけれども、全く話が弾まなかったり相手に不快な思いをさせられた場合は、ブロックをしましょう。Omiai以外で連絡先の交換をしていなければ、ブロックすることで二度と出会わないですむでしょう。

知り合いを見つけた時

知り合いを見つけた場合は、すぐにブロックをしましょう。ブロックをすれば相手にプロフィールを見られなります。ブロックをすれば相手に足跡が残らないので、知り合いのプロフィールを見てしまった場合もブロックをすればバレないです。

相手があなたをブロックする理由

相手がブロックをする理由

1.メッセージを不快に思った
2.何度も足あとを付けられて不快に思った
3.実は知り合いで身バレを防ぐため
4.他の人と交際を始めたため

相手がブロックをする理由は、上記の4つが考えられます。特に何もしてないのにやり取りをしている相手が退会済みになる場合は、他の人と交際を始めた可能性があります。また、実は知り合いで身バレを防ぐためにブロックしている可能性もあります。

LINE交換後にブロックされた理由は?

LINE交換後にブロックされた場合は、相手が個人情報の収集やビジネスへの勧誘を行う業者で、Omiai運営への通報を防ぐためにブロックをしている可能性があります。

Omiaiは、相手にブロックされるとプロフィール詳細を開くことができないので、ブロックをすることで相手が通報できなくなります

会った後にブロックされた理由は?

会った後にブロックされた場合は、相手にとってデートがイマイチだった可能性が高いです。ブロックされた場合は連絡を取ることができないので、ブロックしてきた相手のことは忘れて新しい相手を探しましょう。

ブロックされないための注意点

ブロックされないための注意点

何度も足あとを付けないようにする

同じ相手に何回も足あとを付けないようにしましょう。相手のプロフィールを何回も見て足あとを付けてしまうと、「この人何回もプロフィール見てる…ストーカーかな…」と警戒されてブロックされやすいです。

ちなみに、一度マッチングした後であれば、プロフィールを見ても足あとは残らないので、何回もプロフィールを見て問題ありません。

メッセージに気を付ける

相手に送るメッセージには気を付けましょう。いきなりタメ口のメッセージを送ると、「敬語も使えないのか…」と相手に引かれてしまう場合があります。ただし、相手もタメ口であれば、こちらもタメ口に切り替えて問題ありません。

また、男性の方は、下ネタや相手の交際歴を話題にしないように気を付けましょう。女性の方は、相手の年収など金銭面の話題はしないようにしましょう。

編集部が選ぶおすすめアプリ5選

順位 アプリDL 特徴
1位 ペアーズペアーズ ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
2位 withwith ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位 OmiaiOmiai ・会員数が業界3位の400万人
・恋活から婚活まで幅広く対応
・東証一部上場企業が運営している
4位 タップルタップル ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
5位 ゼクシィ恋結恋結び ・東証一部上場企業が運営している
・位置情報で相手を探せる
・タイプの相手を探しやすい
PR
ハッピーメールハッピーメール ・会員数が出会い系最多でどこでも会える
・運営実績が19年以上で安心
・遊び目的におすすめ

編集部が選ぶおすすめアプリ1位は、ペアーズです。国内利用者数がNo.1なので、人口の少ない地方の県でも、十分出会うことが可能です。

複数のアプリを実際に利用してみることで、自分にあったマッチングアプリを探すことができます。会員登録だけであれば無料なので、実際にアプリを触ってみて自分に合うアプリを探してください。


Omiaiの関連記事

もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー