メルパラはサクラだらけ!?業者やキャッシュバッカーに騙されない為の見分け方!

メルパラ

マッチングアプリplus編集部の林です。

この記事では「メルパラにサクラはいる?」「サクラと業者の違いは?」という疑問を解決できるように、見分け方やそれぞれの特徴を分かりやすく解説しています。

私がメルパラを始めた頃は、業者の見分けが付かずにポイントを無駄に消費してしまっていましたが、今では少ないポイントでも出会うことができるようになりました。

サクラや業者の見分け方や騙されないための対策方法、業者の種類や特徴、なぜ業者が登録しているのかをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

【結論】メルパラにサクラはいないが…

結論から言うとメルパラのユーザーにサクラはいませんが、業者とキャッシュバッカーは存在します。メルパラは、18年以上の運営実績がある大手の老舗出会い系サイトで、サクラを使っていません。

メルパラに入り込んでいる業者は、大人の関係を条件に金銭を要求してきます。風俗店関連の業者が多く、バックに暴力団がいたりと危険性が高いので避けるべき相手です。

また、キャッシュバッカーとは、出会う気は無く、男性とやり取りをして貰えるポイントで、お金を稼ぐ女性ユーザーのことです。

サクラとは運営が雇った架空のユーザー

サクラとは

サクラとは、アプリの運営会社が利益を得るために作った、なりすましアカウントのことです。サクラは、運営が用意した架空の存在なので実際に会ったり、電話したりすることはできず、メッセージから先は進展しません。

また、男性がメッセージをするために必要なポイントを購入させるため、無駄にメッセージを伸ばそうとしてくるので、気を付けないと高額な請求がくる恐れがあります。

ただ、こういったサクラはメルパラ内には存在していません。メルパラは設立から18年経っている大手出会い系サイトで、サクラを必要としていないためです。

さらに、メルパラはJメールと同じ運営会社で、メルパラにサクラがいるとなればJメールの信用も落としかね無いのでメルパラはサクラを雇っていません。

サクラと業者の違い

サクラと業者違い

業者とは、運営と全く関係のない第三者が利益を得るために、マッチングアプリに忍び込んで悪事をはたらく、なりすましアカウントのことです。

実は、マッチングアプリでサクラと思われているアカウントのほとんどが、この業者のなりすましアカウントを指しています。業者は金銭トラブルの原因や個人情報の流失を起こすので、非常に危険な存在です。

そのため、メルパラではユーザーが安心して利用できるように、24時間365日体制でアカウントの監視をし、業者の排除に取り組んでいます。

業者とキャッシュバッカーは存在する

業者とキャッシュバッカーはいる

メルパラにサクラはいませんが、業者やキャッシュバッカーは少なからず登録している状況です。出会い目的では無いユーザーがメルパラに登録するのは、運営にとっても良くない状況です。

業者のアカウントを停止したくても、運営も全てを見極めることはできません。また、キャッシュバッカーは業者ではなく一般人のアカウントなので、出会い目的では無いと運営が判断するのは難しいです。

ただ、メルパラはサポートが万全の大手出会い系サイトのため、業者やキャッシュバッカーを見極めることで、必ず出会いに繋がります。

編集部(林)編集部 林

メルパラは、24時間365日のパトロール体制で、悪質なユーザーの利用制限もしくは利用停止を行っています。また、悪質なユーザーを見つけた際は、運営に報告すると対処してもらえます。

プロフィールから業者を見分ける

プロフィールから業者を見分ける

業者が登録するプロフィール写真の特徴

写真が芸能人レベルに美人

美人画像

プロフィールの写真が芸能人やモデル並みに可愛かったり、カッコよかったりする場合は業者の可能性があります

写真が自撮であったり、友達と撮ったような写真の場合でも、SNSやブログから無断転載しているだけの可能性が高いので注意が必要です

露出が高い写真を登録している

露出度高い

プロフィールに登録している写真の中でも、男性を色仕掛けする露出度が高い写真は、業者の可能性が高いです。

不特定多数の人が閲覧できるマッチングアプリで、露出度の高い写真を一般の女性が投稿する可能性は低いので、風俗経営の業者が登録していると疑いましょう。

怪しいと思った写真はGoogleで検索

Google確認

Chromeで相手のプロフィール画像を確認すると「画像をGoogleで検索」で、類似画像を検索してくれます。

同じ画像が検索上に上がれば業者である可能性が高いです。しかし同じ画像が無いからといって安心してはいけません。

相手が写真ちょっと加工するだけでGoogleの検索は精度を落とすので、同画像が確認できない場合でも、他に画像がないか聞いたりし、慎重に連絡を進めましょう。

プロフィール文が露骨に体目的

業者によく見られる露骨な文章例
・大人の関係希望
・欲求不満です
・胸は大きい方と言われます
・年上のお姉さんは好きですか?

メルパラに書かれているプロフィールが、露骨に体目的の内容を含んでいたら、業者を疑いましょう。真剣に出会いを探している女性が、体目的の内容を含んだプロフィールを書くことはありません。

露骨な程男性にアピールをしているプロフィールの女性相手に、メッセージを送るのは、慎重に行った方が良いです。また、プロフィールのエッチ度を高く設定しているユーザーも、業者の可能性があるので、気をつけてください。

編集部(林)編集部 林

プロフィール文の他にも、メルパラにはエッチ度を決める項目もあります。普通の女性はエッチ度をわざわざ設定しないので、エッチ度を最大の5に設定しているのはほとんど業者です。

メルパラの使用端末がPCは業者の可能性あり

PC使用者

メルパラを利用している方のほとんどの使用端末は、iPhoneもしくはAndroidなどのスマホです。わざわざ、PCでメルパラを使っているユーザーがいれば、業者かもと疑いましょう

相手の使用している端末の確認方法は、プロフィールのキャリアから見ることができます。キャリアの表示は「iPhone」「Android」「PC」の3つがあります。表記がPCの相手とは慎重になりましょう。

メッセージから業者を見分ける

メッセージから見分ける

登録したばっかなのにメッセージが来る

業者は、ログイン中になっているユーザーに無差別にメッセージを送っています。そのため、こちらから足跡をつけたりしなくても、ログイン中なだけで業者からメッセージが来ます。

メルパラを始めたばっかりで、まだ自己紹介文も写真も登録していないのに、女性からメッセージが来ます。一般の女性は、よく知らない相手にメッセージを送ろうとは思わないので、登録したばっかのときに来るメッセージは無視しましょう。

大人の関係目的のメッセージは99%業者

男性の欲に付け入った、大人の関係を希望するメッセージを送って来る女性も業者で間違いありません。一般の女性がそこまで踏み入った内容のメッセージを送るのは、現実味に欠けます。

最初は、そういった素振りが無く、普通だと思った相手に返信した時に、急に大人の関係を含んだ文を送ってきて「なんだ業者か」と肩を落とすことも珍しくないです。

すぐ会おうとしたり別のサイトに誘導してくる

メッセージを1往復しただけで、すぐに会おうと連絡先を聞いてきたり「アプリの調子が悪い」「LINEが壊れている」などの理由を付けて別のサイトに誘導するリンクを送ってきた場合は、業者確定なのでやり取りを止めましょう。

チャンスだと思って連絡先を教えてしまうと、悪用される恐れがあります。相手が送ったリンクが詐欺サイトに繋がっていて、請求される危険性があるので、クリックしないように注意しましょう。

編集部(林)編集部 林

基本的に業者は効率が良くないので、日記を書きません。日記を毎日書いている女性は、業者でないと判断できるので1つの判断材料にしてはいかがでしょうか。

キャッシュバッカーのメッセージは単調

キャッシュバッカーのメッセージ単調

キャッシュバックで貰えるポイント
掲示板投稿:3~5pt メッセージ送信:2pt
画像付き掲示板投稿:10pt 画像付きメッセージ送信:5pt
動画付き掲示板投稿:15~20pt 動画付きメッセージ送信:10pt

※1ポイント1円、3000ポイントから換金可能

上記がメルパラのキャッシュバックで貰える主なポイントの一覧です。女性のキャッシュバッカーは、男性とのやり取りで貰えるポイント目当てでメッセージを送ってきます

上手く見極めないとずるずるとやり取りが長引いてしまい、結局会えずにポイントが無駄になる恐れがあるので避けたい対象です。ただ、1pt1円の交換で還元ポイントも低く効率が悪いので、キャッシュバッカーの数は少ないです。

編集部(林)編集部 林

メルパラに登録している女性に話を聞くと、1時間で100円ほどしか還元が無いとのこと。時給100円と考えたらキャッシュバック目的でメルパラに登録している女性は少ないと言いきれます。

単調な返信が続いたらキャッシュバッカーかも

キャッシュバッカーの鉄板トーク
・すぐにはごめんなさい
・連絡先は会ってから
・写真は苦手

キャッシュバッカーが送るメッセージは、単調なものが多いのが特徴です。キャッシュバッカーは、多数の男性とメッセージをしているため、やり取りをめんどくさいと思っています

そのため、メッセージの返信は基本的に1言で返してきます。メッセージが長く続いている相手をデートに誘っても、都合が悪いと断られます。何度も断ってくる上に、関係を進展しようとしない女性はキャッシュバッカーかもと思いましょう。

キャッシュバッカーもアダルト内容で釣ってくる

キャッシュバッカーも業者同様に、アダルトなコンテンツで釣ろうとしてきます。そのため、キャッシュバッカーも、アダルト掲示板に大人の関係目的を装った投稿をします。

最初はアダルトな内容で釣ったものの、大人の関係を望んでいる訳ではないので、メッセージを送っても冷ややかな対応なのが特徴です。会おうと誘っても「すぐにはごめんなさい」と引かず離れずの対応を繰り返してきます。

編集部(林)編集部 林

業者はすぐに会おうと連作先を聞いてくる、キャッシュバッカーは会う約束を躱しながら、メッセージを長引かせてくるのが主な特徴です。

アダルト掲示板は業者だらけなので注意

アダルト掲示板

多くの業者は、できるだけ男性からメッセージを貰えるように、アダルト掲示板に書き込みをしています。普通の女性が、アダルトな内容の書き込みをすることはありません。

アダルトな内容の書き込みにメッセージをしても、99%業者かキャッシュバッカーに当たってしまうので、真剣に出会いを探すならアダルト掲示板を使わない方が効率良く出会えます。

出会いたいならピュア掲示板がおすすめ

純粋な出会いを探している女性を探すなら、まじめなピュア掲示板の利用がおすすめです。書き込みやプロフィールに、業者要素が無い相手にメッセージを送る事で、出会いの確率が上がります。

また、自身が掲示板に書き込みをする際もピュア掲示板を選びましょう。アダルト掲示板に書き込むと、業者からメッセージが来る確率が大きくなるためです。

サクラと間違えやすい一般ユーザーの特徴

サクラと間違いやすい

返信が返って来ない

相手からメッセージが返ってこないと、サクラだったのではないかと勘違いをしてしまいがちですが、出会い系サイトやマッチングアプリでの出会いでメッセージが返ってこないのはよくあることです。

返信がない理由は、もっと良い相手が見つかったり、他の相手と交際を始めた場合や、メッセージを送るのが面倒といった理由が考えられるので、メッセージが返ってこない理由はサクラではありません。

メッセージの返信率を上げるコツはこちら

本当に慎重派の相手

出会い系に登録してみたけど、いざ会うとなったら決心がつかないという女性もいます。「メッセージのやり取りが長いから、この女性はキャッシュバッカーだ」と思うのは早いかも知れません。

女性からのメッセージがしっかりと内容のある文ならば、キャッシュバッカーでは無く慎重なだけの一般女性です。

メルパラに登録している業者の目的

個人情報を収集して販売

個人情報収集

個人情報収集系は、LINEのIDや電話番号、名前、住所などを聞き出し、個人情報を取得しようとしてきます。

個人情報収集系は情報集までにかかる時間が比較的短く、実際に会うなどの手間もかからないため、マッチングアプリに一番多い業者です。

業者は聞き出した個人情報を売ることで金銭を得るため、お金を騙し取られる事はありませんが、迷惑メールや勧誘などの被害を受けることになります。

マルチ商法の勧誘

マルチ勧誘

マルチ商法系は実際に会い、儲け話や商品の購入を勧めてきます。

実際に会えるので油断しがちですが、儲け話に乗ってしまい、気づけば自身がマルチ商法系の業者に成り下がっている可能性もあるので要注意です。

別アプリの誘導

別アプリ勧誘

アプリ誘導系は、色々な理由をつけアプリが使えなくなった、LINEの調子が悪いなどといい、知らないメッセージアプリでのやり取りに誘導してこようとします。

誘導先のアプリはメッセージを送るのにお金を払う必要があるアプリで、永遠にメッセージを行いお金をむしり取ろうとしてきます。


サクラの関連記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー