マッチングアプリで写真を載せたくない!それでも出会うコツと出会えるアプリ紹介

写真を載せたくない

マッチングアプリを使う時に、「顔写真は載せたくない…」という人も多いと思います。「誰かに悪用されたらどうしよう」「周りの人にバレちゃわないかな?」と不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、顔写真を載せなくても出会える方法や、顔写真がなくても出会えるアプリを紹介します!

これを読めば、顔写真を載せず出会うやり方や顔を出さない撮影法がわかりますので、ネットに顔写真は載せたくない、けど出会いが欲しい!という人はぜひ参考にしてください。

マッチングアプリは写真なしでも使える?

顔を隠す

写真なしでも利用可能

結論、マッチングアプリは写真がなくても使えます。一部入会前審査があり、写真を載せないと使えないアプリはありますが、写真を載せる事を義務付けていないアプリがほとんどです。

写真を載せないと使えないアプリは、東カレデートイヴイヴMr&Missです。東カレデートイヴイヴは入会時に既存会員からの審査があり、実際に利用する前から写真が公開されます。

Mr&Missは写真審査はありますが、スタッフによる審査のみなので、入会前に写真が公開されることはありません。

かなり出会いづらくなる

写真を載せなくても使えるアプリがほとんどですが、出会いを求めるなら写真を載せるべきです。なぜなら、写真を登録していない人は登録してある人に比べてとても不利だからです。

マッチングアプリの検索画面で一番大きく表示されるのは写真なので、写真がないだけで相手にアピールできる情報が極端に減ってしまいます。

このように、顔写真がないだけで対象外という人は多いです。出会いの数を担保したいなら、写真はある方が良いでしょう。

写真の有無でどれだけ違うのか比較してみた

写真の有無でどれだけ違うかが気になると思います。ということで、実際に大手アプリのペアーズで検証しました。

今回は1週間ずつ、同じアカウントで写真の効果を確かめます。プロフィール文など、写真以外の項目は全て同じで、50いいねずつ送った結果です。

写真 あり なし
マッチング数 12人 1人
実際に会えた数 2人 0人

なんと写真なしでマッチングできたのは1人だけ。マッチングできた人もほぼ話が続かず、返信が止まってしまいました。対して、顔出しをしていない写真でも、2人と出会うことができました!

とはいえ、「出会える確率が低くなるのは分かっているけど、顔写真なしで出会いたい!」という方がこの記事を見ていると思います。ここからは、顔写真無しで出会うための方法をご紹介します。

顔写真無しで出会う方法①「プロフィール」

自己紹介文を詳しく記載する

自己紹介のテンプレ例文
はじめまして。プロフィールを見ていただきありがとうございます!
〇〇で〇〇の仕事をしています。仕事は大変ですが日々成長です!
趣味は〇〇で、休日は〇〇をしていることが多いです。
自分は〇〇な性格なので、〇〇な方と出会えれば嬉しいです。
まずは色々お話してみたいので、よろしくお願いします!

自己紹介文は長すぎると読んでもらえず、短すぎると人柄が伝わらないので、200文字~400文字程度で書きましょう

普段何をしているか、趣味や興味のあること、休日は何をしているかなど書くと分かりやすいです。

どんな相手を求めているか、デートで行きたい場所を書くのもおすすめです。メッセージの話題に使われることも多いので、読めば自分のことが分かるようにしましょう。

ウケを狙いすぎない

自己紹介文で差別化を図ろうとする人がいますが、自己紹介は無難な文面の方が良いです。成功した時のリターンは大きいですが、大抵の場合マイナスのイメージが付いてしまいます

自己紹介文を見ている=こちらに興味がある状態なので、自分の人柄を伝えるだけで十分です。ここで変にウケを狙うと「イタい人」という印象を与える可能性があります。

ネガティブな事を書かない

欠点は誰しもあるものですが、そればかり書くのはおすすめしません。自己紹介文はあくまでも自己アピールをする場です。

自虐ネタはメッセージで仲良くなるまで温存しておいて、自己紹介ではポジティブなことを書くようにしましょう。

詳細プロフィールは少し盛って記載する

入力項目 対策方法
身長 実際の身長よりも2~3cm高く記載
年収 400万以下の場合「400万以上~」で記載
出会うまでの希望 「気が合えば会いたい」にしておく
初回デート費用 「男性が全て払う」にしておく

男性は詳細プロフィールを少しだけ盛って記載すると良いです。年収や身長で女性から足切りされてしまうこともあります

ただし、現実と違いすぎると、実際に会ったときに不信感を持たれてしまうので、上記のように少しだけがポイントです。

女性の場合は身長を少し低く、体型は少し細めに記載しておくと良いでしょう。

プロフィール項目の空欄はナシ

プロフィールの空欄は相手に隠し事をしているのと同じなので、正直に全て埋めましょう。相手から警戒されてしまいます。身長や年収など、自信がないと隠したくなりますが、どのみち出会ったらバレますので、逆効果です。

顔写真なしで出会う方法②「メッセージ」

メッセージ

マッチングしてくれたお礼を言う

マッチングしてくれたことにお礼を言うことで、最低限の常識があり、誠実な人であると伝える事ができます。顔を見せていない分、ここで誠意を伝えましょう。

お礼も言わずに話始めると、軽薄な印象を与えてしまいますし、遊び目的なのではと思われてしまいます。

共通点や「いいね」した理由を言う

親近感を持ってもらうため、共通点を伝えましょう。今後の話題にもなり、相手が返しやすいのでメッセージが続きやすいです。

また、「いいね」をした理由を書くと、相手に誠意を伝えられます。なぜ自分が選ばれたかが分かれば、その後の話のタネにもなります。

質問形式で締める

質問で締めることで、相手の返信にかかる負担を減らせます。質問がない場合、相手は1からメッセージを考えなくてはならず、面倒になってしまうことが多いです。

また、質問をすることで、相手を知りたいと思っているという印象を与えられ好感度も上がります。

顔写真無しで出会う方法③「顔以外の写真」

顔以外の写真

まったく写真を載せないのでは、マッチング数はほぼ0です。そこで、顔以外を写した写真を載せましょう。顔が写ってなくても、体型や雰囲気は分かりますし、趣味の写真があれば話のタネになります。

どんな写真を載せればよいか分からない方向けに、男女別でおすすめの写真の撮り方を紹介していきます。

男性向け顔を写さない写真の撮り方

スーツ姿の写真

スーツ姿の男性

定番ですが、男性のスーツ姿は、男性が思う以上に女性ウケが良いです。私もスーツの写真を載せていますが、想像していた以上に反響がよく、自分でも驚きました。

さらに、清潔感やフォーマルさ、誠実さをアピールすることもでき、女性に向けての写真としてはうってつけです。

背景やシチュエーションにこだわった写真

男性の写真

顔出しで写真を撮るときにも言えることですが、背景にこだわって撮ると、女性からの評価が良くなります。顔を写せないならそれ以外にこだわろうということです。

インスタグラムにおしゃれな写真を載せる文化があるように、女性はおしゃれな写真が好きですが、そこに顔はあまり重要ではありません

おしゃれな物や場所で、光加減などにもこだわれば、顔を写さずとも女性からの評価を得られます。

女性向け顔を写さない写真の撮り方

後ろ向きの写真

後ろ向きの写真

後ろ向きで背景メインの写真だと、自然に顔を写さないことができるのでおすすめです。不自然に隠すと「見た目に自信ないのかな…」と思われてしまうので、あくまで自然にがポイントです。

服装やシチュエーションにもこだわって、自然の中や旅行先での写真だと、アクティブさのアピールもできるのでよりベターです。

浴衣姿+ヘアアレンジ

浴衣の女性

浴衣姿は普段見られませんし、清楚さが感じられて好きな男性が多いです。

さらに髪の毛をアップにするとなお良しです。この時は髪の毛で隠したりできないので、斜め後ろ等、顔が写らない位置から撮りましょう。

編集部 石井編集部 石井

雰囲気イケメンや雰囲気美人な写真をなら、顔が無くてもマッチング率が上がります。ただ、見えない分顔への期待値が高いので、実際に会ったらガッカリされるなんてことも。

身バレ防止には顔写真以外も対策がある

プライバシー

身バレ防止機能があるアプリを選ぶ

アプリ 料金
withwith 無料
OmiaiアイコンOmiai 無料
ペアーズ ペアーズ 有料(2,500円/月)
タップルタップル 有料(1,000円/月)

マッチングアプリには、プロフィールを非公開にして、検索等から表示されないようにできるアプリがあります。自分から「いいね」を送らないと見られないので、確実に身バレを防ぐことができます

身バレ防止機能は有料で使えるアプリと無料で使えるアプリがあり、機能面は同じです。そのため、無料で使えるwithOmiaiがおすすめです。

知り合いを見つけたらブロックする

もし知り合いが表示されたらブロックしましょう。ブロックすれば、プロフィールを非公開にしていなくとも、相手に表示されることはありません

ただ、ブロックするとこちらも見られなくなり、解除は不可能なので、間違ってブロックしないように気をつけましょう。

Facebookで登録する

Facebookで登録すると、Facebookの友達にはアプリ内で表示されないマッチングアプリがあります。アプリによって仕様が違い、TinderなどはFacebook登録でも友達が表示されてしまうので、利用前にチェックしましょう。

さらに、相手が電話番号やメールアドレスで登録している場合、Facebookで友達でも表示されるので、確実性は低いです。あくまで予防策の1つとした方が良いです。

アプリを見られないようにする

アプリを隠す方法
・アプリの通知を切る
・アプリをフォルダ内に隠す
・アプリをホーム画面から消す(Androidのみ)

せっかくアプリ内で対策をしていても、ふと携帯の画面を見られたときにアイコンや通知が出ていてはバレバレです。なので、バレたくないときはリアルでも対策をしないといけません。

まず、携帯の設定から、アプリ通知を切っておきましょう。アイコンは、ホーム画面でアプリのフォルダを作って、その中に隠すと見えづらくなります。

Androidなら、ホーム画面からアプリを消しても、アプリ一覧からアクセスできます。ホーム画面から消しておけば見られる可能性は低くなります。

まとめ:顔が写ってなくても写真は載せるべき

顔を隠す

マッチングアプリは写真を載せなくても使えますが、出会いの確率はほぼ0です。出会いのためには、顔が映っていなくとも写真を載せましょう

もし、見た目に自信がなくて載せたくないという理由であれば、潔く載せましょう。会うときには見せなければいけませんし、相手の期待値が上がっているので、むしろガッカリされる確率が高いです。

実物とかけ離れない程度に加工したり、写りの良い写真を選ぶといった方法で努力した方が良いです。

書き込み

最新を表示する
閉じる