【男性必見】マッチングアプリでモテるプロフィール写真の撮り方

モテるプロフィール写真の撮り方

マッチングアプリplus編集部の小又です。

皆さんマッチングアプリを始めて最初にプロフィールを作成すると思いますが、「プロフィール写真って何を載せればいいんだろう」という疑問が出てくるのではないでしょうか?

この記事では、モテるプロフィール写真の撮り方や、NGな写真の例も紹介しているので、マッチングアプリのプロフィールに使う写真に悩んだ際は参考にしてください!

編集部小又この記事を書いた人

小又@マッチングアプリplus編集部

サッカー・F1観戦が大好きな自称スポーツ少年。同じ趣味の彼女と出会うべく、ペアーズというアプリを知る。今では30種以上のマッチングアプリを利用。マッチングアプリは写真が9割と豪語し、モテる写真の研究に勤しむ。

モテるプロフィール写真の撮り方

1.笑顔の写真を載せる

笑顔の写真を載せる

笑顔の写真を載せることで相手に良い印象を与えやすくなります。好印象を与えることができれば、マッチングだけでなく、連絡先の交換や出会う約束も取り付けやすくなります。

逆に注意すべきは、真顔の写真やキメ顔の写真です。真顔だと無愛想な印象を与えてしまいやすく、キメ顔だとナルシストな印象を与えてしまう可能性が高いので、掲載しないようにしましょう。

2.全身が写っている写真を載せる

上半身や下半身が写っている写真

女性は、見た目よりも雰囲気を重視する傾向にあるので、顔だけでなく全身が写っている写真を載せましょう。服装は、おしゃれ目の私服かスーツ姿だと女性からのウケがいいです。もちろん、顔が分かるように離れすぎていない写真にしましょう。

特に、高身長な人やスタイルが良い人、服装がとにかくおしゃれな人やマッチョな人は、それだけで武器になります。顔に自身がなくても、雰囲気を全面に押し出すことでモテることができます。

3.自身が写っていて趣味が分かる写真

自身が写っていて趣味が分かる写真

趣味が分かる写真は、同じ趣味を持つ相手とマッチングをするきっかけになるので、サブ写真に載せておきましょう。メッセージでやりとりをする際の話題にも使えるので、載せておいて損はありません。

過去に大手マッチングアプリ「Omiai」が男女約1,400人を対象に趣味に関するアンケートを行った際には、7割以上のユーザーが「相手の趣味を重視する」と回答しています。

こんな写真はNG!悪い写真4例

1.自撮りや加工しまくった写真は載せない

自撮り写真

男性の自撮り写真は、ナルシストな印象を与えてしまうので、載せないようにしましょう。「写真がないから仕方なく…」という場合もあると思いますが、誰がみてもイケメンな人以外は悪印象なので、避けるようにしましょう。

SNOWなどで加工しまくった写真は、女々しい男や痛い男といった印象を与えてしまいます。あなたは、赤の他人の男性のSNOW写真を見てどう感じるでしょうか。例えイケメンだとしても「かっこいい」「いい写真だ」とは思わないはずです。

2.顔がちゃんと写っていなくて分からない

顔がちゃんと写っていなくて分からない

ネットの出会いは不安が付きものです。顔も分からない相手では信用できる相手なのか分からず、敬遠されがちなのでちゃんと自身の顔が分かる写真を載せましょう。

3.女性と写っている写真

異性と写っている写真

女性と写っている写真は、たとえ相手の顔をモザイクで隠していても印象が良くありません。「元カノが忘れられないのかな…?」といったイメージを抱かせてしまうので、女性と写っている写真は使わないようにしましょう。

4.複数人で写っている写真

集合写真

複数人で写っている写真は、誰が本人なのか相手には判断がつかないので使わないようにしましょう。どうしても使いたい場合は、自身以外の顔に必ずモザイクをかけるようにしましょう。

編集部 小又

特に男性は自撮り写真をプロフィールに使っている人が多いです!しかも真顔で...。相手に怖い印象しか与えず、近寄りがたくなってしまうのでやめましょう!

メイン写真とサブ写真はどんな写真がいい?

マッチング_メインとサブ写真

メイン写真は笑顔で顔がはっきり分かる写真

メイン写真には、笑顔で顔がはっきり分かる写真がおすすめです。メイン写真は、検索結果画面に表示されるため、良い印象を持たれやすい写真を設定することが最も重要です。

メイン写真に好印象を持たれにくい写真を設定してしまうと、貰える「いいね」が大幅に減ってしまいます。

サブ写真は横顔や趣味などの写真を設定する

サブ写真は、メイン写真とは異なった印象を与えるような写真がおすすめです。横顔や真面目な表情の写真を載せたりすると、より相手に自身のことが伝わりやすくなります。

また、同じ趣味の方を探している方は、サブ写真に趣味の写真を載せてアピールするのがよいでしょう。

写真を撮るおすすめの方法

写真を撮るおすすめの方法

加工感があまり出ないカメラアプリを使う

アプリDL 説明
B612B612 写真を撮影するタイミングで、輪郭の補正や写真全体の雰囲気を変えられます。また、撮影後に修正を加えることも可能です。
BeautyPlusBeautyPlus 顔のパーツごとに修正できるだけでなく、脚長補正をかけることもできます。非常に自然な修正ができるアプリです。

加工感があまり出ないカメラアプリを使って撮影しましょう。バレないように、ほんの少し顔の輪郭を小さくしたり、ニキビ跡を隠すなどをして、写真を掲載しましょう。

目を大きくしたり、鼻を小さくしたりなど、別人レベルまで修正することも可能ですが、加工しているとバレてしまうと「いいね」が貰いにくくなってしまうので、ほどほどにしておきましょう。

高解像度のスマホで友達に撮ってもらう

マッチングアプリに載せる写真は、なるべく高解像度のスマホを使って友達に撮ってもらうのがおすすめです。友達に撮ってもらうことで、自撮り感なく自然な写真になるので、写真撮影をお願いできる友達がいる方は、写真を撮ってもらいましょう。

プロに撮ってもらう選択肢もアリ

タイムチケット

ここまでどうすればモテる写真を撮れるのかを解説してきましたが、追加の費用を掛けてでも出会いたい方は、「TIME TICKET」というサイトでプロのカメラマンに撮ってもらうのがおすすめです。

最大1万円程で最高の写真ができる

TIME TICKET」というサイトで「マッチングアプリ 写真」と検索すれば、プロのカメラマンに5,000円~10,000円程で、マッチングアプリ用の写真撮影を頼むことができます。

表示されるカメラマン達は、何件もマッチングアプリ用の写真撮影をしているので、自身の魅力を最大限引き出した写真を撮ってくれます。

男性は、メッセージのために月額課金をすることを考えると、1万円程でマッチングに最も重要な写真を最高レベルの物にして、早期に交際に発展した方がコスパが良くなるでしょう。

編集部 小又

マッチングアプリを使って本気で出会いたい方は、プロのカメラマンに写真を撮ってもらうのも選択肢の1つです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?プロフィール写真はどんな写真を載せればいいのか、何を意識すれば良いのかが分かっていただけたら幸いです。

今回はプロフィール写真について述べてきましたが、マッチングアプリで出会うためには、写真以外のプロフィールも重要になってきます。特に女性は男性より内面を重視する傾向にあるので、プロフィール全体の完成度がマッチングの鍵です。

写真以外のプロフィールのコツも知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

マッチングアプリのプロフィールのコツはこちら

編集部が選ぶおすすめアプリ5選

順位 アプリDL 特徴
1位 ペアーズペアーズ ・会員数が業界1位の1,000万人
・共通の趣味を持つ相手を探せる
・自分と相性の良い相手を探せる
2位 withwith ・メンタリストDaigo監修の性格診断
・共通の趣味で相手を探せる
・マザーズ上場企業が運営している
3位 OmiaiOmiai ・会員数が業界3位の400万人
・恋活から婚活まで幅広く対応
・東証一部上場企業が運営している
4位 タップルタップル ・会員数が業界2位の400万人
・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能ですぐに出会える
5位 ゼクシィ恋結恋結び ・東証一部上場企業が運営している
・位置情報で相手を探せる
・タイプの相手を探しやすい
PR
ハッピーメールハッピーメール ・会員数が出会い系最多でどこでも会える
・運営実績が19年以上で安心
・遊び目的におすすめ

編集部が選ぶおすすめアプリ1位は、ペアーズです。国内利用者数がNo.1なので、人口の少ない地方の県でも、十分出会うことが可能です。

複数のアプリを実際に利用してみることで、自分にあったマッチングアプリを探すことができます。会員登録だけであれば無料なので、実際にアプリを触ってみて自分に合うアプリを探してください。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー